So-net無料ブログ作成

正解 [街]






昨日、東北北部が梅雨入りしたと発表がありました。
大阪はまだです。
ど~なってるんでしょうか、ね。
不思議ですが、梅雨入りしなくてもアジサイは咲いています。
律儀なアジサイです。


P1250369b.jpg


この花の名前がわからないので調べてみました。
ピラカンサという名前でした。
バラ科でした。
バラの親戚とは思えない、なんだか不思議で幻想的な花と丸いつぼみでした。
白くて丸いのは実ではなくつぼみだと知りましたよ。
このままブーケになりそうな不思議な花です。


P6029943b.jpg


今日はたくさんの花が集まってひとつになっている花で揃えてみましたよ。
アガパンサスも咲き始めてくれました。
白い花のアガパンサスはまだ咲いていませんでした。
アガパンサスといいピラカンサといい、云いにくい横文字の名前やなぁと、ちょっとぼやいたりして、です。
P7010178b.jpg


話しは変わって、ひとつ。
先日、どなたかのブログで見つけたのがスーパー・成城石井で売っているスイーツでした。
「新杵 黒蜜と白玉のきなこプリン」です。
写真で見ると美味そうでした。
ブログ記事も褒めちぎっていました。
食べてみたいなぁ。
とりあえず一つ買って試してみようと、買いました。
食べました。
僕には甘すぎて、なんじゃこりゃ、でした。
口の中を水で洗い流すほどの甘さでした。


P1250110b.jpg


でも、なんかおかしいなぁ、これ、です。
値段がちょっと安かったのです。
よ~く見ると「黒蜜ときな粉の白玉スイーツ」と書いてありました。
ベツモノでした。
眼鏡をかけずに確かめないまま見た目の雰囲気で買ってしまったようです。
愚かなおっさんでした。

成城石井さんのお菓子は甘すぎるのかなと、素朴な疑問です。
だから「新杵 黒蜜と白玉のきなこプリン」を買うのは止めました。
これは成城石井さんのせいではなく、僕の嗜好のモンダイです。
けっしてクレイマーではありません。
一個だけ買っての試し食い、大正解でした。
「新杵 黒蜜と白玉のきなこプリン」、そんなに甘くなくて美味いのかもしれないけれど、
こまかいコトは、ま、いいか、です。

こんな小さな失敗は僕には日常茶飯事ですよ。
仕事ではミスしないように気を配りながら緊張感があるのに、わたくしごとになるとこの体たらくです。
自分にはとりわけ甘いおっさんなのですよ。
どなたにも迷惑のかからないミスは許してしまうのです。
これくらいは、ま、よろし、なのです。

一昨日もサロンパスを買って、独特のサロンパス臭があるのに驚きました。
無臭を確認しなままに買ってしまいました。
家で早く使い切らないと、です。
貼ったまま外へは出かけられません。
これには、こまかいコトは、ま、いいかとは、云えません
おっさんにも、少しくらいは見栄があるのですよ。
無駄な見栄ですけれど、ね。
と、先週もなんとも平和なおっさんでした。





あしあと(117)  コメント(9) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

あしあと117

コメント 9

コメントの受付は締め切りました
tommy88

今日は南の風が入り気温が上昇すると言ってたけれど、この時間、窓を開けていると冷たい空気が入ってきます。流れの速かった雲も落ち着き、朝の陽ざしが入り込んできます。ドナルド・キーンは梅雨の雨の日の散歩が好きだったようだけど、ボクはいや。「僕は勉強ができない」は珍しく学園ものだったように思いながら、サッカー部の少年が主人公だったことを記憶しています。楽しく読みました。「風葬の教室」は確かいじめが主題だったように思いますが、山田詠美はなかなかの筆達者だと思います。村上春樹が届いたようですね。責任を感じて「青が消える」を読み直しました。やはり、箱庭の作り方が上手だという風な、構造を好む私でした。ただ、村上さんは勘違いしているのかなと思う箇所がひとつあり、ミレニアムのとらえ方。作品自体を劣化させるものではないので、違和感は違和感として読み進めました。これ以上、余計なことは言いません。

by tommy88 (2019-06-16 06:52) 

斗夢

ピラカンサに花が咲くのを見たことはありませんでした。
ご近所さんの庭にもありますが、花が終わって種が付いているのだと
思っていました。
by 斗夢 (2019-06-16 06:53) 

tommy88

追記
「国見山」さん、行こうと調べたら閉店してました。
残念に思います。

by tommy88 (2019-06-16 10:38) 

Lonesome社っ長ょぉ〜

梅雨の晴れ間の日曜日です。毎年この時期になると太鼓の音が朝から響き、来るべき行事に備えているのだと思っていたところ、この
行事が昨年からどうやら中止となったみたいです。恐らく近隣住民
から騒音もクレームでも入ったのでしょう。夏休みの楽しみだった
はずなのに人の嗜好は変わっていくものなのだなと、改めて実感し
ました。
食の嗜好もこれまた個人差がかなり出ますね。狭い日本ですが東西
に長い分人の味覚はまったく変わってきます。妻がなぜか美々卯が
好きなのでたまに行きますが、本家との出汁の違いがわからない、
すっかりこっちの味覚になってしまった私です。とはいっても外食
すると決まって喉が渇くのは、外の食事がいかにしっかりと味付け
されているかの証明のようなものです。

by Lonesome社っ長ょぉ〜 (2019-06-16 10:42) 

あるいる

tommy88さん

コメントありがとうございます。
村上春樹全作品 1999~2000 Ⅰ 短編集Ⅰ を図書館から借りて来ました。
一番最後に「青が消える」が収録されていて、一番最初は「TVピープル」です。
ゼビリア万博の特集雑誌から、ミレニアムの大晦日を舞台にした短編の依頼で書かれたのが「青が消える」と、解説ではなく解題でご本人が書かれていました。
本編はまだ読んではいません。
ちょっと休憩してから読むといたしましょう。
村上春樹さんの文体は読みやすいのですが、うっかりすると表面だけしか読んでいないコトがありますから、要注意ですよ。
国見山さんが閉店とは残念です。
力士さんは引退してからも体調管理がむつかしいでしょうから、ちょっと心配です。
今は名古屋にいる先輩に機会があれば聞いてみるといたしましょう。
もう食べられないとなると、余計に食べたくなるのがいけないクセのおっさんなのです。

by あるいる (2019-06-16 15:02) 

あるいる

斗夢さん

コメントありがとうございます。
このピラカンサは花菖蒲を撮りに行った菖蒲園の片隅にひっそりと咲いていました。
もちろんそのときは名前を知らなかったのですが、不思議な花とタネだなと思っていました。
調べてタネではなくつぼみだと知ったのですが、つぼみにしては不思議な形で、どこから開くのかさっぱりわかりません。
ピラカンサはやはり不思議な花ですよ。

by あるいる (2019-06-16 15:08) 

あるいる

Lonesome社っ長ょぉ〜さん

コメントありがとうございます。
太鼓の音ではありませんが、休日になると公園からトランペットの音が聞こえて来ます。
音色ではなく音ですから、腕前のほどは知れたもので、だから練習しているのでしょうが、ちょっと迷惑に思うときもありますよ。
早く上達して、同じ部分を何度も聞かされるのではなく、きちんと一曲を通して聞かせてほしいと思ったりもしますよ。
勝手なおっさんです。
外食すると最後にお茶か水が飲みたくなる理由がわかりました。
ぼ~っと生きているとわからないコトでした。
ありがとうございます。


by あるいる (2019-06-16 15:19) 

okko

ピラカンサ、前のお家も満開です。奥様言うには、サラダにして食べると美味しいって・・・いや~~、チョットそれは。
でもサラダのトッピングに、幾つか散らしてみても風情がですかも知れません。(その方、モンゴル自治区の中国から越して来られた方です)
by okko (2019-06-16 15:29) 

あるいる

okkoさん

コメントありがとうございます。
ピラカンサスの花やつぼみは食べられるのですか。
知りませんでした。
秋になって赤い実がなるそうですが、これには毒があるとネットに沢山載っていました。
前の家のピラカンサは食用に改良されているのかも?花は食べても大丈夫なのかも?と、想像・空想・妄想が広がります。
あとで調べてみるといたしましょう。

by あるいる (2019-06-16 15:39)