So-net無料ブログ作成

云いたくはないけれど [花]




云いたくはないけれど、暑いです。
アイスクリームでは間に合わなくて、かき氷を食べました。
白くまが食べたかったのですが、コンビニにはまだ置いていなくて、森永の練乳あずきになりました。
五月にかき氷を食べたのはたぶん生まれて初めてのコトだと思いますよ。
おっさんになってもまだ初体験があるもんだと、ちょっと嬉しい。


P5173195b.jpg


暑さのせいで判断力&思考力がガタ落ちです。
2パターンの写真を用意していましたが、どちらにしても涼しげではないと、今日の写真になりました。
五月ですから、涼しげな写真なんて用意できていませんし、ね。
云いたくはないけれど迷惑な暑さですよ。


P1280255b.jpg


今日、アメリカ大統領が国技館へ相撲を見に行くとか。
盛り上がっている千秋楽、どうなるコトやらです。
座布団、飛び交うのでしょうかね。
大統領の頭を座布団が直撃なんてコトになると国際問題になるのでしょうかね、さて。

周りをSPで固めてそんなコトにならないように万全の警護と警備でしょうかね。
道路だって交通規制と検問と警護が凄いコトになるんでしょう。
来月G20大阪サミットの際は、おとなしくしているコトにいたしましょう。


P1050965b.jpg


話しは変わって、砲弾。
昨日の朝、山形県鶴岡市で自衛隊の砲弾10トンを積んだ日通のトラックが道路から転落しました。
これは怖いですよ。
砲弾を積んだトラックが通行規制や警備もなく普通に一般道を走って事故を起こしているのですから。


DSC01215b.jpg


怖いと云えば原発関連の放射性物質の移動です。
核燃料や他の放射性物質を移動するときも、一般道をトラックで運搬するとか。
交通事故や地震や崖崩れや橋の崩落が怖いですよ。
少なくともアメリカ大統領が車移動されるときよりもず~っと警護や警備は少ないでしょうし、交通規制はあるのでしょうかね。
もしものときはどうなるのやらと、小心者&怖がりおやじは震えてしまうのですよ。
云いたくはないけれど、国民の命はアメリカ大統領よりも軽いのかなと、ちょっといじけてしまうのです。
とかなんとか云うのも暑さのせいで思考力低下の影響でしょう。
これはえらいコトですよ。
明日も暑いとか。
今年の夏はどうなるのやらと、今から心配です。
云いたくはないけれど、かき氷&白クマ、買いだめしておかなきゃ、です。








あしあと(127)  コメント(6) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

写真 [街]







赤いチューリップですよ。
説明をつけないとなんだかわかりませんね。
できるだけ単純に色とカタチを楽しもうと撮ってみました。
アブストラクトなのかコンポジションなのか、さて、です。


P1050359b.jpg


説明するくらいなら載せないほうがずっといいのですが、たまにはそれもご愛敬、です。
説明があってもわからない。
どうかそんな悲しいコトがないように、です。


これはどこから見ても白い薔薇です。


P5218185b.jpg


薔薇に見えなかったら、それはたいへんです。
僕の思い浮かべたイメージとはちょっと違った写真になりましたが、イメージに近づけるのは至難の業ですよ.
イメージと違うのはカメラのせいでもレンズのせいでもありません。
僕の腕前が未熟なだけなのですが、努力するのが苦手なものですから、これはもうど~しようもありません。




で、イメージ、です。
下の写真は屋内から通りを眺めたスナップ写真です。
明るい色の洋服を着た姿勢のいいおねえさんが颯爽と歩いて来てくれたらうれしいなと思いながらカメラを構えたところ、青と白と黄色の色も鮮やかな女性が通りかかりました。
これはシャッターチャンスと思ったら、通りの向こうに自転車の女性が入り込んで来ましたよ。
これも写真の偶然の面白さとシャッターを押しました。


P1050465b.jpg


もう少し待つと、素敵なシーンに遭遇するかもしれないとは思いません。
単純に待つのが超苦手なのですよ。
カメラを構えてせいぜい1分が限界です。
待つ1分間は長いのです。
カップ麺を待つ3分間はイライラのしっぱなし、ストレスの宝庫です。
花を撮るときも花を探しながら、これだと思ったら、パチリです。
光を見ながら、その花らしいアングルをさっと探して、はい、パチリです。
スナップも同じです。
あ、いいな、と思ったら、はい、パチリ、です。
待ちません。
待つのも待たせるのも苦手なのです。
と、云うコトで、カメラマンには絶対になれません。
待つのが苦手以前に、いろいろと才能の持ち合わせがないのですけれど、ね。
大きな勘違いをしないで、サラリーマンになってよかったようですよ。
と、つくづくシミジミです。
ナニをとち狂ったのか、創造力もないくせにグラフィック・デザイナーになりたいなと思った時期もあったものですから。
今は昔、です。






あしあと(132)  コメント(6) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

いっぱい [街]






赤いつつじがいっぱいです。
暑苦しい写真です。
白いつつじなら、少しは涼しげなんですけれど、ね。


P1170778b.jpg


ツルニチニチソウの花と葉がいっぱいです。
これだけ密集していると暑苦しいです。


P4236789a.jpg


暑苦しい写真が二枚続きましたから、せめてさわやかに白い花がいっぱいですが、
見ようによってはやはり暑苦しいのかもしれませんね。
ごめんなさい。
なんとなく、今日は花がいっぱいの気分だったものですから。


P4115968b.jpg


花がいっぱいですが、川で一人遊ぶ女性です。
だれかが川岸から話しかけていました。
にこやかにこたえているのは、知り合いなのか、愛想がいいのか、さて。


P4106936b.jpg


この川は大阪のど真ん中、中之島の南側を流れる土佐堀川です。
淀川から分かれた大川が中之島の東端で土佐堀川と堂島川にわかれます。
中之島の西端で合流し、こんどは安治川と木津川にわかれます。
水の都・大阪です。
お世辞にも綺麗だとは云えない水ですけれど、ね。
映画で観たパリのセーヌ川もニューヨークのハドソン川もけっして綺麗ではなかったですから、川の水は大阪も世界的なのかもしれません。
これは喜んでいいのか、さて。
こどもの頃よりも悪臭は格段に少なくなりましたけれど、ね。

と云うことで、最後の写真は水がいっぱい。
少しは気分だけでも涼しくなれそうでしょうか。
記事が暑苦しいのはちょっとヨコに置いてください。
筆者からの心よりのお願いです。
もう、今日の文章でもういっぱいいっぱいなものですから。


  ちょっと余談。
           木津川を少し南下したところから道頓堀川へと分かれます。
           道頓堀川への分岐点には安政大津波(安政南海大地震)の碑があり、
           道頓堀にまで津波が押し寄せたとあります。
           今、津波が来ると、観光客で賑わう道頓堀界隈はどえらいコトになりそうです。
           道頓堀ダイブなんてアホなコトしてる場合とちゃいまっせ。
           水の都もたいへんですよ。


    



あしあと(133)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

引き続き [街]





今日はこどもの日、明日で連休はおしまいです。
予定していたコトはすべて終え、のんびりゆったり気分はますますだらしなくしまりなく、です。
タマには、ま、いいか、ですよ。
僕にとってはそのための10連休ですし、ね。


P5173226b.jpg


やわらかな緑が目にやさしいときです。
木漏れ日とそよ風が心地いいです。
菖蒲湯には入りませんでしたが、かしわ餅はこどもの日を待たずに食べましたよ。
季節モノですから一個食べればもう十分です。
粒あん派の僕、粒あんのかしわ餅がないのが残念です。
来年また食べるのを楽しみに待ちましょう。


R0204713b.jpg


今日は図書館から借りて来た4枚のCDをコピーして整理です。
クラシックは苦手やなぁ、めんどくさそうでしんどそうやなぁと思っていたのが本気で聴いてみると、こりゃなかなかええやんけ、でした。
バッハとモーツァルトから始まった僕のクラシック・ピアノへの興味はショパンからシューベルト、そしてブラームスへとやって来ました。
ベートーベンはちょっと後回しです。
ベートーベンのピアノソナタ32番の2楽章なんてまるでジャズのようですけれど、ね。
ベートーベンさん、進んでるどころか突き抜けてるぅ~、ですよ。
全く知らなかったピアニストを知り、好みのピアニストも何人かできました。
            (キリがないので現役のピアニスト限定にしています。)
ピリスさんとツィメルマンさんのお二人は別格に好きですよ。
もっと素晴らしいピアニストがいるかもしれませんが、全てを聴くのは至難の業です。
時間も金も足りません。
だから、まずは図書館にあるCD、ネットで聴けるピアニストの順です。
なければ少しでも安い輸入盤を買い求めましょう。


R0204724b.jpg


と云うコトで、断捨離を終えているのに、少しづつCDが増えています。
CD専用にしているラックに収まっているうちは良しといたしましょう。
と、いつの間にか反・断捨離へ一歩を踏み出しています。
これはえらいこっちゃ、ですよ。


P1240692a.jpg
とかなんとか云っているうちに令和になりました。
令和になってもナニも変わりません。
下町の路地だって変わらずに平成と同じ眺めですよ。

ま、そんなモンでしょう。


SDIM1045a (3).jpg


昭和から平成に変わったときも、個人的にはナニも変わりませんでしたから。
ホントは世の中はえらく変わったのに、僕だけ変わってないのだったらどうしよう、ですよ。
置いてけぼりになるのはちょっと寂しいですが、今のところは大丈夫です。
明日から仕事、周りが大きく変わっていたらえらいこっちゃ、ですよ。
ま、なんとかなるでしょう。
平成に引き続き、なんとなく、です。
それが僕ですし、ね。







あしあと(127)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー