So-net無料ブログ作成
検索選択

 [鳥]







梅に鶯、松に鶴。

花札の絵柄でも組み合わせの定番になっています。

P3264696a.jpg



桜に雀。

そんな組み合わせがあってもいいですよね。



話しは変って、食べる。
雀は雑食性のようですが、花は食べないでしょうし、蜜は吸わないでしょう。
ただ、疲れたから桜の枝に止まっていたのかもしれません。
花を食べようかどうか迷って首をかしげているわけではなさそうでした。

話しは変って、焼き鳥。
焼き鳥屋さんでウズラや雀の焼き鳥がありますが、食べたことはありません。
羽根をむしり取ったそのまんまの姿で出て来ます。
雀の姿焼き、かなり食欲減退します。
焼き鳥の定番にはなれません。

たしかに、焼き鳥に間違いはないのですけれどね。
人間はなんと身勝手で残酷なイキモノなんでしょう。




撤退 [鳥]






なんとなくピントをいい加減にしても、なんとなくカモメが撮れました。

P1090408b.jpg



ただし、ピントは超いい加減ですから、どこにも合っていません。

ま、こんなものですよ僕の場合。

早く動き回っているものを撮るのは難しいものだと、つくづくシミジミ実感です。



話しは変って、衝突。
カモメが群れて飛び回っていても、テレビのドキュメンタリーで見たムクドリや渡り鳥、
海の中の小魚が驚くほどの数と密度の集団で飛んだり泳いだりしていて、
いきなり方向転換しても衝突してぶつかることはないようです。
恐るべし身体能力と距離感覚です。

話しは変って、二人。
昨日、ながらスマホのねえちゃんとおばちゃんに別々に衝突しました。
痛くない程度に危険でない程度にわざとらしくなく意図的に、です。
わざわざ衝突してまで「危ないなぁ~」と教えてやる必要はないのですが、
アホには言って聞かせてもわからないから、身をもって経験するしかないのですよ。
でも、たぶん、わかってないやろなぁ。
お年寄りや妊婦さんにぶつかって取り返しのつかないコトになったらどうするねん。

鳥や魚でさえも、自分や相手、集団を守るために動いている間は動きと敵に集中しているのに、
まったく無防備で危機管理もできていない、なんとバカなんだろうと、ついついお節介ですよ。

だけど、もうこんなアホなコトは昨日で止めることにしましたよ。
あまりにもたくさんのながらスマホが野放しにされていて僕ひとりでは面倒見きれません。
ま、誰に頼まれたわけでもありませんから、自主撤退です。

ながらスマホの危険人物には近寄らないようにしますよ。
車内アナウンスでも流れてるもんなぁ。
危険と思えるものがあれば、けっして触れないで車掌までご連絡ください、と。
車掌さ~ん、街中にもいてくださいよ。




食事 [鳥]







早朝の池で魚を探す鳥はコサギでしょうか。

P6170038a.jpg



水面にたくさんいるアメンボウは食べないようですね。

好みの食事は魚のようです。





話しは変って餌。
昼飯をときどき餌だと思う時があります。
時間もなくただただ慌ただしく、空腹を満たしエネルギー補給のために食べるときです。
食事をする楽しみのカケラもありません。
食事ではなく餌ですね。
ちょっと悲しく思いますが、しかたありませんね。

昨日の昼飯、コンビニのおにぎりひとつとヤマザキのアップルパイとヨーグルト。
乳化剤やゲル化剤に酸化防止剤と、やたらにナントカ剤の多い餌でした。

こんな餌ばかり食っていると、僕の身体の成分がナントカ剤だらけになってしまいそうです。
だけど、あまり気にし過ぎると空気まで吸えなくなるので、見て見ないフリですよ。
そうこうするうちに、僕の身体にナントカ剤が溜まって行くのでしょう。
ホントは畜剤より蓄財、ときには散財のほうがいいのですけれどね。
蓄財にも散財にも無縁な僕が、ときどき哀しい。
そっと、腹を見る。






 [鳥]






梅に鶯。

P3264696d.jpg



桜に雀。

なんだか違うような気がします。

ま、こまかいコト、気にしないでください。




話しは変って旬。
桜が咲き始めた頃に撮った今日の写真ですが、使おうと思って忘れていました。
桜の旬が過ぎる頃に思い出しましたよ。
なんとか滑り込みセーフです。

話しは飛んで賞味期限。
食べ物にはありますが、写真にはありません。
旬はあるようですけれどね。

もちろん、人間にもありません。
ひたすら熟成していくハズの生きものですから。
僕、熟成がとまって、発酵しだしたらどうしよう。
ま、そのときはそのときのコトですよ。
なるようにしかなりません。

熟成された方、ときおり見かけます。
羨ましいです。
発酵した方、見たことがないような気がします。
見ないほうがいいかもしれませんね。

話しは飛んで小栗 旬。
安部譲二さんと山田詠美さんの本を読んでいたら、
安部さんいわく、若い時の俺は小栗 旬とそっくりだったんだと自慢話し。
表紙に載っていた安部さんの写真を凝視していたら、たしかに顔の骨格は似ていましたよ。
でも、小栗 旬 ≒ 安部譲二にはなりませんでした。
昔の自慢話しをする人、旬はとっくに過ぎた証です。
発酵しているかどうかはちょっとわかりませんでした。
ひとのフリ見てわがフリ・・・治るワケありません。




 


舞い降りる [鳥]

 

 

鷺が舞い降りてきました。

P1091203c.jpg

 

静かで優美な姿でした。

 

話しは変って雪の朝の大阪です。
うっすらと積もっていますよ。
いつもより静かです。
転ばないように気をつけないとね。

話しは変ってオリンピック。
開会式のライブ放送を横目でチラ見しています。
始まりましたね。
ソチも雪。
大阪も珍しく雪景色。
勝負の女神は日本選手にも舞い降りてくれるでしょうか。
実力も大事ですが、幸運も大事ですからね。
オリンピックって四年に一度の大勝負をする場所ですもんね。

アスリートでも勝負師でもない野次馬の僕は高見の見物です。
それでも、にわかナショナリストになってガンバレ ニッポン!です。

 

 


決定的瞬間 [鳥]

 

 

あ、カモメがとまるのかな。

P1150217b.jpg

 

このあと、見事に足を踏み外して落ちそうになったカモメでした。

連写で撮らなかったので、踏み外す決定的瞬間は撮れませんでした。

残念なり。

 

 

話しは飛んで鳥インフルエンザ。
お隣の国では猛威をふるっているとか。
大阪の鳥は大丈夫でしょうかね。
このカモメ、もしかしてインフルエンザのせいで目測を誤ったのか、バランスを崩してしまったのか。
少しだけ心配です。

で、このカモメ、着地に失敗したあと、どこかに飛んで行ってしまいました。
恥ずかしさのあまり雲隠れしてしまったのでしょうかね。
ほかのカモメのみなさんは知らんぷりでしたけれど。

落ちそうで落ちなかったカモメに敬意を表して、今日のオチはありません。
あしからず、です。

話しは戻って決定的瞬間。
今日のタイトルです。
で、決定的瞬間の写真は無し。
これ、インチキやん。
見出しで気を引いて中身はナシの肩すかし。
まるで三流週刊誌かテレビのワイド・ショーのやりかたやで、おっちゃん。
せめてオチでもあったら、まだマシやねんけれどな。
そうやな~、ちょっと反省。
ごめんなさい。


絶滅 [鳥]

 

なんじゃこりゃ?

ホロホロ鳥でもないし、とりあえず一枚撮っておこう。

カラスくらいの大きさの超地味な鳥でしたよ。

PA160853c.jpg

 

世界に1000羽くらいしかいない絶滅危惧種の鳥だとは知らなかったですね。

ミゾゴイという名前の渡り鳥です。

梅田スカイビルの庭にいましたよ。

大阪のローカル・ニュースで見て驚きびっくりです。

なんで撮ったのかよくわからない僕です。

だって、鳥撮りではない僕ですから。

ニュースで見ていなかったら、たぶんこのブログの記事にもしなかったし、

もちろん写真を載せることもなかったはずでしたが、ここにめでたく登場です。

よかったよかっためでたしメデタシ。

 

 

 

話しはかわって絶滅危惧種と言えば、僕のガラケーもそうかもしれません。
近い将来、生産中止になってしまうかもしれませんね。
そうなると超レア物?
大事に使わなきゃ。
ポケベルもなくなってしまいましたしね。
ポケベルってレア物?

ガラケー、なくなったりしませんよね、孫さん。
孫さんのことだからわからないなァ。
期待するのは止めておこう。

なくなったらなくなったときのコトと諦めましょう。
携帯電話やスマホがなくてもいい環境にしておかないとね。
PCがあれば大丈夫だろうな。

いえ、スマホが嫌いというわけではないのですよ。
僕には必要のない使わない無駄な機能に高いランニングコストを払い続けるのが嫌いなだけのこと。
だって、それってごくごく普通のことだと思えるのですが。
ホントは、早い話がケチなんですよ、きっと。
バレたかな。

 

 


三者三様 [鳥]

 

 

飛び立つ鳥と、我関せずの二羽の鳥。

P9059811b.jpg

 

三者三様それぞれの道を行く、です。

それでも、静かに距離を保ちながら微妙なバランスを取っているようですね。

 

 

話しはかわって、ここに人間が入って行くとこのバランスは崩れ、
この鳥たちは飛び立っていくのでしょうね。
バランスを崩していくのはやはり人間なのかもしれませんね。

ニンゲンとの距離感の持ち方、あまり上手とは言えない僕です。
距離感、むつかしいもんね。

静かな朝の池のほとりでした。

 

 


マイ・ペース [鳥]

 

 

朝焼けの残った空に鳥が飛んで行きます。

 

RIMG0980c.jpg

 

鷺なのか鵜なのか、よくわかりませんが、

近ごろは街中の空にも大きな鳥が群れと言うには小さなグループ?で飛んでいますよ。

カラスやトンビではないような気がします。

自然が戻ってきたのか、行くところがなくなってきたのか。

どちらなんでしょうかね。

 

話しはかわって、ときどき登場する悪友連。
気の合う連中ですが、いつも徒党を組んでいるわけではありません。
楽しくワイワイ飲みたいときにほぼ限定です。
普段の付き合いがあるのは二人だけです。
グループや団体で行動するの、ちょっと苦手なのですよ。
気を遣うの、シンドイしね。
楽しいことはいいけれど、シンドイことするのは出来るだけ避けたいのですよ。
どうすればラクができて楽しいコトができるか、そんなコトばかり考えていますよ。
でもね、手抜きはするけれど、ズルはしませんよ。
はい、マイ・ペースなおっさんです。

僕の辞書ではマイ・ペースを訳すと、
自分勝手、ワガママとなっているのはなぜでしょうか。
不思議です。

まったく関係ありませんが、
「おおらか」は無頓着、「おっとり」は愚図と置き換えられるときが、ときどきあります。
不思議です。

 

 

 


居心地 [鳥]

 

 

水曜が過ぎて今日は木曜日。

木曜が来るとちょっとだけほっとします。

P6259348b.jpg

 

週末までもうすぐです。

ここで気を抜くといけません。

気合いを入れてまいりましょう。

 

 

話しはかわって、天王寺公園で撮ったアオサギです。
ここが縄張りでしょうか。
この場所、居心地がいいのかな。

僕の縄張り、そんなものはありません。
行きつけの便利な場所、居心地のいい場所はありますけれどね。
居心地のいい場所は、めったに人には教えません。
せっかく見つけた居心地のいい場所、居心地が悪くなる可能性が増えますからね。
と、言いながら、僕、どこかでどなたかの居心地、悪くさせていないでしょうね。
う~ん、可能性はゼロではないかもしれない。

まったく関係ありませんが、昨日6月26日は露天風呂の日とか。
さっきニュースで言っていましたよ。
露天風呂、入りたいですね。
温泉でゆっくりのんびりしたいものですね。
行きつけの温泉、残念ながらありません。
ちょっと哀しい。