So-net無料ブログ作成

昔も今も [街]





昨年の暮れに「あ、百人一首が読みたいなぁ」と、なんとなくココロに浮かんできました。
あちらこちらの本屋で探しながらも本屋にはなくてアマゾンで買い求めました。
田辺聖子さんの「田辺聖子の小倉百人一首」の文庫本です。


P1010911b.jpg


もちろん、すべての歌に彼女の解説がつき、作者や歌に関連する逸話も併せて書かれています。
解説がないと古文に無知なおっさんには難しいものですから。
ときどき与太郎青年や熊八中年が解説に登場し茶々を入れては笑わせてくれますよ。


P1260005a.jpg


古典が苦手だった僕ですが、20代に彼女の古典案内「文車日記」を読んで、苦手意識が薄れました。
源氏物語は途中で挫折しましたけれど、ね。
主人公の光源氏にオトコとして嫉妬したわけではありません。
どこが面白いのか、今でもわかりません。
念のために、です。


P1150135b.jpg


通勤電車の往復の間、一日一首から二首のペースで楽しんでいます。

         32番 山川に 風のかけたる しがらみは
                                                流れもあへぬ 紅葉なりけり
                                                            by 春道列樹(はるみちのつらき)

この歌は好きでも嫌いでもありませんが、解説にあった彼の別の歌は気に入りました。

  「年のはてによめる」として、
                  昨日といひ 今日とくらして あすか川 流れてはやき 月日なりけり

『昨日はこうだった。今日はこれをしないといけない。明日には(飛鳥川にかけている)この予定があるといいながら、あっという間に月日がたってしまった、はや一年か。 ・・・ ­­永遠に人はこの感慨をくりかえす。』
ニンゲンの気持ちは今も昔も変わらへんなぁと共感です。
お聖さんの解説のように今年の暮れには同じコトを思うのかもしれません。
憶えておいて、どこかで使ったろ、です。
と、云いながら、このブログですでに使ってしまいましたよ。
ま、いいか、です。


DSC03163d.jpg


話しは変わって、坊主めくり。
百人一首とくれば坊主めくりです。
ルールはおぼろげに憶えていそうないないやら、です。
蝉丸さんには役目があったような、なかったような。
子どもの頃に遊んだきりですから、あやふやなのは仕方がありませんね。
あとで調べてみるといたしましょう。

そういえば蝉丸さんの句。
   10番 これやこの 行くも帰るも わかれては
                                          しるもしらぬも 逢坂の関

逢坂の関ってどこにあるんやろ?
大阪・茶臼山の隣に逢坂があるけど、そこやろか?
あとで調べてみるといたしましょう。

で、僕が若い頃から一番好きな歌です。

       43番 あひみての のちの心に くらぶれば 
                                           昔はものを 思はざりけり
                                                                   by 権中納言敦忠(ごんのちゅうなごんあつただ)


やはり昔も今も恋の歌が好きなロマンチックおやじなのですよ、僕。

まったく関係ありませんが、今日の写真はすべて横位置写真で、縦位置写真がありません。
僕にしては珍しいコトですよ。
ま、たまにはこんなコトもあるものです。
無粋なおやじが百人一首を読み始めるくらい珍しいコトに比べればナンテコトないですよ、ね。







あしあと(121)  コメント(4) 
共通テーマ:趣味・カルチャー