So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

師走点景 ~大阪城公園編~ [街]






困ったときの大阪城公園。
ブログに載せる写真に困ったときには大阪城公園が便利です。
近い、早い、便利と三拍子揃っているものですから。
この日はJR環状線・森ノ宮駅で降り、大阪城公園駅までの一駅区間を早足で廻ってみました。
大阪城公園の東側を30分ほどでの早撮りです。


まずは府民の森からです。
最初はここからと決めての一枚です。
外国人観光客が押し寄せない静かな大阪城公園です。


P1220610b.jpg


次は天守閣へ向かう外国人観光客を追い抜きながら、豊國神社のはずれにある倉庫です。
予想以上の黄色の落ち葉がちょっとうれしい。
この倉庫の後ろ側、石塀の向こうは僕の大好きな撮影ポイントです。
バードウォッチングや鳥撮りの方がぽつりポツリと訪れる静かな場所です。
いい雰囲気に雑草が生い茂っているのも好きですよ。


P1250558b.jpg


豊國神社の隣にある一番槍横の落葉樹です。
木の名前はわかりませんが、彩と形が気に入りました。
この場所にも外国人観光客は押し寄せて来ませんから、静かに散策が楽しめます。


P1250572b.jpg


急ぎ足でぐるりと回ったら、JR環状線・大阪城公園駅を目指して一目散。
途中、梅林前・青屋門近くから天守閣をパチリです。

P1250614b.jpg


大阪城は鉄骨鉄筋コンクリート造りの城ですから、あまり好きではありません。
かなり以前にガラス張りエレベーターが天守閣のすぐ横に作られて、醜悪そのものです。
大阪市はナニ考えてるねん?
ナニも考えてないからあんな醜悪なエレベーターを作るのでしょうね、きっと。
同じ鉄骨鉄筋コンクリート造りの城でもバイエルン王・ルードウィヒ2世が作ったノイシュヴァンシュタイン城はとても綺麗だと思いますけれどね。
ディズニーランドのシンデレラ城のモデルになった城だそうですよ。

まったく関係ありませんが、ヴィスコンティの映画「ルードウィヒ ~神々の黄昏~」に出演していたロミー・シュナイダーはとても綺麗でした。

ということで駆け足で回った大阪城公園東側の師走点景でした。
おっちゃん、まったく師走の風情を感じられませんけれど・・・。
師走の慌ただしいときにこまかいコト云いなさんな。
これも師走、慌ただしいだけが師走やない、それでよろしいねん。
忙しいときにこそ落ち着いた光景を眺めてココロを鎮める余裕が大事やねん。
と、苦しい言い訳。
ま、いいか。






あしあと(136)  コメント(10) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

あしあと136

コメント 10

コメントの受付は締め切りました
tommy88

ロミー・シュナイダーが綺麗ならうちの奥さんも若い頃は綺麗だったんだなぁと、富士額っぽいロミー・シュナイダーと富士額の妻を重ねてそう思うのでした。どちら様も若い頃は髪を上げると可愛く見えるという特典付きでした。既に妻は、ロミー・シュナイダーより一回りも年上になってしまいましたが、もっともっと年上になってもらいます。女優やアイドルだった人が、妖怪になってきてからテレビに出てくるのはうんざりしてしまいます。整形技術の稚拙な時代のリバウンドでしょうが、顔面崩壊が始まってから出てきて欲しくない山本リンダさん。ロミー・シュナイダーは若くして亡くなったので、見習うわけにはいきませんけれど。

北海道の師走には、ナナカマドの実が似合います。北海道に移り住んだ当初、スパイクタイヤだったので、アイスバーンに対する恐怖はありませんでした。冬道をだから、道北から札幌まで、遊びに来たり買い物に来たりしていました。映画を見るのは旭川止まりで、それは封切り映画が2本立てだったからです。映画が主たる目的ではない時は、さらに南下して札幌遠征になります。妻と札幌に泊まって遊び歩いたのですが、ススキノの中央分離帯にはナナカマドの木が植えられていて、路面も積雪状態で、枝にも雪がかぶり、その白い背景の中にぶら下がる、ナナカマドの赤い実の密集は、私にとっては冬の、師走の風物詩でした。この光景は、綺麗だなと思えるものでした。でも今は慣れてしまって、そんなの当たり前すぎて、感動は少ないですけれど。道民になった当初は「さっぽろ雪まつり」に憧れて、見に行きまくりましたが、行って自慢げに話しても生徒は、「どうせ雪しかないでしょ」と無愛想な反応でした。現在の私も、同じ反応しか出来なくなり、やっと本物の道民として同化できたのではないでしょうか。昨日の昼の全国ニュースでも、北朝鮮の不審船がらみで函館中央署が映ったり、大谷クンのからみで札幌ドームが映り、地下遊歩道でのインタビューが映ったりするたびに、わくわく嬉しくなるのは、北海道人的反応です。

全ての写真に言えることですが、特に3枚目は定規で測ったように水平が取れていて、安定感があります。良いです。傾いた写真しか写せなかった私は、アドバイスを受けて、画面に縦横4本くらいの線が入るように設定して、できるだけ水平が取れるように意識しています。(だから)昔よりは少しくらいは、気持ち悪くなる写真が減少したのではないかなと思っています。あるいるさんと2kさんのアドバイスのおかげです。感謝。ジャンボ。

by tommy88 (2017-12-10 06:49) 

旅爺さん

お早う御座います。
大阪城辺りは未だに紅葉が楽しめるなんて良いですね。
当地はもう氷が張ってる寒さです。
by 旅爺さん (2017-12-10 08:20) 

アールグレイ

大阪城公園、木々の紅葉もきれいですね。
ゆっくり散歩にも良さそうです^^
そういえば、大阪には数回来ていますが。
大阪城には来たことがないです。
外国の観光客が押し寄せないで、静かに過ごせるのも良いですね^^
by アールグレイ (2017-12-10 14:15) 

MIKUKO.

ガラス張りのエレベーターですか・・・。
それにはビックリです (*_*;
相反するものという感じが否めませんよね。
人が居ない静かな場所での紅葉は、心が満たされますね♪
by MIKUKO. (2017-12-10 15:43) 

あるいる

tommy88さん

コメントありがとうございます。
朝早くから惚気話しをありがとうございます。
『うちの奥さんも若い頃は綺麗だったんだなぁと』と、過去形で書かれてはママさんに失礼ですよ。
「綺麗でかわいい若い頃はとても素敵で、近頃は一段と深みが増し磨きがかかって素晴らしくなってきた。これからが楽しみだからもっともっと歳を重ねてもらいたいものだ」と本音を云いましょう。
誰のものでもないママさんオリジナルのおばあさんになられそうですよ。
これは楽しみです。
うかうかできませんよ、パパさんは。
さあ、身体を絞りましょう!
ファイト!です。
と、今日も余計なお節介でした。
ごめんなさい。

by あるいる (2017-12-10 15:44) 

あるいる

旅爺さん

コメントありがとうございます。
今のところ最低気温が7℃だか8℃の大阪ですが、これが年を越してしばらくすると1℃や2℃のレベルまで下がります。
天気予報でそんな予報を見ると嬉しくなって、早朝から氷のはった池や氷結した雑草を撮りに行きたくてウズウズしてしまいます。
昨日の夜の雨で、大阪城の紅葉も散ってしまっているかもしれません。
また来年、楽しませてくれるまで暫しの我慢です。

by あるいる (2017-12-10 15:48) 

あるいる

アールグレイさん

コメントありがとうございます。
ガイドマップやネット情報を片手の外国人団体観光客が闊歩する大阪城メインストリートをちょっと離れた小道や抜け道、裏道は静かで散策や写真撮影にはもって来いです。
地下鉄やJRの駅が近いのも便利ですね。
2月になれば梅林の梅が綺麗に咲いてくれることでしょう。
早朝の梅林の梅の香りはとても心地よいですよ。

by あるいる (2017-12-10 15:53) 

あるいる

MIKUKO.さん

コメントありがとうございます。
天守閣のすぐ横にガラス張りの四角い箱が空にのびていて、その中をエレベーターが動いています。
ルーブルのピラミッド型のガラス張りエントランスを意識したのかどうかはわかりませんが、形もガラスの透明度もいまひとつで、建築家の意図が不明な建造物です。
なんでもありのカオス大阪らしいといえば確かに大阪らしいです。

by あるいる (2017-12-10 15:58) 

Lonesome社っ長ょぉ〜

心の落ち着きを取り戻す時間は大切にしたいものです。ただ単純に
環境を変えればいいという事でないのがこれまた奥深いというのか。
自然界にあるさまざまな色を探ってみれるのももうあとわずかと
なりました。
by Lonesome社っ長ょぉ〜 (2017-12-10 22:37) 

あるいる

Lonesome社っ長ょぉ〜さん

コメントありがとうございます。
師走の慌ただしさももう少しで終わり、たった一夜明けただけで正月の静けさがやって来ます。
この劇的な街の変化は好きなもののひとつです。
木々の色が変わり葉が落ち、、季節がうつろいなぜだかもののあはれを日常にも感じてしまうという不思議な季節です。
小さな変化から大きな変化まで、日常の中にも心の落ち着きを取り戻せる機会は溢れているようです。
ちょっと立ち止まって深呼吸するだけでふと気がつくこともあるようです。

by あるいる (2017-12-11 03:09)