So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

みどりの葉 [植物]





雨上がりの朝、くちなしの花がたくさん咲いていました。


P1270815c.jpg


香りがほんわかとやさしく漂っていました。
濃い緑の葉と白い花のコントラストがきれいでした。


もみじ若葉が重なった緑のグラデーションが綺麗でした。


P1270825b.jpg


雨上がりの雫も綺麗でした。


雨に洗われた葉が、いろいろな緑の表情を見せてくれていました。


P1270832d.jpg


くちなしの花も紫陽花も綺麗ですが、今日のホントの主役は緑の葉です。
濃いみどりから淡いみどりまで、みどりいろのバリエーションです。
さまざまなみどりは目にもこころにもやさしく沁みいります。





話しは変わってカラス。

             カラスに注意!!!

                        近くに巣があります。
             ヒナや巣を守るために
             いかくすることがあります
                        注意して通行してください

          積水ハウス梅田オペレーション㈱


写真撮影によく訪れる大阪・新梅田シティの庭にこんな張り紙がありました。


P1270936c.jpg


写真を撮りに来てカラスに襲われでもしたら、これはえらいコトですよ。
こうして貼り紙までしてあるというコトは、カラスに襲われても自己責任だろうな。
通勤のお方が通り抜けるだけでなく、観光客もたくさん来られるから告知の意味もあるのでしょうね。
すぐお隣がホテルなのに、外国語の表記がないのがちょっと不思議でした。
ま、いいか。

僕はこの場所からは早々に退散です。
画面右側に咲くあじさいは先週に載せた写真のあじさいです。
花の色が濃くなっているはずだから、もう一度撮ってみようと来たのに、ちょっと残念。
ま、カラスに襲われるコトを思えば、キッパリと諦めるといたしましょう。
君子 危うきに近寄らず、です。
雨上がりの朝、くちなしの花から撮り始めた写真は、カラスのおかげでここでオシマイです。
ま、いいか。

まったく関係ありませんが、この庭の管理は積水ハウスさんだったとはじめて知りました。
ときどき花の名前を教えてもらう庭師のおねえさんは積水の社員のようでした。
新梅田シティには積水ハウスの本社が入っているから、納得です。

もっと関係ありませんが、積水ハウスのCMソングのタイトルは「積水ハウスの歌」です。
そのまんまやなぁ~。
でも、なんとなくココロがほっこりするメロディーと歌詞と声やなぁ~。
 ♪ あの街に あの家に こころはかえる mmmm mmm 積水ハウス~ ♪
村上ゆきさんのバージョンが気に入っていて、カバーアルバム「おんがえし」を買ってしまいました。
もう一枚のアルバム「夢であいましょう」とあわせて気に入っています。
と、カラスともくちなしとも緑の葉ともまったく関係のないハナシでした。
あからさまに村上ゆきさんのPRです。
今日も支離滅裂、ま、いいか、です。

                                    *積水ハウスのうた  作詞 羽柴 秀彦 作曲 小林 亜星 
                                     https://www.youtube.com/watch?v=obCEPF2N7HI









あしあと(114)  コメント(10) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

薫風 [植物]






見上げれば桜若葉の間から朝日が眩しく覗きます。


P5173231b.jpg


よく目を凝らしてみれば、ちいさなさくらんぼが実っていました。
まだ緑色の実も赤く色づいた実もありますよ。
暇つぶしに探してみてくださいな。


今日は緑色の写真でまとめてみましたので、アクセントに白い薔薇一輪です。


P1240789c.jpg


公園の薔薇園には甘い香りが漂っていましたよ。
100%無添加の自然香料です。


水辺が恋しくなる季節になって来ました。
アメンボが浮かんでいます。


P5180527b.jpg


子どものころ、学校のプールにアメンボがいました。
どこからやって来るのか、今でも不思議に思います。

まったく関係ありませんが、演劇部。
アメンボ赤いな あいうえお
柿の木 栗の木 かきくけこ
演劇部の連中が発声練習をしているのを聞いているうちに覚えてしまいました。
でも、サ行から次が出てきません。
忘れてしまったようです。
ま、いいか。
それよりも、アメンボって赤かったかな?
写真のアメンボは黒く見えます。
どっちやねん、アメンボ。



昔の人は云いました。
栴檀は双葉より芳し、とか。
こどものころから人並み以上に人並みだった僕にはご縁のない言葉です。

四天王寺さんの境内に栴檀の大木が二本あります。
白い花が満開でした。
二本の木の場所は直線距離で200mほど離れているのですが、香りが風に乗って漂ってきます。
白檀の香りでした。


P5269189b.jpg


栴檀と白檀が同じだとはじめて知りました。
扇子の香りです。
人工香料を沁みこませた扇子、ちょっと苦手です。

若葉の香りと花の香りがやさしくここちいい季節です。
まさしく薫風です。

まったく関係ありませんが薫々堂。
大阪・天神橋筋三丁目にある和菓子屋さんです。
ちょっと前にかしわ餅を買って食べました。
美味かったです。
もうすこしすると白桃大福が登場します。
昨年はうっかりして食べられなかったものですから、今年こそ食べてやります。
いえ、食べさせてもらいます。
たぶん、美味いと思います。
この店のいちご大福は美味いですから。
白桃、大好物ですし、ね。







あしあと(132)  コメント(6) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

若葉のころ [植物]




濃いピンクのツツジが満開でした。


R0204727c.jpg


白いツツジも満開でした。


R0204710c.jpg


僕の個人的感覚ではツツジが咲く頃は初夏なのです。
まだ四月、初夏には早すぎますよ。
と、云いながらも毎日アイスクリームを食べています。
ビールは飲まなくても、なぜかアイスクリームは食べたくなるのです。
朝からでも昼間でも堂々と食べられますし、ね。
大昔の王様よりも贅沢な生活をしているようです。
と、比べる対象がなんだか間違っているような気がしないでもない。
こまかいコトは、ま、よろし、です。




話しは変わって、新緑。
近頃の陽気のせいか、新緑がいっせいに目立ってきました。


R0204808b.jpg


四月一日のブログ「春ですよ~」の四枚目の写真に満開のソメイヨシノの並木がありました。
    「春ですよ~」  http://aruiru.blog.so-net.ne.jp/2018-03-31
左側の犬を散歩させている女性の位置から撮ってみました。
桜の若葉が目にまぶしいくらいです。
芝生の緑も濃くなって来ています。
右に見える空に向かって枝を広げた一本の木は、ついこの前までは裸木の状態でした。
自然の持つ生命力の強さには驚かされますよ。

話しは変わって「若葉のころ」
天地真理さんが歌う「若葉のささやき」を思い出すコトはありませんが、
ビージーズの歌う「若葉のころ」は思い出します。
映画「小さな恋のメロディ」の挿入歌でした。
若葉のころはとっくに過ぎたおっさんですが、ときどき思い出してしまうのです。
そんなときもありますよ、ね。

とかなんとか云っているうちに暑く熱い夏がやって来そうです。
その前にうっとうしい梅雨がありますよ。
カビないように気をつけないといけません。
干からびる寸前でも、まだまだナマモノのおっさんですから。
ナマモノの取り扱いには細心の注意が必要なのですよ。






あしあと(123)  コメント(8) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

暑中お見舞い申し上げます [植物]





DSC06038b3.jpg



暑中お見舞い申し上げます。
時節柄 くれぐれも ご自愛のほどお祈り申し上げます。



ということで、今回はみなさまへの暑中見舞いとさせていただきました。
僕は、この暑さの中、ご自愛のほどを自分自身にすすめていきたいものだと思案中です。
暑いのもしんどいのも苦しいのも苦手なものですから、遠慮なくご自愛させていただきます。
どなたさまも苦しいのもしんどいのも暑いのもかわってくれそうにはありませんし、ね。

自分のことは自分で守る。
ひとさまに勧めるほどのものならまずは自分で試してみる。
ご自愛にがんばる今年の夏、です。
ご自愛の仕方がよくわからない昭和のおっさんなのがちょっと哀しい。
我慢の仕方は自然に身についているんやけれどなぁ。
ご自愛するのもなかなかむつかしいようです。







特集 [植物]



今日のブログは長文です。
ごめんなさい。

見上げるとハナミズキがほころびはじめていました。


P1170615a.jpg


なんとも不思議なかたちの花だなぁといつも思ってしまいます。


目の高さにはドウダンツツジの小さな白い花です。


P1240485b.jpg


うっかりすると見過ごしてしまうほどに小さな花です。


足もとにはムスカリの青い小さな花たちです。


P1240404b.jpg


青と緑の組み合わせが爽やかです。
某スポーツ用品メーカーさんのシンボルカラーもこの色の組み合わせですね。
空と大地を象徴した色だとか。
なんとなく納得です。





話しは変わって、修整。
ちかごろソネット・ブログで訪問する方たちの掲載写真に修整が増えて来たように思えます。
写っている人物の顔をぼやかしたりハートやメガネの図形を重ねて顔をわからないようにされる手法です。
いろいろとみなさん気遣いをされているのでしょう、きっと。
無精でめんどくさがり屋の僕はそんな手間をかけてまで写真を載せません。
その前に、顔をわからないように加工した写真が苦手なのですよ。
記事の意図から、修整してでも載せたい写真はわかるのですけれどね。
最近、一件拝見いたしました。

話しは変わって、特集。
アサヒ・カメラというカメラ・写真雑誌の昨年11月号の特集が「SNS時代の肖像権とスナップ 顔が写っているスナップ写真はNGなのか・・・」でした。
たしか一昨年にも同じような特集を組まれた記憶がありますから、かなり大事な問題になって来ているのでしょう。
その解答はまったくなく、撮影時にトラブルにならないように注意しましょう、SNSに載せるときには許可をもらいましょうというコトだけでした。
肖像権やプライバイー問題のややこしい時代になりました。
これも自主規制になるのでしょうかね。

話しは変わって、注意。
2年ほど前の出来事でした。
いつもの公園でアジサイを撮っているときに、通りかかった40代の綺麗な女性が声をかけてきました。
「今、そこの子どもを撮ったでしょう。駄目でしょう、盗撮は。」
ナニを言うてはるんやろ?
わからないコトは素直に聞く。
どうして子どもを撮ったと思われたのですか?
「構えたカメラのモニターにこどもの画像がうつっていたから」
シャッター音は聞こえましたか?
「いえ、そんな音は聞こえませんでしたよ。でも撮ったでしょ!」
カメラを渡して、その日撮った写真をすべてチェックしてもらいました。
当然のことですが子どもの写真は一枚もありませんでした。
ちょっと困った顔の女性。
でも、僕は憤慨中、ちょっといじめてやれ。
通りがかりにモニターにうつった画像をチェックできるほどに注意を払って歩いてはるのに、シャッター音のチェックができないとはおかしいですね。
もう、最初からヘンなロリコンオヤジが盗撮していると決めてかかってはるんですか。
カメラおやじを見ると盗撮おやじだと思ってはるんですか、無礼な!
通りがかりのいいがかりババアと、ココロの中で思いました。
口に出しそうになった気持ちを抑えるのがちょっとたいへんでしたけれどね。
正義の味方を実践するのはタイヘンなようです。

平謝りに謝りながら女性はそそくさと去って行きました。
そんなコトもあるから、スナップを撮るのも載せるのもナニかと大変なのかもしれませんね。
でも、僕、周りからはヘンなおっさんに見られてるんやろか?
本気で心配しました。
5分間だけですけれどね。


で、そんなスナップ写真を一枚。


P1240473b.jpg


満開の黄色いヤマブキの向こうに何人かの人影。
これはまったくモンダイないでしょう。
モンダイがあるとすれば、今日はやけに緑っぽい写真が多いコトです。
緑写真特集ではないのですけれどね。
みどりの日も近いことですから、大目に見てやってください。

今日の写真はすべて大阪梅田スカイ・ビルの庭で撮りました。
スカイ・ビルさん、いつもありがとうございます。

で、話しは戻って、僕。
写真を撮るのは好きですが、撮られるのは大の苦手です。
スナップ写真はすっと画面から逃げます。
運転免許証の書き換えで昨年11月に撮ったのが一番あたらしい写真です。
その次に新しい写真はその前の書き換えのときに撮った写真です。
身勝手にもほどがある困ったおっさんですよ、僕。





ほどく [植物]






なんの実なのかはわかりません。

PC080271b.jpg



オレンジ系の色がなんとなく美味そうでした。
虫にも鳥にも食われずに残っているのですから美味くはないのかもしれませんけれどね。

コムラサキの葉は落ちて、小さな実だけが残っていました。

PC070127b.jpg



寒い朝でした。



 

話しは変わって、七草。
早いもので昨日は七日、七草粥を食べる日でした。
食べませんでしたけれどね。
理由は簡単、美味いと思わないからです。
ということで、某氏のブログにコメントした「七草食べてちょっと考える」は、
前半だけウソを書いたことになりました。
今年初めてのウソでした。
・・・のハズ、です。
たぶん。

話しは変わって、ほどく。

SDIM0302b.jpg




こんな飾り紐を見ると、綺麗だなあと思いながらも、ほどいてみたくなります。
たぶん、元の状態には戻せませんから、ほどきはしませんけれどね。
のし袋の綺麗な水引をほどいてしまい、元に戻せなかったアホおやじです。
まったく関係ありませんが、世界に積み上がる難問の数々を解きほどいてくれる大天才があらわれてくれたらなぁと、ときどき妄想です。

温泉旅館で着る浴衣の帯さえ満足に結べないでなぜだかどんどんずり上がって来てしまいます。
朝、目覚めたときには悲惨な状態になってしまっています。
浴衣で眠るの、苦手です。

これは大阪・梅田にある太融寺さんの鐘楼にある橦木(しゅもく)です。

SDIM0695b.jpg



釣り鐘を打つ太い丸太です。
ここはいつでも自由に鐘を打つことができますから、興味のある方はお気軽にどうぞ。
お寺の方に断る必要もなく自由に打つことができますよ。
僕も一度だけ、試したことがありました。
なかなかに深く渋くていい音でした。
ただし、寺の向かいや隣にはビジネス・ビルや専門学校がありますから、邪魔にならない時間帯にどうぞ、です。

今年の除夜の鐘にお試しというのもいいかもしれませんね。
と、気分は早くも今年の大晦日へ。
この橦木のひもというか縄をほどこうとは思いません。
これをほどいたらどえらいコトになるやろなぁ。
今年もおめでたいオッサンのようです。



師走雑感 [植物]




 

大阪の街中のど真ん中にまだ色づく途中のもみじがありました。

PC070192c.jpg



着物の裾模様のように綺麗だったというか、綺麗だから着物の模様になるのか。
綺麗だからでしょう、きっと。


場所と木によって紅葉の具合が今年はかなり違っていました。

PB160076b.jpg



今年の紅葉もそろそろ終わりに近づいて来ましたよ。


なんの木だかはわかりませんが、黄葉をシルエットで。

PA307785a.jpg



こんな撮り方も試してみました。
たまにはいいかもしれません。



話しは変わって、ピクニック。

P1220848b.jpg



こんな場所へ弁当を持ってピクニックというのも楽しいかもしれません。
陽が射さないと冷え込むのがタマに傷。
冷えたビールでなく熱い飲み物が欲しくなりそうです。
コンビニかデパ地下で食べ物を買ってというのが一番便利かもしれません。

話しは変わって、師走。
師走の寒くて忙しいときにピクニックの話題とは、おっさん、ナニ考えてるネン。
師走だからこそ、お気楽なコトを思い浮かべてリラックス&気分転換ですよ。
せめて脳内ピクニックくらい許されますやろ。
季節外れな話題くらいは許してくだされ。
いつもピント外れな写真と話題の僕のブログですから。

クリスマス関連写真、今年はまだ一枚も撮っていません。
ま、いいか。
クリスマスはなくなりませんからね。
来年、機会があったら撮りましょう。
クリスマス、ホントはちょっと苦手なんですよ。



原音 [植物]






状態のいいもみじが少なくなって来ました。

P1220747b.jpg

もう十二月ですもんね。

池に浮かんだ落ち葉三種盛りです。

P1220983b.jpg



どうでもいいことですが、落ち葉と枯葉は違うものなのですよ。


状態のあまりよろしくないもみじはちょっと離れて撮りました。
色の重なりと変化を楽しみます。

P1230218b.jpg



綺麗に見えるのは夜目 遠目 傘の内だとか。
もみじが傘をさすわけにもいきませんし、女性でもありませんからね。



話しは変わって、CD。
中日ドラゴンズのCDではありません。
オート・クチュールのChristian Dior のCDでもありません。
キャッシュ・ディスペンサーのCDでもありません。
データ保存用ではなく音の出るCD、コンパクト・ディスクのことですよ。
図書館にあるCDは借りて来てコピーしますが、図書館にないもので、どうしても欲しいものは買います。
断捨離をすすめて行く中、廃盤になっている希少で好きなCDは処分しないでとってありますよ。

で、再生。
CDはステレオで再生できますし、ウォークマンにコピーして持ち歩いて屋外でも聴けます。
ところが、PCに保存してある音源を聴く方法が問題なのですよ。
小さなスピーカーをPCに接続したり、面倒臭いなぁと思いながらCDにMP3形式でコピーしてステレオで再生したりしていましたが、そのスピーカーが壊れてしまいました。
壊れたものはしかたがありません。
修理するより、買ったほうが安いです。

話しは変わって、原音。
高級オーディオだけかと思っていたら、近頃のオーディオ機器は普及品でも「原音再生」をうたっていました。
原音、聴いたことがないものですからわかりません。
好きなピリスさんのピアノもヨーヨー・マさんのチェロも原音を聴いたことがないので比較のしようがありません。
ジャズ・ピアニストの山本 剛さんのピアノなら何度も生で聴いているからわかりますけれどもね。

邪魔にならないよう小さな音で再生していますし、オーディオ・ルームがあるような立派な家でもありませんから、
僕好みの音をそれなりに再生してくれたらそれで十分なのですよ。
おまけに原音と再生音の違いがわかる上等な耳の持ち主ではありませんし、僕。
オーディオは上を見るとキリがない世界だそうですから、ご縁がなくてよかったですよ。
写真でいうところの記憶色、記憶の音と好みに近い音を出してくれると十分です。

まったく関係ありませんが、階段を上るおにいちゃんは空だか紅葉を見上げてはります。

P1080587b.jpg



上を向いて歩こう、です。

ということで、上を向いてもキリがありませんのでSONYの小さなスピーカーを買い求めました。
Wi-FiでもBluetoothでも接続ケーブルでもおまけにハイレゾ音源まで再生可能ですが、音がいまひとつでした。
ちょっと失敗かも、です。
ショールームで確認したときと音量が違うせいもあるかもしれません。
で、いろいろと試して、一番いい音で聞ける方法を模索中です。
PCからも聴ける、僕のSONYのスマホ・エクスペリアからも聴ける、もちろんウォークマンからも無線で聴くことはできますし、それぞれケーブル接続で聴くこともできます。
僕好みの音が出てくれると嬉しいのですが、さて。
暫くの間はいろいろと遊べるあたらしいオモチャです。
2万数千円の買い物、無駄にはしまへんで。
大阪人のど根性、ここが見せどきです。
おっちゃん、2万円くらいでナニ言うてはりますねん。
大阪人のど根性、そんなちいさなコトでガタガタ言うもんやありまへん。

まったく関係ありませんが、キャッシュ・ディスペンサーとATMとはどう違うのか?
小さな疑問が浮かんできました。
あとでこっそりと調べるといたしましょう。
知らないコトを知りたくて調べるとき、悪いコトをするのでもないのになぜだかこっそり、です。
なんでやろ?


わがまま [植物]






紅い葉です。

PC080333c.jpg

紅と白とうっすらと黒です。

PC090063b.jpg



紅と黒です。

PB270279c.jpg



もみじは写真を撮るのにもいろいろと楽しませてくれます。
もうすこしの間、楽しませてもらうといたしましょう。



話しは変わって、飲み物ではありません。
このソネットブログでもよく見かけるのが「スポンサードリンク」という名前のついた埋め込み広告欄。
知らない頃は、新製品の飲料の宣伝だとばかり思っていました。
CMは邪魔ですからできるだけ視界から飛ばしてしまいますしね。
「Sponsored Link」 と英語表記するか、「スポンサード リンク」と離して書いてほしいものですよ。
うっかり&そそっかしい僕のようなお方が他にもいらっしゃるかもしれませんから。

R0201904f.jpg



話しはかわって、ごめんなさい。
苦手なものがたくさんあります。
埋め込みCM以外にも苦手なものがたくさんあるワガママな僕です。
ブログに掲載されている写真のなかで、いろいろなマークやモザイクで顔を隠したりぼかした写真は苦手です。
顔を出したくない、出せない理由は想像できるのですが、それはそれ、苦手は苦手なのです。
ペットに洋服を着せている写真も苦手ですよ。
カワイイと思って着せていらっしゃる気持ちは想像できるのですけれどね。
戦闘機や戦車、人を殺すための道具の写真も苦手です。
かっこいいと思われる気持ちも想像できるのですけれどね。
ということで、訪問させていただいても拝見&拝読させていただいても「nice」ボタンを押すことはありません。
僕のワガママでごめんなさい。


話しは変わって、いらち。
「いらち」とは短気なことをあらわす大阪弁です。
僕、いらち、です。
訪問するブログの中で表示までにとても時間のかかるブログ、
表示されてもなかなかスクロールができないブログがあります。
かなりイライラします。
ときどきパスしてしまいますが、パスするのにも時間がかかってますますイライラしてしまいます。
ストレスが溜まってしまうのを避けようと訪問しなくなってしまいました。
僕のパソコンの能力不足のせいを棚に上げ、いらちなおっさんのワガママです。
ごめんなさい。


ということで、僕のワガママがどんどん世間を狭くしていっています。
ま、いいか。
いやいや、ええことあらしませんで、それは。
もうちょっと懐深いおっさんになりなはれ。
このまま歳をとったらどんなワガママ爺さんになるのやら。
う~ん、こまったおっさんです。



 


くどい [植物]





イチョウの黄色は秋の色ですね。

 
P1220600c.jpg


ついこの前に知ったのですが、大阪市のシンボルの木はさくらでした。
イチョウは大阪府のシンボルの木でした。
大阪市でなかったのがちょっと不思議です。


黄葉と紅葉がまじったもみじです。

 
P1120779b.jpg


黄色から紅色へ変化するとか。
目にも美しい自然の営みですよ。

 
もうしばらくすると真っ赤になる木です。
太陽を透かして見上げると炎のような見事な紅になってくれます。

 
P1130148c.jpg


なんという名前の木だったかは忘れました。
ごめんなさい。
ということで、今日はちょっとくどいほどの秋色の写真でまとめてみました。
もう少しさっぱりと後味のすっきりとした写真のほうが僕好みなのですけれどね。


 
話しは変わって、ナムル。
韓国料理の中でも好きなひと品です。
サムゲタンも焼肉もビビンパも海苔巻きも好物ですが、さっぱり口直しにはナムルです。
大阪・天神橋筋からちょっと入ったところにある韓国料理屋さんのナムル、種類が豊富で大好物です。

 
P1120896d.jpg


話しは変わって、なんで?
韓国からの観光客の方々が韓国語で騒ぎながら記念写真を撮っていました。
小春日和の昼間だったとはいえ、ハーフパンツに半袖、左端のおにいちゃんなんかハミケツです。
なんでそんなに元気なのかい?
キムチパワーで暖かいのでしょうかね。
韓国料理パワー恐るべし、です。
キムチ、苦手なんですけれどね。
大阪よりも北国の韓国、大阪の晩秋の寒さなんてヘみたいなものかもしれませんね。
と、ちょっと品下る例えでした。
ごめんなさい。