So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
前の10件 | -

和洋折衷 [街]




お盆の送り火も終わり、お盆休みも終わった方も多いことでしょう。


P7070008c.jpg


昨日、一昨日とちょっとだけ暑さが和らいだ大阪ですが、まだまだ油断大敵です。
そんな中、図書館でずっと予約待ちだった「立川談志 21世紀BOX」のCD12枚(15席収録)が借りられましたよ。
さっそくPCへコピー保存です。
って、コピーしたってコトを公表してもいいのかな。
著作権法にひっかからないのかな。
個人が楽しむぶんには構わないと勝手に決めました。


P9253405b.jpg


落語、大好きです。
古今亭志ん朝さんと桂 枝雀さんがとりわけ好きですが、お二人ともにずっと前に彼岸へ旅立たれました。
残念です。
数年前、立川談春さんを知り、彼の著作を読み、落語を聴き、師匠の談志さんを聴いてみようかなと、ちょっと思い立ったのでした。
談志さんもだいぶ前に旅立たれましたが、こまかいコトは、ま、いいか、です。
談志さんは実は苦手なのです。
落語は聴いたことがないものの、彼のダミ声とテレビでのなんだかわよくわからない毒舌にもならない独善的発言の影響が大きいのです。

どれから聴こうかなと思いながら、談春のほうが俺(談志)より上手いと評価した「包丁」にしました。
ステレオのスピーカーから流れて来た声を聴いてすぐに止めました。
いくら冷房の効いた部屋だとはいえ、真夏のクソ暑い昼下がりに聴く声ではありませんでした。
ぜんぶコピーしたから、涼しくなったら聴くコトにしましたよ。


P7310043d.jpg


これでは暑苦しい気分のまま、なんとか気分転換をというコトで選んだのがショパンです。
最近、はまっています。
はい、落語も好きですがショパンも好きなのですよ。
和洋折衷の日本のおやじ、です。

何年か前までは、聴こうともしなかったのがショパンです。
人間、変われば変わるもんやなぁ~、僕、かなりの甘党やったんやなぁと、我ながら驚きです。
ツィメルマンやダン・タイソンやピリスやルガンスキーやいろんなピアニストのCDをコピーしたり買ったり、です。
ショパンのピアノ協奏曲第1番と第2番の第2楽章だけを集めて一枚のCDに作りました。
この人は甘いなぁ、ドラマティックやなぁ、静かに引き込まれるなぁと、それぞれの音に包まれるコトを楽しんでいますよ。
ショパンって甘ったるいだけの音楽家やなかったんやなぁと、これまた勝手に再認識ですよ。


PA055573b.jpg


秋風が吹く頃になって、立川談志さんの落語を聴くようになると、僕の彼への評価はどうなっているのでしょうかね。
ちょっとだけ興味シンシンです。
ま、どうでもいいコト、ですけれどね。

さりげなくメールボックスの上に置いてあるのは金鳥蚊取り線香の缶です。
洋風ドアの隣に蚊取り線香。
ここもそこはかとなく和洋折衷のようです。






あしあと(71)  コメント(7) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

盆、雑感 [植物]




なんだか出来損ないのレースのように見えなくもない、虫に食べられた葉っぱたちです。


P1210817b.jpg


虫たちもこの夏を生きのびるのに大変なのかもしれません。


この暑さを乗り越えるのがタイヘンなのは、同じイキモノのニンゲンだってかわりはありません。
苦手な空調機を使い、体調を崩さないようにするのはタイヘンですよ。
とかなんとか云いながらも冷たい麦酒やアイスクリームを空調の効いた部屋で食べるのはニンゲンだけです。
贅沢者やねんなぁ、ニンゲンは。
いえいえ、これは贅沢ではなく人間の進化の途中で得た知恵の賜物なのですよ。
得たモノも多いのですが、失くしたモノも同じように多いのが残念ですけれど、ね。


P6259322b.jpg


とかなんとか云っているうちに明日から16日までは日本国中お盆です。
民族の大移動、暑い中みなさんお疲れさまです。
盆休みと正月休みの新幹線の混雑ぶり、東京時代と仙台時代にたっぷりと味わわせていただきました。
大阪へ戻り、もう、多分、二度と経験しなくていいかと思うと、ココロのどこかでホッとしていますよ。


P7070052b.jpg


それでもこの時期、混雑に関係なく、ご先祖さまたちがはるか西方浄土は十万億仏土の彼方から戻って来られます。
墓参りをされる方もそうでない方にも、ご先祖さまはもれなくいらっしゃいます。
両親までは知っているけれど、そこから先はまったく知らない僕にもご先祖さまは、います。
というコトで墓参りに行くといたしましょう。


R0203886b.jpg


盆の頃になると寺の境内に咲いているのがノウゼンカズラです。
朱色と緑のコントラストが暑苦しさを倍増してくれます。
夏、まだまだ続きます。
せめて夕立でもさっと降ってすっと上がってくれたら嬉しいのですけれど、ね。
もしかすると夕立という言葉は地球温暖化のおかげで死語になってしまうのかもしれませんね。
えらいこっちゃ、です。
夕立も降らなくなった今日この頃、夕立のあとに虹を見るコトもなくなりました。
虹の彼方には青い鳥が飛んでいると、ジュディ・ガーランドが唄っていました。
虹の彼方を夢見る、そんな時代がありました。
今は昔、です。








あしあと(100)  コメント(8) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

暑中お見舞い申し上げます [自然]





暑中お見舞い申し上げます。



P8032710f.jpg



猛暑なのか酷暑なのか烈暑なのかと思いながらも暑中お見舞いと、普通の季節の挨拶にしました。
せめて言葉だけでも普通でいてほしい今日この頃の暑さです。
体調管理に配慮しながら、この夏を乗り越えてくださいな。


話しは変わって、深夜放送。
NHK・FMの深夜放送に「ラジオ深夜便」という番組があります。
ときどき聴いています。
深夜、四時のニュースが終わると「ピアノで奏でる七十二候」という短いコーナーが始まります。
一曲が1分前後の短い作品ばかりですから、うっかりしていると聴き逃してしまいます。


           七十二候は、一年を72に分けて、草花や鳥、魚の様子や気象現象などを名付けた暦です。
           長く生活の中で親しまれてきた七十二候、その一候づつに、
           
ピアニストで作曲家の川上ミネさんが曲をつけ、72のオリジナル曲が生まれました。
           七十二候の紹介とともに、その候をイメージして作られたピアノ曲で、
           日本の季節の移ろいをお楽しみください。
                                                          ~ 番組案内よりコピーです~

二十四節気をさらに五日ごとの季節に分類した七十二候では今は涼風至(すずかぜいたる)です。
七十二候そのままがタイトルになった53秒の短いピアノ曲です。
時間と興味があればお聴き下さい。
ちょっとは涼しい気分になれるかもしれません。

それにしても暑い。
温暖化の影響であと何年かすれば二十四節季や七十二候が当てはまらなくなるのかもしれません。
自然に対して畏怖と畏敬の念を持ち続けた日本人が表現してきた季節の微妙なうつろいが消えてなくなるのかもしれませんよ。
これはえらいこっちゃ、です。
と、思いながらもココロのどこかで、すっかり変わってしまった気候に合わせて、新しい二十四節季や七十二候を考え出すのが日本人なのかもしれないなぁと思ったりしています。
だって、日本人は本来自然に寄り添って生きる農耕民族のはずですし、ね。
と、思いながらもココロのどこかで、ニンゲンは変って行くイキモノだとも思っているのですけれど、ね。

涼風、いつになったら吹くのやら、です。
涼風くん、もしかしたら謝っているのかもしれませんよ。
至らない私を許してください、と。
この涼風くんは元・宝塚の涼風真世さんとはまったく関係がありませんので。
ネンのために、です。






あしあと(111)  コメント(8) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

さらりと [街]




今年も天神祭は無事に終わりました。
なによりです。


P1070178b.jpg


揃いの羽織袴のおっちゃんやじいさまたちの姿は涼しそうに見えますが、ホントは暑いやろなぁと、ちょっとだけ同情です。
紗の羽織や麻の袴は涼しげに見えますが、着るとそれなりに暑いのですよ。
せめて見た目は涼しく。
祭りを盛り上げるのもなかなかにタイヘンなようです。


というコトで見た目に涼しくなれそうな写真でまとめてみました。
暑中見舞い代りというコトでよろしく、です。

P1210278b.jpg


写真では涼しくなれるはずもないから、涼しくなれるモノでくださいという願いがあっても却下させていただきます。
そんな願いを聞き入れていると懐具合が寒いを通り越えて凍りつくかもしれないものですから。
身体にもよろしくありませんし、ね。
はい、僕の身体と懐具合が最優先です。


もうすぐお盆です。
蓮の台でおやすみのご先祖さまも戻って来られるとか。
お盆の用意、まだなにもしていません。
どんどん手抜きになる一方です。
墓参りには行きますから、ま、いいか、です。


P1210311a.jpg


なすびやきゅうりに割り箸をさした牛や馬も作らなくなりました。
お供えものをお盆の送り火といっしょに川に流すコトができなくなりましたし、ね。
こうして昔からの風習が消えて行きます。
これもまた時代の流れ、仕方がありません。


P6189178b.jpg


六月の大阪の地震、七月の西日本・東海地方の集中豪雨の被害が復旧できないままに追い打ちをかけるように台風12号の襲来です。
地震の活動期に入っている日本列島、異常気象のせいなのか、居座った停滞前線と想定外の進路を取る台風。
被害が出るのが避けられないのなら、できるだけ少なくなるようにと祈るばかりです。
怖いものは地震・雷・火事・洪水です。
オヤジは怖いものから脱落しました。
残念なり。



話しは変わって、テニス。
八月は大阪・うつぼ公園テニスセンターで、全日本ジュニア選手権が開かれます。
暑いやろなぁ~。
近くを通れば、ちょっと寄り道して見るのですが、たまらなく暑いです。
毎年十月にこの場所で開かれる世界スーパージュニア選手権はときどき見ますが、さすがに暑くはありませんが、今年はどうなるコトやら、さて。


SDIM2228a.jpg


で、うつぼテニスコートのフェンスに咲くあさがおだかオーシャン・ブルーです。
左右のフェンスの向こうにはテニスコートがずらりと並んでいます。
以前、通りすがりのおばさんにオーシャン・ブルーだと教えてもらったような記憶がありますが定かではありません。
こまかいコトは、ま、いいか、です。
暑いときにはサラリと流しておくのが一番かもしれません。
と、云うコトで、今日の暑中見舞い代りのブログ記事もサラリと流してくださいなと、主からのささやかなお願いです。









あしあと(112)  コメント(10) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

いつまで [街]




どなたかのブログに「酷暑、お見舞い申し上げます」とありました。
猛暑でなく酷暑。
冗談でなくホントのコトだから辛い。
いつまで続くのやら。


P1210280a.jpg


蝉は毎日懸命に鳴いています。
先週のブログにうるさい&暑苦しいと書きましたが、蝉はそれこそ文字通り懸命に命を懸けて鳴いているのですから、ちょっとガマンするといたしましょう。
ガマン強いおっさんなのですよ、僕。
雀も鳴いていますが、暑さのせいかちょっとおとなしくなってきました。


P1070230a.jpg


まったく鳴き声も聞えず姿も見せなくなったのがカラスです。
どこへ行ってしまったのでしょうかね。
賢いカラスのコトですから、少しでも涼しいところへ避難しているのかもしれません。
僕もどこかへ避暑に行きたいですが、そんなワケにも行きません。
日本中、どこへ行っても暑い夏ですもん、ね。
と、懐具合は棚に上げておきましょう。


P1110325g.jpg


とかなんとか云っているうちに今週は大阪・天神祭です。
暑い最中、見に行く気にもなりません。
ときどき風に流れてくる祭囃子の練習の音が暑苦しくうるさく聞えます。
でも、ちょっとの間だけ我慢です。
25日の本宮が終われば静かになりますから。
はい、我慢強いおっさんなものですから。


P1010602b.jpg


終わりが見えないのがこの暑さ。
いつになったら終わるのか、気象庁さん、そのへんの情報を詳しく教えてくださいな。
もしかすると気象庁さんはきちんと情報提供しているのに僕だけ知らなかったりするのかもしれません。
うっかりオヤジですから、僕。
長期戦への備え、必要になるかもしれないのに、ね。

暑いの、苦手なんですよ、僕。
クーラーも苦手なんですよ、僕。
どうしたらええんやろ?
この暑さには我慢強い僕もさすがにお手上げ状態、グリコのバンザイモードです。
我慢にも限界ちゅうもんがありまんネン。
ヨーロッパでは干ばつや森林火災がひどくなっているし、ノルウェーの北極圏では33℃超えの気温を記録したとか。
北半球は猛暑で大変なようですが、南半球はどうなっているんでしょうかね。
と、思いながらも、なるようにしかならないのが空模様。
それこそ運を天に任せるしかなさそうかもしれません。
そんなん、イヤやなぁ。





あしあと(111)  コメント(10) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

うるさい [街]




先週9日の月曜日に梅雨明けした大阪です。
梅雨が明けたとたんに、蝉がとてもうるさく鳴き始めました。


P1210615b.jpg


聞こえて来るだけで暑苦しいです。
蝉はそれこそ一生懸命に種の保存のために鳴いているだけなのですけれどね。
身勝手なおっさんです。


P5200024b.jpg


昔の人は云いました。
五月蠅いと書いてうるさいと読みます。
七月蝉と書いてうるさいと読んでもよさそうな気がします。
八月蝉と書いてそうぞうしいと読んだり、です。


P6189183a.jpg


ということで少しでも涼し気な雰囲気の色の写真でまとめてみました。
文中に蝉が登場したにもかかわらず、蝉の写真はありません。
虫が苦手なものですから。
今日の写真は目に暑苦しくうるさくありませんよね。
と、さりげなく自信なさげ、です。




街中を自転車で走るおねえさんは日焼け防止なのか、長袖シャツでした。
風が気持ちいいかもしれませんね。


R0204986b.jpg


通路の遠くを歩くサラリーマンはダーク・スーツをビシッと着ていました。
汗っかきの僕にはできないコトですよ。
上着は先方へ着くまでは手に持ち歩きます。
今日も灼熱地獄の大阪、背広姿のサラリーマンにも、制服姿のガードマンにも太陽は容赦がありません。
この三連休、図書館には行くけれど、できるだけ外出は控えるといたしましょう。
干からびてしまいそうです。







あしあと(116)  コメント(4) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

青と白 [花]




白いあじさいたちも


SDIM3507a.jpg


青いあじさいも


P6059194c.jpg


青いききょうも


P1210507b.jpg


ぜんぶこのビルの庭で撮りました。


P8140096b.jpg


すごい雨の日々がが続いたせいか、なんだか青と白の空の写真を載せたくなりました。
ちょっと不安に駆られた週末でした。



話しは変わって、雅。
ず~っと勘違いしていました。
雄でなく雅でした。
予約していた安野光雅さんの新刊「いずれの日にか国に帰らん」を図書館へ借りに行き気がつきました。
ず~っと安野光雄さんだと勘違いしていました。
表紙の大きな名前を見て、老眼が進んでいるせいにしました。
雅とはまったくご縁のない粗忽者の僕のしでかしそうな感違い・思い込みでした。
安野さんのやさしい絵も色も文章も大好きなのに、ね。
安野さん、ごめんなさい、です。







あしあと(115)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

真剣 [花]






関東甲信越地方が梅雨明けしたそうな。


P1200826a.jpg


気の早いコトですよ。
ところで、水不足は大丈夫なのでしょうかね。
ちょっとだけ心配です。


台風には近寄ってほしくはないけれど、水源地に雨がそこそこ降ってくれないと困るコトにもなりますし、ね。


P1110625b.jpg


蓮池の水が枯れたら蓮の花も枯れてしまいます。
水が枯れたら、蓮根もダメになってしまうのでしょうかね。
と、食い意地は健在です。


P7010055e.jpg


ほどほどの雨、よろしくお願いいたします。



それにしても暑い。
タオルハンカチ、三枚に増やしました。
扇子も必需品です。


P1060388b.jpg


細い路地の奥に見える二人連れ。
K国からの観光客のようで、早口の韓国語で喋っていました。
人混みを避けて歩く僕と、四度ほど出くわしてしまいました。
人混みを避けて歩く観光客、ナニを見たいのかしたいのか、さて。
汗を拭きふき写真を撮るおっさんを不審な目で眺めていました。

今年は日傘を使おうかな。
ちょっと真剣に思案中です。
真剣に「ちょっと」ってあるのでしょうかね。
今日の写真はちょっとではなく、かなり真剣に撮りましたが、結果が伴っているかどうかは別問題です。
僕の場合に限っては、真剣にちょっともかなりもほどほども許されるといたしましょう。
いい加減オヤジです、やはり。




あしあと(105)  コメント(6) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

再確認 [花]




白い紫陽花。


P1190447b.jpg


白い睡蓮。


P1200298c.jpg


気分はなんとなく白い花を載せてみたかったのです。



話しは変わって、地震。
先週の月曜日に震度6弱の地震がありました。
僕の住んでいるところでは5弱でした。
とても怖い思いをして、その怖さがまだ続いています。
モノモチのええおっさんです。


DSC00086b.jpg


大阪のミナミの繁華街にある飲食店の壁です。
京都の有名禅寺にはまんまるな「悟りの窓」というのがあるとか。
京都まで行かなくても、ミナミの街角で似たようなモノが見られます。
マルの中にはZの文字が浮き彫りにされています。
禅のZなのか、そうでないのかはわかりません。
こまかいコトは、ま、よろし、です。
禅の悟りを開くと地震は怖くないのでしょうかね。
超凡人の僕には知る由もありません。

地道にコツコツと誠実にしていれば、仕事や私事での失敗なんて怖くはない。
失敗はなんとか取り返せるし、命まで取ろうなんてお方とは近づきになっていませんし、ね。
ところが、地震は怖い。
怖がりで小心者の僕の本音を云えば、場所も時間も規模も予測のつかない地震は怖い。
地震で家が倒壊したり、落ちてきたモノに当たって死にたくはない。
揺れにハンドルをとられた車に突っ込まれて跳ね飛ばされたくなんかない。
楽しくない想像・空想・妄想が勝手に広がってココロに残ってしまいます。
そんなみっともないほどの本心を再確認できたこの一週間でしたよ。
早く終息して、普段に戻ってほしいものですよ。

と、思いつつも東北大学の遠田晋次教授のコメントがずどんと来ましたよ。
大阪の3つの活断層にひずみが溜まりこれまでよりも大きな地震が起きやすい状態になっている、と。
笑顔のコメントがますますずどんと来ましたよ。
大阪から東京へ、東京の次は仙台、仙台から大阪に戻り、次はどこへ引っ越そうかと真面目に考えなきゃ、です。
そのためにもなんとか宝くじに当たってほしいものですよ。
仕事がどこか手につかないのをええ加減にしないコトには、それこそドエライ失敗に繋がりそうですよ。
えらいこっちゃ、です。






あしあと(121)  コメント(10) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

大丈夫ですよ ~号外~ [街]



地震の被害もなく、大丈夫ですよ。
それにしても揺れがひどくて驚きました。


P1110082a.jpg


熊本地震の例もあるように、もっと大きな地震が来るかもしれないと不安ですよ。
心配したところで、出来るコトは限られていますからとりあえずは、水の確保だけはしました。
電車が全部止まっています。
どうして家まで帰ろうかな~と、月曜からアレコレ心揺れ動きます。
電話が通じない兄や姉が心配ですが、まあ、大丈夫だと思いましょう。
どうか大きな地震が来ませんようにと願うだけです。

取り急ぎ無事のご報告です。
コメント欄は閉じさせていただきました。
あしからず、です。




あしあと(111)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
前の10件 | -