So-net無料ブログ作成

北も南もアレコレも [街]



北米大陸に寒気団が押し寄せて、中西部から東部の広い地域で影響が出ているとか。
ミネソタでは氷点下38℃とか41℃とか、凍りついた川や海や街はまるでSF映画を見ているようでした。


P1161566g.jpg


南半球のオーストラリアでは46℃を超える猛暑だとか。
大坂なおみさんが試合した準決勝の日も41℃を超えていました。
北半球も南半球もとんでもないコトになっていますよ。
温暖化の影響なのか、地球規模の異常気象です。
日本、大丈夫かな。
今年も凄い暑さと台風に襲われるのかな。
ご遠慮したいものですが、さて。


P2030929b.jpg


そんな心配をしているうちに二月になりました。
節分もバレンタインにもご縁はありませんが、巻きたての恵方巻きは食べるといたしましょう。
パリっとした海苔の食感と香りは大好きですし、ね。
今年の恵方は東北東。
しずかに祈りながら食べるといたしましょう。


P1130819b.jpg


梅も咲き始めてくれました。
春は確実に近づいてくれています。


P5228314b.jpg


春よ、来い。
春代、恋。
漢字変換を間違えたようです。
春代さんという名前のお方は知りません。
捨丸・春代(すてまる・はるよ)というとぼけた味の昭和の漫才師が大阪にいましたけれど、ね。
今は昔、です。

そういえば、しばらく寄席には行っていません。
ちょっと応援している落語家の桂 よね吉さん、近々、天満・繁昌亭に出演予定です。
カメラ片手に行ってみようかな、です。
チケットは取れるのかな。
あとで調べてみるといたしましょう。
笑う門には福来たる、です。

天神さんで梅の写真も撮れますし、一石二鳥ですよ。
昔の人は云いました。
二兎を追う者は一兎を得ず。
欲深オヤジはアレもコレも欲しいのですよ。
梅と落語くらいは許されるでしょう、たぶん。
と、落語の話しを書きながらも今日もオチはありません。
疲れてるんやろか?
浮かれてはいないはずですけれど、ね。








あしあと(123)  コメント(10) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

あしあと123

コメント 10

コメントの受付は締め切りました
斗夢

異常気象ではなく正常気象になっているんじゃないでしょうか。
せいじょうきしょうと入力しても正常気象とは変換されなかった。
こんな言葉なないんですね。
by 斗夢 (2019-02-03 05:54) 

kazu-kun2626

今年の夏も暑くなると思った
方がいいですね~
二兎を追うもの一兎を得ず
判ってるんですが序にで2.3兎
追いかけてます(笑)
by kazu-kun2626 (2019-02-03 07:02) 

tommy88

2枚目の写真を見ていて長女が小学2年生のころ、12月、アラバマ州のハンツビルという町からフローレンスのタスカンビアという町へ行った時のことを思い出します。(いま、書庫から「これだけノート」を引っ張り出してきました。)1999年10月31日の朝日新聞、日曜版で特集されていたヘレン・ケラーと彼女の関係した土地の特集記事でした。行きたいという一念で切り抜いて、頑丈なノートに貼っていました。2か月後には実現したので、パワーを持ったノートでした。訪れた町にはヘレン・ケラーの生家があって、そこを訪問しました。開放していて有料ですが、中を見て回れるのでした。しかし閉ざされていて、12月25日という日が良くなかったのかもしれません。囲いの外から井戸のポンプを探したりしました。ちょっと残念でしたが、記念写真を撮って帰る道すがら、町はずれで足を伸ばす方々、綿花畑の周りを歩きました。綿花は収穫したあとでしたが、少し穫り残しの物もありました。話が長くなりましたが、そこで見たものが2枚目の写真のようなものでした。おそらく違う花なんでしょうがね。さて、まだ「これだけノート」は三分の一残っていますが、行ってみたいと思えるような場所が最近は全くないということでもあります。

by tommy88 (2019-02-03 08:35) 

rannyan

枯れ芙蓉、とても素敵です
いつも挑戦するのですが、なかなか良い方向から陽が射してくれません
先日ようようチケットが取れて、売れっ子立川談春の独演会にいきました
前座も曲芸も入らず、ひとりで2つの出し物、本当の独演会でした^^
by rannyan (2019-02-03 13:12) 

Lonesome社っ長ょぉ〜

シカゴでマイナス15℃、軽井沢でマイナス17℃と、スキー場で
はなく街中でこれまで体験した最低気温群です。体感気温がマ
イナス50℃を下回って南極並みだとニュースに流れてましたが
これもあの偏西風の蛇行というやつが原因なのでしょうかね。
去年のことがまだ記憶に新しいので今年の夏が思いやられます
あるいるさんのこの記事を読んで今日が節分だと思い出し、目
的地を変えこれから恵方巻と豆を仕入れがてらの買い物です。
その昔、母が黒門市場まででかけて知り合いのお寿司屋さんか
ら特別恵方巻を買ってきてました。いつ頃からかは記憶にあり
ませんが、それ以来ずっと欠かさず食べ続けています。
スーパーへ行こうとしていた妻がこの話を思い出し、目的地
変更を申し出てきましたよ。
リニューアルされた繁昌亭と天神さんの梅を楽しんできてくだ
さい。

by Lonesome社っ長ょぉ〜 (2019-02-03 13:22) 

あるいる

斗夢さん

コメントありがとうございます。
異常があるなら正常があるはず。
たしかにそう思うのですが、気象の世界には当てはまらないようですね。
気象観測が始まってたかだか100年ほどですから、基準になるデータが少なすぎるのかもしれません。
30年間の平年値というのは、いつも天気予報に登場しますけれど、ね。
ちなみに、僕の血圧もコレステロール値もガンマなんとかも、正常範囲だと病院での検査には出ています。
異常気象も困りものですが、身体の異常数値はもっと困りものかもしれません。
正常値でよかった、です。

by あるいる (2019-02-03 15:24) 

あるいる

kazu-kun2626さん

コメントありがとうございます。
二兎まではなんとかなりそうですが、三兎となるともうどれもが手に入らなくなりそうですから試したコトがありません。
欲は深いのですが、不器用なものですから。
ときどき、本を平行して二冊読むコトがあります。
アタマの中がしっちゃかめっちゃかになりそうです。
脳細胞の切り替えが年々衰えて行くようです。
能力不足を経年劣化のせいにしています。
ま、いいか、です。

by あるいる (2019-02-03 15:30) 

あるいる

tommy88さん

コメントありがとうございます。
ヘレン・ケラーの実家と井戸で、映画「奇跡の人」を思い出しました。
アーサー・ペン監督の名作です。
ヘレン役のパティ・デュークの熱演とサリバン先生を演じたアン・バンクロフトの名演で、井戸端で「水」を理解する場面は印象的でした。
数年後、マイク・ニコルズ監督の「卒業」でミセス・ロビンソンを演じた彼女には幅の広い女優さんだとあらためて感心でしたよ。
アラバマで思い出したのがロバート・マリガン監督の「アラバマ物語」でした。
人種差別とえん罪をテーマにした静かに心に染み入る映画でした。
二枚目は芙蓉の花の実がはじけた後の写真です。
綿毛のような中にはごま粒のような黒い実が入っていますよ。
花は大味でハイビスカスもどきのような風情ですが、この実の不思議な雰囲気は大好きです。
行ってみたいところはたくさんありますが、飛行機が苦手なものですから電車や船で行けるところ限定になってしまいます。
伊豆半島の三国峠から見える一目で見渡せる駿河湾と相模湾の光景。
朝霧高原からの富士山。
もういちど眺めてみたい光景はたくさんあります。
もちろん、まだ眺めたことのない光景も、です。
生きている間にどこまで眺めるコトができるのやら。
元気で長生き&軍資金が必要です。
ちょっと寂しいかも、です。

by あるいる (2019-02-03 15:52) 

あるいる

rannyan さん

コメントありがとうございます。
斜光と逆光好きな僕ですから、朝早い時間の斜光で撮るコトが多いですね。
この芙蓉の実も1メールほど後ろにはフェンスがあり、その後ろは公園の空間が広がります。
ちょうど斜光が左後方から射してくれます。
光の具合、まわりの状況に気がつくまで1年ほどかかったノンキなおっさんですよ、僕。
談春さんが大阪で独演会を開くのは2000人収容のフエスティバル・ホールです。
落語を聴く小屋ではないなと行っていません。
聴きたいのですけれど、ね。
兵庫県での公演はもう少し小さなホールになるのですが、チケットを取るのがとても難しいですよ。
談志さんや志ん朝さんのように、小さな小屋での連続独演会を大阪で演じてほしいものですよ。
談志さんが「俺よりうまい」と云った「包丁」を聴いてみたいものです。
と、今日もまたないものねだりでした。

by あるいる (2019-02-03 16:05) 

あるいる

Lonesome社っ長ょぉ〜さん

コメントありがとうございます。
僕の経験した最低気温は、仙台時代に盛岡でのマイナス13℃でした。
北国の盆地の冷え込みは違うなぁと感心したものでした。
今は昔、です。
天神さんの梅、本堂から少し離れた石垣の上に並ぶ紅白のしだれ梅が見事ですよ。
このブログに写真を載せたこともありました。
このしだれ梅が咲く時期が繁昌亭に行くタイミングに合ってくれるといいのですけれど、さて。
落語のまくらに天神さんの梅が登場するかどうか。
これもまた楽しみのひとつです。
と、アレもコレも欲しがる欲深おやじでした。

by あるいる (2019-02-03 16:16)