So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

彼岸 [街]





春のお彼岸も終わりました。
大阪・四天王寺さんの境内の桜はまだちらほらと二分咲きほどでしたので、開いている花を選んで撮ってみました。


P1260608c.jpg


今週中には満開になるらしいと、テレビのお天気姉さんが話していましたよ。
花より団子。
まだぼたもちを食べていません。
美味いぼたもちを見つけないと、です。


彼岸だからでしょうか、献灯のろうそくがたくさん灯されていました。


P1260614b.jpg


それぞれにいろいろな思いを込められているのでしょう。
僕はいたって簡単です。
手を合わせながら簡単な現状報告と、見守っていてくださいと勝手な願いです。


四天王寺さんの中心伽藍を取り囲む回廊にある中門の仁王さん、木肌のままだったのがとてもカラフルにヘンシンしていました。
まったく気づきませんでした。
中門にまで回って来るコト、久しくなかったものですから。

阿形の仁王さんはサーモン・ピンクに染まっていました。


P1260632b.jpg


吽形の仁王さんは青くなっていました。


P1260630b.jpg


四天王寺・東大門にいらっしゃる一回り小さな阿形の仁王さんは緑色なのですけれどね。
こまかいコトは、ま、よろし、です。
それにしても血管がぶちぎれそうな緊張感です。
木を削ったノミの跡が一段と生々しく見えました。
夜、揺れるロウソクの灯りで見ると怖いやろなぁ~。
悪いコトできへんと思うやろなぁ~。
彼岸のお参りのあと、そんなアホなコトを思ってしまったバチ当たりなおっさんでした。
と、今日は墓参りの帰りに立ち寄った四天王寺さんで撮った写真でまとめてみました。
お彼岸ですもん、ね。







あしあと(125)  コメント(4) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

あしあと125

コメント 4

コメントの受付は締め切りました
tommy88

赤好きの牛めいたおっさんは一度好きになるとトコトン好きになる、って情熱的なのかスペイン人気質なのか、そこんとこは定かではありませんが、粘着質なんでしょうかねぇ。次女の泳ぎが好きで世界でイチバン綺麗なフォームだと、誰もが認めずとも大好きなおっさんです。三女の泳ぎ、距離を泳ぎますが、その粘りと頑張りが見える渾身のひとかき、水しぶき、好きです。新聞に掲載された物をパネルにして買いました。全部で4枚あります。お金はかかりましたが我が財産です。新聞掲載ですから写真は決定的瞬間で、今でも会場のどよめきと、自分の体中の血管解放の瞬間が思い起こされます。世代を超える財産ではありませんが、私の宝物だから捨てることは出来ませんでした。しかし、自分が函館の高校でサッカー部の監督をしていた時代、熱い勝利で日刊スポーツの道内板の裏一面を全ページで掲載されましたが、そのパネルは捨ててきました。台風19号が来た頃で、しかも上下真っ赤のユニフォームで闘いましたから、「赤い台風」と、タイトルも入っておりました。自分越えなんてエラそうなものではありませんが、長い過去にお別れして、短い未来を濃厚にしたいと思って自分のパネルは捨ててきました。でも家族のパネルは捨てられないし、私の宝物ですね。すでに勝負の世界からは離れ、ジンクスはありませんが、神社仏閣での祈願は、意思表現と報告につきると思うのです。あるいるさんの姿勢は正しいです。こんな日々を過ごしてきましたよ、グリーンジャンボの3等を当てます、童話大賞の佳作を獲ります。無理なお願いはしないようにしており、ささやかな未来への意志です。推量の助動詞「む」の役割です。いざいかむ(ん)、いざ当てむ、むむむむむー。

by tommy88 (2018-03-25 07:05) 

あるいる

tommy88さん

コメントありがとうございます。
スペイン人気質なのかそうでないのかはよくわかりませんが、大阪人気質はまだまだ濃く残っているようですよ。
スペインだって、ドン・キホーテのラ・マンチャとかバルセロナのあるカタルーニャだとか、地域によっては大阪人や東京人にように気質も違ってくるでしょうしね。
誰が云ったか、人生百年時代だとか。
その伝からゆけばあと30年はたっぷりとありますから、まだまだ濃密な時間を過ごすことができそうですよ。
むむむむむーは夢 夢 夢 夢 夢 夢ーと勝手に置き換えました。
なんとなく楽しくなりそうな気がしながらも、厳しい現実には目をそむけないで努 武 舞 と参りましょう。
僕は厳しい現実からはできるだけご遠慮させていただきたいと思う今日この頃ですけれどね。
と、なんとなくわかったようなわからないような、です。

by あるいる (2018-03-25 15:34) 

Lonesome社っ長ょぉ〜

一週間前訪れた北九州と下関ではまだ硬そうな蕾だった桜、たった
一週間でここまで変身するのかと、大阪でびっくりする私でした。
8パックなら実際目の当たりにした事はありますが、ここまでどう
やったらなれるのか、相当な修行をされたのでしょうか。それとも
作者の潜在的な願望だったのでしょうか。
機能の昼食時隣り合わせた大阪のおばちゃんたちも、四天王寺さん
行ってきてんと報告会をしてました。

by Lonesome社っ長ょぉ〜 (2018-03-25 16:50) 

あるいる

Lonesome社っ長ょぉ〜さん

コメントありがとうございます。
昭和になって戦災で燃えた四天王寺さんですから、昭和の仏師が彫った仁王像、恐らく願望が出てしまったのかもしれませんね。
筋肉フェチなのか、戦災にも負けない強靭な身体を作りたかったのかはわかりませんが。
首がわからなくなるほどに鍛え上げた筋肉、お相撲さんにときどき見かけます。
桜前線をニュースで取り上げるほどに桜好きなこの国の方たち。
昔の人は云いました。
花は桜木 人は武士。
武士はともかく、三月号の写真雑誌には桜写真が溢れていましたよ。

by あるいる (2018-03-26 02:21)