So-net無料ブログ作成

ゆっくりのんびり [街]






白い牡丹です。
花芯のまわりがほんのりかすかにピンクに染まっているところがなんともさらりと艶っぽく感じます。
妖艶さにはほど遠いさらりとした艶っぽさです。


P1170234b.jpg


紅い牡丹の艶っぽさを写し撮るにはまだまだ腕が足りません。
品の良い妖艶さは深紅の薔薇と双璧ですと、個人的感想ですよ。


R0204775b.jpg


紅い牡丹は楊貴妃を思い浮かべますが、紅い椿は椿姫を思い出します。
椿姫とくればグレタ・ガルボを思い出しますが、知っているのは写真だけで映画は観ていません。
高級ブランド・シャネルのシンボルにもなっている椿ですが、シャネルの製品は持っていません。
高級ブランドに興味はあってもご縁がありません。
昔の人は云いました。
豚に真珠。
その通りです。


P1270038d.jpg


紅い花が続きましたので、もう一枚おまけに紅いツツジです。
僕の10連休が始まりましたので景気付けに、です。
何の景気付けなのかは全くわかりませんが、こまかいコトは、ま、よろし、です。


SDIM4129d.jpg


この10連休、特にコレといった予定はありません。
からだをゆっくりと休めてあげるのが最優先です。
ゆっくりし過ぎて10日も経つと、腹周りが勝手に成長しそうですから、適度に身体は動かしますよ。
家の中を綺麗に磨こうと、アレやコレやと道具と洗剤は揃えました。
道具といってもスポンジたわしと溝掃除に使える小さなハケだけですけれど、ね。
昔の人は云いました。
ハケに毛がありハゲに毛はなし。
僕はハゲではありません。


R0205569c.jpg


職場近くの公園の僕の好きな眺めです。
晴れた青空の日には、どこかの高原にでもいるような気分になります。
一瞬だけですけれど、ね。

空にのびる一本の木にも葉が茂り始めました。
若葉と若草の色が綺麗です。
都会の真ん中とは思えない眺めです。
あと一歩後ろに下がると、写真画面の両端にビルやマンションが映り込みますけれど、ね。
いつも見慣れている光景も、ちょっと視点を変えるだけで全く違った光景にヘンシンしてくれますよ。
最近はそんな視線をちょっと忘れがちです。
疲れが溜まって来ているようです。
この連休、ゆっくりのんびりと疲れを取るといたしましょう。
平成の汚れと疲れを平成と令和にかけて、取る。
なんだか一大事業のような気がして来ましたよ。






あしあと(118)  コメント(4) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

あしあと118

コメント 4

コメントの受付は締め切りました
斗夢

レンジフードのフィルターを掃除する予定です、天気が良ければ。
by 斗夢 (2019-04-28 06:31) 

あるいる

斗夢さん

コメントありがとうございます。
レンジフードのフィルターの掃除は手間がかかりそうですね。
フィルターは交換品として売っていますから、一番の手抜きは新しいフィルターと交換するというテもありますよ。
レンジフード本体も汚れが重なって落ちにくくなる前に掃除しておくと年末の大掃除がラクチンになるかもしれませんね。
雨が降っても、フィルターを掃除したあと、ヘア・ドライヤーで乾燥させるという技もありますが、天日干しのほうがラクチンですよね。
掃除して綺麗にすると気持ちいい。
これが掃除の醍醐味ですよ。

by あるいる (2019-04-28 15:10) 

tommy88

シャネルをね、わざとチャンネルと読んで笑いを取っていました。
やがてそれに慣れ、笑いじゃない場所でそう読んでしまい、笑われました。
笑ってくれたのは長女でした。
彼女が帯同通訳をしてくれたパリでのお礼に、チャンネルの香水でも買うかって。
やっちゃって、あきれられた記憶があります。
ハゲは差別用語ですと言われ、頭の不毛な人と言い変えました。
すると余計に怒られました。
バカみたいだからもう相手にしない、滅びゆく草原。
ひたいの広い人は気になさっているのです。
絶倫だって聞いたんですがね。
最後の写真、好きです。最近みどりが気になるのです。
牡丹を写したいのだけど、探しに行けてません。
悔しいけれど、勉強会が続くのでした。

by tommy88 (2019-04-28 21:39) 

あるいる

tommy88さん

コメントありがとうございます。
僕の若い頃、大阪・梅田の御堂筋沿いにイヴ・サンローランの店がありました。
ショウ・ウィンドウに独特のロゴでYves Saint-Laurentと書かれていて、これでイヴ・サンローランと読むんかいな、フランス語はややこしいなぁと思ったものでした。
フランス語でハゲはどんな言葉になるのでしょうかね。
ハゲもツンボもメクラもチンバも差別用語になりました。
ツンボにもメクラにもチンバにも多くの方はやさしくしていたのに、言葉を変えるともっとやさしくなれるのかと不思議に思ったものでした。
不思議な世の中に変わって行くようです。
見事なパン・フォーカスの北海道の風景写真を毎週載せていらっしゃる方がソネブロにいらっしゃいます。
シグマのカメラとレンズを使ってはるんやろなぁ、僕も欲しいなぁとないものねだりをしていました。
ある日、僕の予想があたっていてシグマを使われているコトが判明しました。
木立や原っぱ(草原ではありません)を撮るときには欲しいなぁと思いながらも、僕の腕と写真の対象を思うと、もったいない限りですよ。
ひろ~い空と緑の光景、長い間見に行っていません。
なんだかますますめんどくさくなって来ていますよ。
フットワークの軽さがなくなって来ています。
これはアカンなぁ~、です。
やさしくやわらかい緑の若葉の季節はあっという間に終わります。
この休暇の間に一度くらいは緑を撮りに行ってみたいものですよ。
近場で済ますのかもしれませんが、それもまたいいか、ですよ。

by あるいる (2019-04-29 03:50)