So-net無料ブログ作成
検索選択

キュン [生物]





クモの巣の造形は見事で綺麗だと思うのですが、そこに住む主は大の苦手です。

PA317908a.jpg



ハチの巣のハニカム構造も見事ですが、そこの住人たちも大の苦手です。


話しは変わって、胸キュン。
写真を撮りながら林や木立の中を歩いていると、ときにクモの巣が顔に触れるコトがあります。
思わず、心臓がキュンと止まりそうになるほどに驚きます。
心臓麻痺一歩手前状態のようです。

もし殺されるコトになるのなら悩殺がいいと勝手に決めているのですが、
こんな胸キュンで死ぬのはご遠慮したいものです。



とんぼ [生物]






シオカラとんぼが止まっていました。

P1070614a.jpg



赤とんぼも飛んでいたけれど、止まってくれませんでした。

飛んでいるとんぼを撮る腕、持ち合わせていません。

残念なり。




話しは変ってシオカラ。
シオカラとんぼの尻尾の先っちょは舐めると塩辛いとか。
だからシオカラとんぼという名前がついたと聞きました。
酒の肴にシオカラとんぼを食いたいとは思いません。

で、その塩辛。
かなりの好物です。
で、宮城県は気仙沼にある横田屋さん。
ここのイカの塩辛と海苔の佃煮と焼き鮭のフレーク、好物です。
ときどき買い求めます。
ささやかな支援のひとつです。

話しは戻ってシオカラとんぼ。
昔は食っていたとか。
かなり美味いとか。
ホントかな。
シオカラとんぼの塩辛。
誰も作らないでしょうね。
作ってくれても、食わないです、僕。
虫、大嫌いですから。

あれ?
エスカルゴが出てきたら普通に食う僕です。
シオカラとんぼの塩辛。
見た目がとんぼだとわからなくて、
美味かったら食えるかもしれませんよ。
それともムシするのかな。

今日のオチはかなりの苦し紛れのオヤジギャグもどき。
ムシしてやってください。
オヤジなもので。




トンボ [生物]







あ、トンボだ。

P6190140b.jpg



そ~っと静かに、なんとか撮りましたよ。

シオカラトンボでしょうか。

今年、はじめてトンボを見ました。

関係ありませんが、背景の緑の草は田植えが終わったばかりの苗ですよ。



話しは変って鉛筆。
トンボから鉛筆とは、いつもと同じくなんと発想の貧しいコト。
一週間の疲れが溜まっているだけではないようです。
無い袖は振れません。

話しは飛んで三菱。
僕が使っているのは三菱ユニのHBとBです。
シャープペンシルもありますが、鉛筆の書き心地と感触が好きですね。
集中したいときにはわざとナイフで削ります。
削っている間に精神統一です。
そんなご大層なものではありませんけれどね。
毛筆で書くときに墨を磨るようなものですよ。

話しは戻ってトンボ。
このトンボを見つける前に、綺麗な青い糸トンボがいました。
ガサツに歩いていたものですから、逃げてしまいましたよ。
かなり残念。

逃がした魚は大きいのです。
魚ではなく、小さな細い糸トンボでしたけれどね。

まったく関係ありませんが、三菱さんちの銀行の極少額顧客の一人です、僕。

それにしても、コーリンさんやトンボさんの鉛筆は長い間使ったことがありません。
まだ、作っていますよね。


40598分の1 [生物]





出て来い 出て来い 池の鯉。

SDIM0127d.jpg



と、大阪市長選に3番手の得票結果で落選されたマック赤坂さんが、

微妙な節回しで街頭演説されていましたので、載せてみました。

鯉、出て来ましたよ。




話しは変って橋下新市長さん。
見事、他の候補者を桁違いぶっちぎりの当選でした。
とは言うものの投票率は過去最低の23.59%、白票が40,598票もあったとか。
大きな声では言えませんが、僕、そのうちの1票です。

話しは飛んで投票箱。
投票所の小学校に行くと、時間が早かったせいか、みなさん手持ち無沙汰のご様子でした。
投票をしようと投票箱に近づくと、待ってましたとばかりの満面の笑み。
ん?
投票箱のフタが空いていて中が丸見えです。
んん?
一番最初に投票する人に、中が空っぽなのを確認してから施錠するとか。
僕が一番乗りでしたよ。
やったね。
初めての経験をさせてもらいました。
これも橋下さんのおかげです。
ありがとうございます、橋下市長。

で、その橋下市長。
当選後の記者会見に現れたのは松井大阪府知事(維新の会・幹事長)だけでした。
当選した橋下さんはなぜだか登場しませんでした。
ちょっと不思議。

マック赤坂さんが街頭演説で言っていましたよ。
出て来い出て来い、池の鯉。 出て来い 出て来い 橋下 徹 と。
橋下市長、出て来ませんでしたよ、赤坂さん。
かなり不思議です。

註:松井知事の会見の翌日の昨日、橋下市長の単独会見がありましたよ。
    相変わらずの強気発言でした。
    ま、市長としての職責をきちんと勤め上げてください。
 



せめる [生物]

 

 

風が涼しい朝晩になってきた大阪ですよ。

P9230156b.jpg

 

で、少しは秋らしく、とんぼの写真です。

赤とんぼの一種で、どうもネキトンボという種類のようですね。

Googleで調べてみましたよ。

ひとつ覚えましたけれど、来年の今頃にはすっかりと忘れてしまっていることでしょう。

虫、苦手なものですから。

 

話しはかわって、今日も縦位置写真です。
こうなれば今週は縦位置で責めてやれ。
あれ?
責めてやれ?
攻めてやれ?
どっちだったかわからなくなってきましたよ。
こういう時に知識も知恵も中途半端なオヤジは困るのですよ。
もっと勉強しておけばよかったと、自分を責めてしまいます。
あれ?
攻めてみました?
いやいや、この場合は責めてみましたですよ、きっと。

責められるのも攻められるのもご遠慮したい僕です。

 


好物 [生物]

 

 

 

先日、録画しておいた「男はつらいよ 寅次郎わすれな草」を観ながら、

クスクスと笑っていた僕です。


DSC01452d.jpg



 

やっぱり「おいちゃん」役は森川 信さんが一番好きだな~

寅さんもさくらさんも、若いな~

浅丘ルリ子さん、細いなあ~

と、勝手なことばかり思ってお気楽にホワホワと観るのも楽しいものです。

 

 

話しはかわって、寅さんと言えば葛飾柴又帝釈天。
東京時代、寅さんファンの僕、柴又まで足を運んでみました。
鰻が食いたくなって、「あ、柴又で食うのもいいかもしれないなあ」と、そんななり行きでしたよ。
東京の友人と一緒に行ったのですが、そいつの案内で入ったのが川千屋さん。
そのときに初めて食ったのが鯉の洗い。
美味かったですよ。
それからなぜか川魚に目覚めてしまい、そいつに次に教えてもらったのが浅草のどじょう屋「飯田屋」さん。
ここでどじょう鍋に目覚めてしまいました。
大阪ではまず食べられない、食べないのがどじょうです。
美味かった。
持つべきものは地元の食いしん坊の友です。

あれこれ食った東京での唯一苦手な食い物はもんじゃ焼き。
見た目が僕にはよろしくありません。
もんじゃ焼きファンの方、ごめんなさい。
もんじゃ焼きが全国区になれない理由のひとつがあの見た目だと、勝手に思っている僕でした。
もんじゃ焼きファンのみなさん、ますますゴメンナサイ。

 

 

 


デモごとき [生物]






梅雨どきだし、曇り空だし、アジサイでも撮ろうかな。

アジサイ「でも」?

不遜な態度でごめんなさい。

中途半端な意志でごめんなさい。


P5288474b.jpg



 

で、アジサイを撮っていたら、花アブ?が飛んできました。

飛んで火に入る夏の虫ではなくて、飛んで画面に入る梅雨の虫です。

虫、嫌いだけれど、撮ってしまいました。



 

話しはかわって、蚊が一匹。
ときどきどこからか入り込んできて、目の前をこまめに方向を変えながら通り過ぎます。
蚊くらいはなんとか大丈夫なので、たたき潰そうとするのですが、なんとも動きの素早いこと。
一度で成功したことはまずありません。 
両手を思い切りたたき合わせるので、掌が赤くなって痛いですよ。
なんで、蚊一匹ごときのために痛い目にあわなあかんネン。
ちょっとだけ腹立たしいです。
反射神経が鈍い自分にも腹立たしいのです。

蚊一匹「ごとき」。
この場合はかまわないのです。
偉そうでも不遜でもないことに決めた俺サマです。
上から目線?
この言葉は大嫌いだから使わない俺サマなのです。
と言いながら、書いてしまいました。
口ほどにもない俺サマなのです。

ビールでも飲みながら、反省でもするといたしましょう。





 


無駄遣い [生物]




 




オリンパスのマイクロ・フォーサーズ用のマクロ・レンズを買いました。

さっそくの試し撮りです。

PA085035b.jpg


 

やっぱり、まだまだ未熟な僕ですね。

無駄遣いにならないようにしないと・・・ね。



 


ユーモラス [生物]







カマキリの顔は怖いけれど、どことなくユーモラスですね。

PA024168b.jpg




だけれど、やっぱりムシは嫌いです。








さかな [生物]








お彼岸に、お墓参りに行ってきました。

お寺の池の鯉が気持ちよさそうに泳いでいましたよ。


 

P6220542-3b.jpg





水族館や、池に泳いでいる魚を見ても、美味そうだとか食いたいとは思いませんね。

牛舎や鶏舎にいる牛や鶏を見ても食いたいとは思えません。

魚屋や肉屋さんの店頭に並んでいると、食欲が湧いてきますけれど。

食欲の秋です。