So-net無料ブログ作成
検索選択

白い一日 [静物]







今日、世間ではホワイト・デーらしい。

一応、義理チョコへのお返しは用意しました。


P3073809b.jpg


 

なんで、お返しするんだろう。

なんでホワイト・デーなんて作ったんだろう。

なんで、ホワイト・デイでなくて、ホワイト・デーなんだろう。

不思議です。

別に、チョコレートをくださいと頼んだわけでもないのに。

と、商業ベースにまんまと乗せられている自分にブツブツ文句です。

これも浮世の義理というものですね。



本音を言えば、義理チョコなんかではなくて、
本命チョコがもらえなかった悔しさなのかもしれません。
本命チョコなんか貰うと、それこそもっと大変なコトになるかもしれないのにね。
と、書きながら、そんなことをちょっとだけでも思ってしまった自分がばかみたいです。
よからぬことは考えないほうがいいのです。

まったく関係ありませんが、今日のタイトルの白い一日。
小椋佳さんと井上陽水さんの合作の曲名です。
昨日、ウォークマンから偶然にも流れてきました。
真っ白な陶磁器、一日見ているといくらなんでも僕は飽きてしまい、よからぬことを考えそうです。
はい、想像するだけです。





捨てる [静物]








日曜日は爪を切る日。

いつの頃からかは覚えてはいませんが、なんとなく僕の中ではそうなっています。

月曜日からの新しい一週間を気持ちよく過ごすための準備、

爪を綺麗に切ってヤスリで磨きます。

週末に伸びた無精髭は月曜日の朝に綺麗に剃ります。

その爪切りの切れ味が急にガクンと落ちてしまいました。

スパッ パチン と綺麗に切れてくれません。

20年以上も使っているからしかたないですよね。

よくもってくれたものです。

で、あたらしい爪切りを探しに行くと、同じモデルが売られていました。

さすがヘンケルさん、同じモデルを作り続けてくれてありがとうございます。

これで、あと20年は爪切りを買わなくてすみそうです。
                            *注1  後ろにあるのが古い爪切りです。
                                       手前、ヘンケルの赤いマークがはっきりしているのが新品ですよ。

DSC06171e.jpg


 

話しはかわって、古い爪切りは処分です。
愛着はあるけれど、思い出の品として取っておくなんてことはしません。
いらないものはどんどん捨てる。
必要なものは買うけれど、いらないものは買わないもらわない、できるだけ家に持ち帰らない。
すると家の中はいつもスッキリ片づけがラクチンです。
で、このステンレス製の爪切り。
生ゴミでもないし粗大ゴミでもないし、普通ゴミなのかな?
ゴミの分別、いつも迷います。









楽しみ [静物]









今日は衆院選の投票日ですね。

ささやかな一票を投じには行くけれど、さて、どんな結果が出てくるのやら。

今回の選挙、ちょっとだけ悩んでしまいました。

民意がどんな結果で出てくるのか楽しみです。



 

PB068462b.jpg







聞いた話しでは、

投票場で一番最初に投票する人に、投票箱を開けて中が空っぽなのを確認してもらうそうな。

ホントなんでしょうかね。

7時から投票開始。

一番最初に行ってみようかな。












 


軟弱 [静物]








DP2 Merrillが欲しい。



 

dp2_merill_product_img.jpg






いや、僕の撮り方&欲しい画像にはあまり必要ない。

だけれど、小さくて軽くて凄い絵が出てくる。

う~ん、とても気になる。

ちょっと、もしかしてかなり、心が揺れ動いています。

昨日も、梅田ヨドバシの売り場で、ついつい買ってしまいそうになってしまいました。

軟弱なのです。









 


あけましておめでとうございます [静物]




あけましておめでとうございます。


edited-3bp.jpg


ことしもよろしくおねがい申し上げます。





冬至 [静物]




昨日は冬至。

ゆずもかぼちゃもないから、イメージで。


PC170373.jpg



これが僕の冬至。

ちょっと無理があるかもしれない。












愉しみ [静物]




ん?

ビールの向こうに見えるのは・・・?



 
P9174882.jpg



 
新しいSONYのカメラ α55では・・・?

そうなんですよ。

だけれど、カタログの表紙なんですよね。

さて、どれにしようかな・・・ニコン・キャノンそれともペンタックス?

あれこれ考えている間も愉しみなのです。