So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

evergreen [花]





公園の黄色い薔薇はなぜだか花びらの先っぽが白くなっています。


P1240813b.jpg


花屋にある黄色い薔薇はぜんぶ見事に黄色いです。
太陽の光のあたりかたの違いなのかなぁと、勝手に想像です。


なんとなく秋色をした薔薇の壁でした。


P1240769b.jpg


秘密の花園の入り口ってこんな雰囲気だろうかと、乙女チックな空想です。


ツリクサの実がはじけ飛んだのか鳥に食べられたのか、殻だけがぶらさがっていました。


P1120282b.jpg


何年もこの場所には通っていますが、この近くにツリバナはこのひとつだけしかありませんから、実はどこか遠くへ行ってしまったのかもしれないなと、これまた勝手な想像です。





話しは変わって、evergreen。
常緑樹のことですが、時間がたっても色褪せない名曲の意味もあると、その昔に知りました。
アメリカ映画「スター誕生」のテーマ曲の題名で主演のバーブラ・ストライサンドが歌っていました。
同じくバーブラ・ストライサンドの歌うThe way we were は evergreen だと思いますよ。

花が華やかに鮮やかに咲いても、しっとりと地味に咲いても、いつかは枯れてしまいます。
花が枯れても実が残り、どこかで育ってくれるかもしれません。
そんなことを思ってしまうのは秋のせいでしょうか。
ロマンチックなんてモノではなく、ただ、生命力が衰えてゆく季節の影響なのかもしれません。
季節の変わり目、苦手な僕です。


P1200076b.jpg


サボテンはevergreen でかまわないのでしょうかね。
葉っぱではなく幹のような気がしますが、こまかいコトは、ま、いいか。
一年中いつも同じように見えます。
トゲが痛いのがよろしくありません。
サボテンにも花は咲きます。
写真では見たことがありますが、実物を見たことはありません。
形は知っていますがどんな香りがするのかはわかりません。
もちろん、香りをかいだことはありません。

まったく関係ありませんが、常夏。
evergreen が常緑樹なら、常夏はeversummer なのかなと思ったら tropical だとか。
そうそうなんでもかんでもever をつければいいものではなさそうです。
僕の脳細胞はeverspring のようですけれどね。
と、意味不明な日本語英語を作ってしまったようです。
ま、いいか。
英語を使わなければいけない仕事でもありませんしね。
日本語だってマトモに使えないのに、僕。
それなのに今日のタイトルは横文字、文中にも横文字がチラホラ。
ただし、単語だけですけれどね。
僕にはわからない英単語を散りばめる小池女史よりはマシかもしれません。
誰に向って話しているのでしょうかね、彼女。
不思議です。
そして、中途半端に横文字を使う困ったおっさんです、僕。
ヘンです。






あしあと(132)  コメント(6) 

あしあと132

コメント 6

コメントの受付は締め切りました
そら

サボテンの花は見事です!
以前うちにもあったんですが水をやり過ぎて根腐れさせちゃって(^^;
by そら (2017-10-22 07:46) 

tommy88

「追憶(The Way We Were)」も「スター誕生(A Star Is Born)」どちらも大好きな映画です。あの特異な顔のB・ストライサンドが好きでした。どちらもアカデミー賞歌曲賞を取ってるようですが、あのB・ストライサンドのちょっと鼻炎系の声で始まり、破裂するほどの歌唱力パンチで歌いきるのが好きでした。もちろん、レコードを買っていましたが、すでに断捨離前に露と消えております。

サボテンの花はチュ-リップですが、恋の終わりの歌ですね。北大植物園ではサボテンの花を咲かせています。でも、香りを嗅ぐという発想には至りませんでした。言われてみると、しまった感が満載です。サギソウのニオイも嗅いでいないので失敗したと後悔しております。また花を撮りに行き、意識的にニオイを嗅ぎ歩いてみようと思っています。

by tommy88 (2017-10-22 10:38) 

su-nya

こんにちは。
サボテンは多肉植物、になるのだと思います。
英語ではsucculent=水気の多い、汁の多い、といいます。
常夏、はeverとならないのですね。

by su-nya (2017-10-22 10:39) 

あるいる

そらさん

コメントありがとうございます。
サボテンの花は色鮮やかですし花のかたちも花びらのかたちも綺麗ですね。
と、書きながらも写真でしか見たことがないのがとても残念です。
東京時代にポトスとベンジャミンを買ってきて育てていましたが、水をやらなさ過ぎて枯れさせてしまいました。
植物もイキモノ。
イキモノを育てるのに不向きな性格の僕のようです。

by あるいる (2017-10-22 15:58) 

あるいる

tommy88さん

コメントありがとうございます。
かなり以前のアメリカのコメディ映画のワンシーンを思い出しました。
泥棒が入った家のラジオからThe way we were が流れて来て、つい聴き入ってしまった泥棒が思わず落涙する場面がありました。
映画のタイトルもストーリーも監督も俳優も覚えていないのですが、この場面だけを覚えています。
evergreen なラブ・ソングなんだなと思った場面でもありました。
サボテンの花はチューリップのオリジナル版のロマンチックな歌唱とアレンジが好きですね。
サボテンの花の香りではなく君の匂いが揺れていて、ここでもサボテンの香りはわからないままです。
二度と嗅ぎたくない花の臭いもありますので、お気をつけてください。
かわいい花の見た目に騙されてはいけません。

by あるいる (2017-10-22 17:32) 

あるいる

su-nyaさん

コメントありがとうございます。
サボテンは幹ではなく水分をたっぷりと含んだ茎を持つ多肉食物だと知りました。
アロエはトゲのないサボテンだとずっと勘違いしていた僕でした。
ちょっと恥ずかしいです。
アロエ入りのヨーグルトはありますが、サボテン入りのヨーグルトは見たこともありませんしね。
例えがちょっと違っていそうな気がしますが、ま、いいか、です。

by あるいる (2017-10-22 20:00)