So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

うるさい [街]




先週9日の月曜日に梅雨明けした大阪です。
梅雨が明けたとたんに、蝉がとてもうるさく鳴き始めました。


P1210615b.jpg


聞こえて来るだけで暑苦しいです。
蝉はそれこそ一生懸命に種の保存のために鳴いているだけなのですけれどね。
身勝手なおっさんです。


P5200024b.jpg


昔の人は云いました。
五月蠅いと書いてうるさいと読みます。
七月蝉と書いてうるさいと読んでもよさそうな気がします。
八月蝉と書いてそうぞうしいと読んだり、です。


P6189183a.jpg


ということで少しでも涼し気な雰囲気の色の写真でまとめてみました。
文中に蝉が登場したにもかかわらず、蝉の写真はありません。
虫が苦手なものですから。
今日の写真は目に暑苦しくうるさくありませんよね。
と、さりげなく自信なさげ、です。




街中を自転車で走るおねえさんは日焼け防止なのか、長袖シャツでした。
風が気持ちいいかもしれませんね。


R0204986b.jpg


通路の遠くを歩くサラリーマンはダーク・スーツをビシッと着ていました。
汗っかきの僕にはできないコトですよ。
上着は先方へ着くまでは手に持ち歩きます。
今日も灼熱地獄の大阪、背広姿のサラリーマンにも、制服姿のガードマンにも太陽は容赦がありません。
この三連休、図書館には行くけれど、できるだけ外出は控えるといたしましょう。
干からびてしまいそうです。







あしあと(105)  コメント(4) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

大丈夫ですよ ~号外~ [街]



地震の被害もなく、大丈夫ですよ。
それにしても揺れがひどくて驚きました。


P1110082a.jpg


熊本地震の例もあるように、もっと大きな地震が来るかもしれないと不安ですよ。
心配したところで、出来るコトは限られていますからとりあえずは、水の確保だけはしました。
電車が全部止まっています。
どうして家まで帰ろうかな~と、月曜からアレコレ心揺れ動きます。
電話が通じない兄や姉が心配ですが、まあ、大丈夫だと思いましょう。
どうか大きな地震が来ませんようにと願うだけです。

取り急ぎ無事のご報告です。
コメント欄は閉じさせていただきました。
あしからず、です。




あしあと(111)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ときどき [街]





ときどき、どの写真を載せようかと迷います。
で、白い牡丹です。



R0204650b.jpg



ときどき、どんな記事にしようか迷います。
で、赤い牡丹です。



R0204786b.jpg



そんなときに思い出すのが僕の座右の銘、ない袖は振れない、です。
撮りたいけれど撮れない写真を思ってもしかたがありません。
書きたいけれどコンパクトにまとめられないことを考えてもしかたがありません。
だからなんとなくココロに浮かんで来たコトを書き、そのときの気分に合った写真を載せます。



R0204563b.jpg



陽射しのある地下街です。
地下街が苦手な僕ですが、ガラス貼りの天井から光が降り注ぐ地下らしからぬ解放感が気に入っている場所です。
近くのコンビニで飲み物を買って一休み、です。
コンビニで買い物はしても他の店で買いものどころか、飲食店に入ったこともありません。
清掃の行き届いたトイレはときどき利用させてもらっています。
ごめんなさい、ディアモールさん。
今日は、花写真と街写真の雰囲気がまったく合わない記事になりました。
ま、今日に限ったことではありませんけれどね。



R0204539b.jpg



三枚目の写真からまっすぐ30mほど進むとこのマネキンが立っていました。
肩のまあるい部分と切れ込みで腕の位置を調整するようです。
夏の装いのとても静かな雰囲気のマネキンでした。
ときどきいるのですよ、うるさいほどのマネキンが。

静かと云えば三枚目の写真に登場の帽子のおじさん、とても静かな方でした。
携帯電話で話していても、話し声がすぐ後ろに座っている僕には聞こえないほどでした。
さあ、帰ろうと立ち上がったとき、ノイズキャンセリングのウォークマンで音楽を聴いていたことに気づきました。
おじさんどころか、僕の周りがとても静かで音楽しか聞こえていないのは当然でした。
ときどき、こんなアホなうっかりをしてしまいます。
ボケではないはずですけれど、ね。




あしあと(124)  コメント(6) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

彼岸 [街]





春のお彼岸も終わりました。
大阪・四天王寺さんの境内の桜はまだちらほらと二分咲きほどでしたので、開いている花を選んで撮ってみました。


P1260608c.jpg


今週中には満開になるらしいと、テレビのお天気姉さんが話していましたよ。
花より団子。
まだぼたもちを食べていません。
美味いぼたもちを見つけないと、です。


彼岸だからでしょうか、献灯のろうそくがたくさん灯されていました。


P1260614b.jpg


それぞれにいろいろな思いを込められているのでしょう。
僕はいたって簡単です。
手を合わせながら簡単な現状報告と、見守っていてくださいと勝手な願いです。


四天王寺さんの中心伽藍を取り囲む回廊にある中門の仁王さん、木肌のままだったのがとてもカラフルにヘンシンしていました。
まったく気づきませんでした。
中門にまで回って来るコト、久しくなかったものですから。

阿形の仁王さんはサーモン・ピンクに染まっていました。


P1260632b.jpg


吽形の仁王さんは青くなっていました。


P1260630b.jpg


四天王寺・東大門にいらっしゃる一回り小さな阿形の仁王さんは緑色なのですけれどね。
こまかいコトは、ま、よろし、です。
それにしても血管がぶちぎれそうな緊張感です。
木を削ったノミの跡が一段と生々しく見えました。
夜、揺れるロウソクの灯りで見ると怖いやろなぁ~。
悪いコトできへんと思うやろなぁ~。
彼岸のお参りのあと、そんなアホなコトを思ってしまったバチ当たりなおっさんでした。
と、今日は墓参りの帰りに立ち寄った四天王寺さんで撮った写真でまとめてみました。
お彼岸ですもん、ね。







あしあと(125)  コメント(4) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

楽しむ [街]





今日の四枚の写真はすべて大阪城公園で撮りました。
撮った日は違いますが困ったときの大阪城公園、とてもありがたい場所です。
交通の便もよろしいですし、ね。


P1231717b.jpg


ツル植物に絡まれても小さな蕾がたくさん育っていました。
名前を知らない植物ですが、生命力はとても強そうです。


水仙の香りは知りません。


P1150179b.jpg


大阪城公園の水仙は香りがしませんでした。
甘い香りがするとものの本には書いてありましたけれどね。
僕の鼻がおかしいのかもしれません。
花粉症ですもん。


やはり梅の季節には梅の花です。


P1130818b.jpg


梅の甘くやさしい品のある香りは好きですよ。
梅干しの香りは食欲が湧きます。
おにぎりの具、僕の中では鮭・鰹節・梅干しがトップ3です。
順位はそのときの気分で変わりますけれどね。
うまいおにぎり屋さん、探しています。




話しは変わって、冬季オリンピック。
昨日までに日本が獲得したメダルは9個だとか。
あと、いくつ取れるのでしょうかね。
本音を云えば、冬季オリンピックにあまり興味はありませんけれどね。
羽生クンが金メダルをとったんだって。
そう云われても「ふ~ん」と気のない返事を返すだけ。
頑張ってはるなぁ~、よかったなぁ~とは思っているのですけれどね。
怪我からの回復を含めて、いろんな美談や逸話がこれから新聞やテレビを賑わすのかもしれませんね。
オリンピック≒美談のオンパレード。
スポーツとしてもっと楽しめる報道や番組作りができるハズなんですけれどね。
と、天邪鬼&へそ曲がりオヤジは思うのであります。


話しは変わって、楽しむ。


R0202992b.jpg


野球少年たちが試合前の練習をしていました。
楽しんでやっているのかな?
好きでやっているのかな?
運動音痴の僕にはちょっと羨ましい光景です。
と、云いながらも、楽しんで写真を撮っているから、それでいいのだ、です。
楽しめるコト、好きになれるコトはスポーツだけではありませんし、ね。







あしあと(130)  コメント(6) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

たけなわ [街]





まずは、さざんかの木。


P1260041b.jpg


花の数が減ったり傷んだりして来ましたが、まだまだ真っ盛りです。


蝋梅の小枝と花。


P1250903b.jpg


蝋梅も梅も、木に咲く花です。
女優・劇作家・演出家の木野 花さんの顔が浮かんで来ましたが、あわてて消しました。
なんでやろ。


冬桜の木です。


P1140215b.jpg


寒い中、今たけなわに花をつけてくれています。
冬に花を咲かせてくれる木の写真でまとめてみました。
冬、たけなわの今日この頃です。




話しは変わって、ビール。
アサヒのビールは苦手です。
自分で金を支払ってまで飲もうとは思いません。
ご馳走になるのなら、コップ2杯程度までにしておきます。
失礼にならないように、ギリギリで中瓶一本までにしておく場合もあります。
サッポロ黒ラベルが好物です。
エビスもモルツも好物ですが、値段が高いものですから、登場回数は少ないです。
キリン一番搾りも好物ですね。
もし、僕にビールをご馳走しようなどと思われる奇特なお方がいらっしゃれば、ココロに留めておいてくださいな。
と、ワガママおやじの戯言でした。


DSC09609c.jpg


話しは変わって、参考。
居酒屋や飲み屋の前や横に積み上げられているビールの空ケース。
これ、店を選ぶ際の参考になります。
アサヒのケースしか並んでいない店には入りません。
このタイプの店、かなりあるのが困ります。
サッポロやキリン、サントリーのケースもあれば喜んで入ります。
ビールに選択肢のない店、苦手なものですから。
飲みたいものを飲む。
これ、楽しく飲むために欠かせない必須条件なものですから。
はい、飲んで食うことにもワガママなおっさんです。
おでんで一杯、美味いですよ。

話しは戻って、たけなわ。
「春、たけなわ」 「宴、たけなわ」とは云いますが、「冬、たけなわ」とは聞いたことがありません。
たぶん、間違ってはいないでしょうから、ま、いいや、です。





あしあと(134)  コメント(12) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

遠からじ [街]





冬来たりなば 春遠からじ。


P1161601c.jpg


なんとなくそんな言葉が浮かんで来た寒い大阪です。


DSC01658c.jpg


中国の故事か、日本の古い言い回しなのかと思っていたら、イギリスの詩人・シェリーの詩の最後の一行だとか。
もちろん、元の詩はまったく知りません。
横文字にも弱いものですから。


SDIM3985b.jpg


ということでなんとなく春色の写真も載せておきましょう。
職場近くの公園にやさしい色の寒ボケの花が咲いてくれていました。



話しは変わって、わが世の春。
春遠からじと来ればいくつか思い浮かんで来た中のひとつがこの言葉でした。
わが世の春を謳歌する。
感じたこともなければ思ったコトもありません。
ただただなんとなく生きてきましたから、そんな大それたコトにはご縁がありません。
これからもご縁はないことでしょう、きっと。


DSC04453c.jpg


石畳の舗道を綺麗に洗うおにいちゃん。
五本指の靴下を履いて自転車に乗り買い出しに行くらしいおっちゃん。
みなさんそれなりにコツコツと生きているようです。
それぞれの春、遠からじのようです。

まったく関係ありませんが、五本指の靴下は履きにくそうです。
手袋をすっと一度ではめるのに手間取るほど不器用な僕、イライラしたくないものですから手袋は持っていません。
五本指の靴下を履く必要のない僕でよかったですよ。
イライラの素はひとつでも減らすのがよろしいようです。
ほっ。






あしあと(134)  コメント(6) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

プロフィール [街]





工事現場の塀に知らないツル植物がぶらさがっていました。


DSC02125b.jpg


種なのか実なのかもわかりません。
今年も細かいことは、ま、いいか、です。

すっかり葉を落した木。
なんの木だかもわかりませんが、春になると緑の葉に覆われます。


SDIM4012c.jpg


それまでもう少しの辛抱ですよ。

色味に乏しいですから、赤い実の写真です。


SDIM3854b.jpg


なんの実だかはわかりませんが、鳥にも食べられずに残っているのは不味いからでしょうかね。
そういえば、ナンテンの実も食べられていないですね。
ひとつ食べて確かめてみる勇気の持ち合わせはありません。
あしからず、です。





で、初詣。
近所の氏神さんの駐車場にどなたかの黒い車が止まっていました。
車に写った提灯です。


P1010014a.jpg


元旦の日の出の時刻は7時5分の大阪でした。
夜の時間がわかりにくい季節です。
初詣の帰りに新聞各紙を買おうとコンビニに立ち寄ったのですが、まだ配達されていませんでした。
日付変更線を越えたばかりでしたから、あたりまえのことですよね。
正月早々、ナニも考えていない僕でした。
訂正です。
ナニも考えていないのは正月限定ではない僕でした。

話しは変わって、変更。
プロフィールに少しだけ追加をいたしました。
僕のわがままを少しだけ明記です。
もうちょっと世間さまで云うところのオトナになれるといいのですけれどね。
ま、いいか。
これが僕ですもん。





あしあと(144)  コメント(12) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

大晦日 [街]




とうとう平成29年の大晦日になってしまいました。
今年最後のブログ記事です。
拙い写真と中身のない記事におつきあいいただき、貴重な時間をありがとうございました。
たくさんのあしあととコメント、ありがとうございました。
感謝です。




話しは変わって、しめ飾り。
僕の家の正月飾りをしながらふと思いました。
お寺さんはどうしてはるんやろ?
写真撮影によく訪れる大阪・梅田の太融寺さん。
西門にも本殿前の南門にも山門幕としめ縄が飾られていました。
本堂には五色幕が張られていました。



R0202041b.jpg


画像は西門のしめ飾りです。
すっかり正月準備は整ったようです。

と、書きながら天満の天神さんにしめ飾りはあったのかな?と素朴な疑問。
思い出そうとしても出てきません。
思い出せないはずです。
しめ飾りはありませんでしたが、まちがいなくしめ縄はありました。


R0201971b.jpg


南に面した表大門に立派なしめ縄です。
正月に関係なく、一年を通してあります。
この門から出入りすることはほとんどないものですから、記憶から抜けていましたよ。
天神さん、バチ当たりな僕をお許しください。


ということで、今年最後の花写真は太融寺さんの境内に咲く椿、たぶん種類は侘助の画像です。


P1130694b.jpg


今年も残すところ今日一日。
平成も残すところあと一年と四ヶ月。
時代は確実に移りかわって行きます。
その点、変わり映えしないのが僕のブログ。
停滞なのか、マンネリなのか、さて。
こまかいコトは、ま、よろし。
来年もこの調子でまいりますので、よろしくお願いいたします。
いえ、来年はもっとわがままになるように努める予定なものですから、どうなることやら、です。
それではみなさま、健やかによいお年をお迎えください。




あしあと(80)  コメント(30) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

僕のクリスマス [街]






というコトで今日はクリスマス・イヴです。
キリスト教徒ではありませんが、なんとなくクリスマス・カラーでまとめてみました。


SDIM3959a.jpg


ナンテンの赤い実。
たしかにクリスマス・カラーです。
でもね、なんだか正月ぽくて日本ぽい。


赤いサザンカの花と緑の葉。


SDIM3701a.jpg


完璧なクリスマス・カラーです。
なんだか和の雰囲気が満載ですけれどね。
ま、こまかいコトは気にしないでください。



話しは変わって、クリスマス・ブーツ。
サンタのブーツにお菓子を詰め込んだクリスマス・ブーツをこどもの頃に欲しくてしかたがありませんでした。
美味しそうなお菓子をあふれるように見せているところが、僕のこども心を射抜いてしまったようです。
父は他界し七人兄弟の貧乏所帯、末っ子の僕に誰も買ってはくれませんでしたから、少ない小遣いやお年玉を貯め込んで、一年がかりで翌年のクリスマスに自分で買いました。
なんと健気な少年だったのでしょうか、僕。


R0204144b.jpg


買ってきてうれしくてうれしくて三歳違いの兄に見せびらかせながら開けてみました。
ブーツの半分もお菓子は入っていませんでした。
なんでやねん?

その夜、覚えた言葉が二つありました。
今でも忘れられない言葉です。
こども騙しと上げ底。
上げ底はあきません。
こどもを騙したらあきません。
そんな大人になったらあきません。

ひとつ大人になったクリスマスの出来事でした。
クリスマス・ブーツのひとつも末っ子の僕に買ってやれなくて辛い思いをしていたはずの母や兄や姉たちのことを思えば、健気な少年どころか、残酷なことをしてしまったのかもしれません。
ずっと後になって気づいたことでした。
今は昔、です。




あしあと(134)  コメント(10) 
共通テーマ:趣味・カルチャー