So-net無料ブログ作成

メンドクサイ [街]






これは棕櫚の葉です。


P5178894b.jpg


これは椰子の葉です。
棕櫚も椰子も葉っぱは似た雰囲気ですが違う植物です。
よ~く見れば違っていますよ。


P6210979b.jpg


棕櫚を撮っても椰子を撮っても、いまひとつの出来です。
単焦点レンズで絞って撮れば解像度と質感の違った写真になったかもしれませんね。
持っては行くけれどレンズ交換がメンドクサイから、ついついズームレンズの出番が多くなってしまいます。
と、試すコトが出来るのに試そうとしないで愚痴を云う奴を世間ではアホと呼びます。
ホンマにアホやなぁ~、ですよ。



P6241157d.jpg


こんなコトでは写真の腕前が上達するはずもありません。
努力が苦手なおやじはこのレベルで満足するべきなのかもしれません。
とかナントカ云いながらも、楽しく撮れているから、ま、いいか、ですよ。

なんだか地味な色の写真ばかりになってしまいましたから、ちょっと気分を変えてピンクの蓮です。
この写真はマイクロフォーサーズ用60㎜F2.8の単焦点マクロレンズで撮りました。
この日は朝からマクロレンズ一本槍でした。
やはり交換するのがメンドウなのですよ。


P7010012c.jpg


次の写真はAPS-C用の60㎜F2.0のマクロレンズで撮りましたが、僕には宝の持ち腐れのレンズです。
老眼の僕には、F2.0開放ではピントを合わせるのが至難の業ですよ。
花写真ではことごとく失敗の連続です。
もったいないなぁ、と、タメイキです。
と云いながらも、どんなカメラやレンズを使っても、写真は出来上がりが全てと勝手に決めているおやじなのです。
ところでRolfingってなんやねん?


DSC00875b.jpg


身体の偏りを治しバランスの取れた身体に戻すことらしい、です。
身体のバランスは大事ですが、ココロのバランスも大事ですよ。
僕のどうも偏ったようなココロ、治るんやろか。
正しく云えば「偏ったような」ではなく「偏った」です。
おまけに歪んでるところもあるしなぁ。
もひとつおまけにアホやしなぁ。
治そうとも思っていないおっさんですから、無駄な努力は止めるといたしましょう。
しんどいコトもめんどくさいコトも苦手ですし、ね。
ちょっと昔の人は云いました。
馬鹿は死ななきゃなおらない。
死んだらホントに治るんやろか。
キツイ冗談を冗談として受け止められないおっさんはやはりアホのようです。
しみじみ納得。








あしあと(119)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

あしあと119

コメント 2

コメントの受付は締め切りました
tommy88

棕櫚の葉や椰子の葉は、思うに暑がりなのでしょうか。自身から風通りを良くするというのは時間を掛けた工夫でしょうか。ユニクロの肌着もどういう工夫か、通気性も良く汗ばむことがありません。だからエアリズムのなかった時代に戻りたくはありません。
アガパンサスの撮り方が気になっていて、背景を飛ばしてしまう手口、未熟者の私はまだしかねておりますが、いずれ手に入れるつもりです。今年は季節が終了したと思うんで、来年にはデビューしたいものです。
「N党」初めに見たのは「N国党」だったと思いますが、表現として好感が持てなかったのはどうしても、ナチスを思い浮かべてしまうからでした。省略しないでNHKから国民を守る党と、大上段からの表現をそのままにしたほうが、いいのになぁと思うのです。私が参加する選挙区では市会議員が当選しておりますが、参院選では候補者がいませんでした。
選挙ネタを話すと危険かもしれませんが、増税選挙では与党惨敗が通説です。しかし野党の失態で、今回は惨敗はなさそうです。ミサイルが飛んでもコメントを出さず、モリかけ大合唱。徴用工問題でも、コメントを出さず反アベのみ。「輸出規制」とマスコミが先走った、軍事転用可能な物資輸出に関して、第三国へ流れている可能性に関するコメントを反アベだけの連中は声に出さず、勝機を自ら放棄していると思うなぁ。そんな中、ハンセン病家族訴訟で敗訴し、控訴せずを打ち出したので、政府・安倍氏はイイ人を演じ印象付けることが出来ました。野党がアホやからこの国も良くならないと、言わざるを得ません。我々は安倍政権の傲慢さを知っていて、批判票を入れたいのだけど、韓国の利益を優先させるような党には入れたくない。となると、不本意ながらN党かと、これもまた困ってしまいます。
三女は底知れぬ体力の持ち主で、昨日も、勤務後に時給2700円の水泳個人レッスンを2つこなしてからやってきて、飲みまくって、食いもして、パパがダウンして爆睡し、始発に間に合うよう、4時半には家を出たようです。予選から、漕ぎまくると言い、今夜は船乗りたちの飲み会に参加し、明日は、宝塚ばあちゃんの激励のようです。まあ、私も現役時代は無茶苦茶でしたが、彼女はその上を行き、私が破壊的だったのに対し、反面教師のチカラで、融和的にバイタリティーあふれる美女と化しています。美女は余計でしたか(美醜は個人の感想でしかありませんが)。
思いのほかノートを取りまくっており、なかなか整理が終わりません。海洋監視を強めたいと思います。

by tommy88 (2019-07-14 14:22) 

あるいる

tommy88さん

コメントありがとうございます。
亜熱帯から温帯にかけて分布するのが椰子と棕櫚です。
バナナの葉も大きいですが、細く分かれることはなく一枚の葉っぱです。
食べ物を蒸し焼きにするときに使われているのをテレビ番組で見たコトがありました。
生き残るため子孫を残すために植物も環境に合わせた進化をしてきたようです。
野党がしっかりしてくれないと困るのですが、ますます困る方向へ向かっているようで、しっかりしないどころかアホ丸出しになって来ていますから、どないしてくれるねんと愚痴のひとつも出てきます。
あと1週間の選挙期間ですが、期日前投票を済ませた僕の選挙は終わってしまいました。
それにしても凄いバイタリティーの三女さんです。
宝塚のおばあちゃんへの激励訪問もきちんと組み込まれているとは流石ですよ。
チャーミングな笑顔でおばあちゃんも元気づけられることでしょう。
美女は余計なコトではありませんと、一言。
念のために、です。
アガパンサスだけでなく、ジャカランダやハナミズキや、これからの季節なら背の高いコスモスも背景を飛ばせます。
薄曇りの日を狙い露出はプラス補正で撮ります。
一番肝心なのがアングルです。
目の高さで撮るとゴチャゴチャと背景が入りますから、背景に空だけが来るように被写体の下から狙います。
一番しっくりと来るアングルを見つけてパシャリ、です。
と云うコトで木や花の植えられている場所がとても大事になってきます。
広い空間が背景にあればとても簡単ですよ。
お試しください。

by あるいる (2019-07-14 15:56)