So-net無料ブログ作成

こどもの日 [街]






ソメイヨシノは散ってしまいました。


R0202316b.jpg


また来年お目にかかりましょう。
楽しみにしていますよ。


つつじだと思います。


SDIM4135b.jpg


さつきはもう少し花が小さかったような気がします。
いい加減オヤジのコトですからアテにはできません。


牡丹だと思います、たぶん。


SDIM4183a.jpg


芍薬と牡丹の違いがよくわかりません。
わからなくてもナニも困らないものですからそのままにしています。
向学心も向上心にも欠けるおっさんです、僕。

花の名前に詳しいおっさんもちょっとなぁ、と、思ったりです。
まったく知らないのもイキなオヤジではないし、知りすぎているとなんだか可愛げがないし。
と、ヘンところでちょっとムダな計算をしているのかもしれません。
それこそ、可愛げのないおっさんですよ、僕。






話しは変わって、鯉のぼり。
もうすぐ端午の節句こどもの日です。
観光用や商業用や幼稚園ではたくさん並んだ鯉のぼりを毎年見かけますが、どんどん減って来ているのが一般家庭の鯉のぼりです。
去年あたりから僕の狭い行動範囲の中で、個人住宅の鯉のぼりはまったく見かけなくなってしまいました。
一昨年ほど前まではマンションのベランダに小さな鯉のぼりが飾ってあったりしましたが、今年は見かけません。

引っ越されたのか、こどもが大きくなったのか、さて。
住まいの立地や家庭環境にも影響されているのかもしれませんね。


SDIM4314b.jpg


話しは変わって、菖蒲湯。
僕がこどもの頃、子どもの日には近所の銭湯で、菖蒲の葉をひとまめにした塊りを浴槽にいくつか入れた菖蒲湯がありました。
今でもあるのでしょうかね。
スーパー銭湯でのイベントになっているのでしょうか。
いつの日か、菖蒲湯も鯉のぼりも見かけなく日が来るのかもしれませんね。
時代は変る、です。

話しは変わって、かしわ餅。
こどもの日とくればかしわ餅、です。
かしわ餅はどうもこし餡が標準のようです。
つぶ餡のかしわ餅を探し続けている僕ですよ。
はい、つぶ餡が大好きなものですから。

菖蒲湯がなくなってもナニも困らないのですが、つぶ餡のかしわ餅があればとても嬉しい僕ですよ。
はい、身勝手と言われようがワガママと烙印を押されようが、好きなモノは好きなのですよ。
といいながらもつぶ餡のかしわ餅、僕の記憶に間違いがなければ生まれてから今まで食ったコトがないのですけれどね。

おかあさ~ん、僕のつぶ餡のかしわ餅、どうしたでしょうね。






春色 [街]






春の色です。

SDIM4048c.jpg



菜の花の黄色は綺麗ですが、菜の花のおひたしを食べたいとは思いません。
花は食べていないですよね。


やわらかな春の色がいっぱいの雰囲気に咲いていたボケの花です。

SDIM3979b.jpg



背景がそれなりにボケてくれました。
と、定番のボケ。
大阪人としてちょっとハズカシイ、です。

定番の赤いボケ。

DSC06804b.jpg



今週は梅ではない春の色を載せてみました。
もうすぐ、春、爛漫ですよ。




 

話しは変わって、うっかり。
今月のカードの請求明細に不明な3900円の請求がありました。
なんやねん?
明細を確認して、僕のうっかりが原因だと判明。
がっかり、です。

昨年、通販サイトのアマゾンから何度か買い物をしました。
CDであったり、マイクロSDカードだったのですが、そのときに使ったのがアマゾン・プライムのお試し版でした。
翌日には届くというサービスの一ヶ月お試し版、便利に使ったのはいいのですが、一ヶ月以内に解約をするのをすっかり忘れていました。
その結果、契約したコトになり3900円の年会費が請求されてしまったのです。
自分のうっかりを棚に上げ、アマゾンの計略にまんまとしてやられたり、です。
サービスは無料(タダ)ではないという当たり前のコトが完全にアタマから抜け落ちていました。
大阪人として、とってもハズカシイ、です。

話しは変わって、薄着。

DSC00091b.jpg



どこか屋内の現場で作業中のおっちゃんのようです。
シャツ一枚で堂々の闊歩です。
現場は暑いのかもしれませんね。
昼飯用に買い求められたのか、レジ袋の中には弁当その他が入っていました。
暖かくなってきたとはいえ、まだまだシャツ一枚では寒い大阪です。
伊達の薄着は風邪の素、僕には真似はできません。

コンビニでの食い物調達、これはときどき実践中です。
急ぎのときのコンビニ調達。
食いたいものがないときが多いのがタマに傷。
春の行楽弁当、コンビニにもあるのでしょうかね。
まさか、アマゾンで翌日の時間指定昼飯配達はしてくれないでしょうし、ね。



明日 [街]





 からたちのとげは痛いよ。

P2162471b.jpg



カメラ散歩の途中、風車の丘に続く小道にからたちが植えられているのに、今までまったく気づきませんでした。
白い花を見たような見なかったような、黄色い実も見なかったような。
四月になれば白い花が咲いてくれることでしょう。
見に行くといたしましょう。
思い出すかもしれませんから。


菜の花が満開でした。

P2162358b.jpg



2週間前にはなかった菜の花が、どこからか運ばれて来て植えられていました。
街中の公園の花はどこからか運ばれてくるのです。
自生している花を見つけるとなんだか嬉しくなってきて、綺麗に咲けよと、ついココロの中で応援してしまいます。


桜の花が遠慮がちに高い枝にいくつか咲いていました。

P2162393b.jpg



桜の種類はわかりませんが、この時期に咲くのですからソメイヨシノではないと勝手に決めました。
ソメイヨシノだったらどうしようと思いながらも、誰も困らないから、ま、いいや、です。
春はもうすぐのようです。

ということで、今日の写真を撮った公園の風車のある丘です。

P2162429b.jpg



どこからか運ばれて来た菜の花が植えられています。
庭師のおじさんが花の状態を確認されていました。
老夫婦が仲良く散歩されていました。
風のないおだやかで長閑な朝でした。
菜の花の次にはチューリップの花がこの丘を覆ってくれるはずです。

話しは変わって、春一番。
関西でも和歌山県にはこの金曜日に春一番が吹きました。
大阪はまだですが、明日にも吹くかもしれないとお天気おねえさんが言っていました。
昨年、大阪に春一番は吹きませんでした。
今年はどうなることやら。
春一番が吹かなくても春は来る、です。
大阪城・梅林の開花宣言がこの金曜日に出されました。
昨年より5日遅く、一昨年より10日早い開花宣言でした。
春はもうすぐです。
昔の人は云いました。
明日は明日の風が吹く。
うん、それはまちがいない。





難しい [街]





枯れて倒れたネコジャラシは色が抜け落ちて無彩色になるのですね。

P1010729-7b.jpg



大阪城・梅林のかたすみにそっと横たわっていました。


鳥撮りのご夫婦が教えてくれました。
この鳥はムクドリですが、食べてもあまり美味しくはありませんよ。

P2031712b.jpg



ほろほろ鳥は東京時代に食べましたが、ムクドリは食べたことがありません。

ちょっと離れた木に雀がとまってくれていました。

P2082013b.jpg



鳥を撮るのはホントに難しいものだとつくづくシミジミです。
ましてや飛んでいる鳥を撮るなんて、僕にできる技ではありません。
その前に、鳥が来るのを待つなんてコトは短気な僕にはできません。
カワセミや他の鳥の写真を載せていらっしゃるお方、尊敬してしまいます。

話しは変わって、コンビニエンス・ストア。
梅林の中にあった休憩所&売店がいつのまにかコンビニに変わっていました。
まだ利用したことはありません。
開店する前には帰ってしまうからですよ。
同じ建物にあるトイレはときどき利用しています。

P1140800a.jpg


女性用トイレのマークですが、男性用は反対側にあるものですから陽射しと影がなくて撮りませんでした。
女性用トイレを利用したわけではありません。
念のために、です。

ということで、無彩色だけではさびしいものですから赤系統の色も混ぜてみました。
冬の色から春の色へ、もうすぐですよ。

まったく関係ありませんが、東京時代に焼き鳥屋でのこと。
「するめの丸焼き一丁!」
あ、僕も同じものを!
しばらくして登場したのは皿に乗った「すずめの丸焼き」でした。
すずめのまんまの全身姿で(毛は抜いてありました)美味そうな醤油色にこんがりと焼けていました。
意を決して頭からバリバリと喰らいつきました。
それなりに美味かったですよ。
ただ、二度と注文はしませんでした。
「するめの丸焼き」のほうが精神的にも味も何百倍も美味くて安心です。

鳥撮りのご夫婦、雀も食べはったんやろか。
今度会うことがあれば聞いてみるといたしましょう。 


サイクラメン [街]





赤と緑のポインセチアもいいけれど、この時期のシクラメンのやさしい雰囲気が好きですね。

P1160752b.jpg



ひさしぶりに花が登場した僕のブログです。

なんとなくクリスマス・ツリーです。

P1080913b.jpg


今週末はもうクリスマスですから、少しはクリスマスに合わせてみました。
ま、たまにはいいでしょう。
今週末はおとなしく静かにしているはずの僕です。






話しは変わって、ミスター&ミス。
中学生のときの英語のセンセが奈良女子大卒のなかなか美人な独身年増センセでした。
授業のときに指名する際、かならず名前の前にミスターかミスをつけて呼んでいました。
ミスターあるいる。
なぜだかミスターの発音がきれいな英語ではなく大阪弁丸出しの語尾が下がるミスターでした。

話しは変わって、サイクラメン。
リーダーの授業のときに登場したのがシクラメン。
英語で発音するとサイクラメン(ですよね?)。
めんどくさいから大阪弁イントネーションでなんちゃらかんちゃらシクラメン〇▽◇%‘@#と読んだ僕に、
センセは真っ赤な顔をして怒りました。
ミスターあるいる、英語をなめてるんですか!!!!!
センセ、なめてませんけどミスターのイントネーションがうつったみたいです。
アワワワワワ”$#&%’@:*?!!!!!

その学期の英語のテストはよかったけれど、通知表の評価は2でした。
センセ、ホンマに怒ってはったみたいです。
今なら、親が怒鳴り込んで大問題かもしれませんね。
僕の母親、評価のワケを説明したら、「そらお前が悪い。センセ、更年期かもしれへんしなぁ。おんなの扱いは難しいから気ぃつけなあかんで」

それからウン十年。
今でも女性の扱いは苦手な正直者の僕です。
ちょっとなつかしいシクラメンの思い出でした。





揺れる [街]





風に揺れるコスモス。

P9230109a.jpg



僕もときどき揺れ動きます。
ナニに揺れ動くのかは棚に上げておきます。

風に揺れるフウセンカズラ。

PA221061-3b.jpg



秋の風、気持ちいいですよ。



話しは変わって、弁当。
近頃、家で作られた弁当とおぼしきものを持ったサラリーマンをよく見かけます。
栄養管理なのか経費節約なのか昼休み時間の有効利用なのか、さて。

P1100529d.jpg



写真のサラリーマン氏、右手に持った青い袋に入っているのは弁当だと勝手に推測です。
誰が作ったのかはこの際、モンダイ外としておきましょう。
ナニを食おうかと考えなくていいのと、開けたときのささやかな驚きと喜びが弁当のいいところだと勝手に決めています。
(自分で作ったのなら話しはベツですけれどね)
弁当族ではない僕、ちょっとだけ羨ましいけれど、毎日持って行くのはたぶん面倒くさい。
作るお方はもっとメンドクサイのかもしれませんけれどね。

さて、明日の昼飯はナニを食おうかな。
時間と金に余裕があれば鰻かステーキを食いたいものですよ。
ナニを食おうか、いつもココロは揺れ動きます。
食欲の秋、真っ最中です。



それにつけても [街]






ツリバナの実が赤くはじけていました。

P1220321b.jpg



クコの実にも似た赤い実ですが、食べられるかどうかはわかりません。
クコの実はゴジベリーと言う名前で近頃ちょっとしたブームだとか。
ま、そのうちに飽きられてしまうコトでしょう。


名前を知らない濃いピンクの花です。

PA105407b.jpg



秋っぽい色でした。


コムラサキの実が紫色にかわっていました。

P1120245b.jpg



秋、です。



話しは変わって、天高く。
天高く馬肥ゆる秋、だとか。
たしかに、なんだか空腹感を感じるときがちょっと多いような気がします。
ダイエットしているのでも、貧乏で食えないワケでもないのですけれどね。

R0202853b.jpg



話しは変わって、整理。
あともう少しで今年もお終い。
断捨離ではないのですが、毎年この時期には少しづつブログの整理です。
PCの「お気に入り」の「ソネブロ」に登録しているたくさんの方のブログ、すこしづつ消去しています。
一年ちかくブログを更新されていない方、ブログをやめてしまわれた方を順番に整理しています。
なんらかの事情や都合があったのかもしれないなと、勝手な想像です。
お元気でいらっしゃればいいのですが、そのへんのコトはまったくわかりません。
こんなことを思うのも秋のせいかもしれません。

もの言えば 唇寒し 秋の風  by 芭蕉
唇が寒いわけではありませんがいろんなコトがちょっと寂しく気になる秋です。
もの言えば 唇寒し 秋の風 それにつけても腹が減るなり

食欲の秋のほうがただいまのところ優勢です。
これなら当分は大丈夫な僕のようです。
たぶん。





 


モノクロ [街]





センニンソウです。

P1220168a.jpg



よく行く公園に咲いていましたが、初めて見ました。
今まではタイミングが合わなかっただけかもしれません。


なんとなく鯉、です。

P1110725a.jpg



広島カープの優勝とはなんの関係もありません。
ねんのために。
赤色の苦手なカープファン、いるかもしれません。


やはり赤い色が欲しいです。

P1070843b.jpg



で、彼岸花。
なんと単純な流れでしょう。

で、モノクロ。

DSC00637b.jpg



なんとなく今日はモノクロ風単純な色の写真です。
色彩溢れる写真も好きですが、色を抑えたなんとなくモノクロームな日があってもかまわないでしょう。






話しは変わって、下町。
日本の下町の家は漆喰やモルタルの外壁が多くて、ほぼモノクロームの世界です。
お洒落な西洋っぽい光景もときにはいいのですが、こどもの頃から見慣れた日本の下町の光景が性に合っているようです。
今風で西洋風なここはどこ?的なお洒落な写真、苦手ですしね。

P9295376a.jpg



この建物、外見はとても質素ですが、中はとてもおしゃれなのかもしれません。
歴史を感じるハウス、ですし、ね。
入ったコトはありませんけれどね。

話しは変わって日本家屋。
日本家屋の、必要最小限の道具類で構成された単純な部屋の佇まいが好きです。
余計な色もモノも必要ありません。
色と道具ひとつでどうにでも変化してくれる、そんな日本の家に住んでみたいものです。
昔からの町屋は寒くて暑くて、維持管理がたいへんです。
いまどきの日本建築、高くて手が出ません。
宝くじ、なんとか当てなきゃ。
もう一度、買いに行こ~っと。




さっぱり [街]







残暑お見舞い申し上げます。
夏休みの方もそうでない方にも、お盆がやって来た日本です。

P1110624b.jpg



ふるさとへ帰省される方もそうでない方にもお盆ですよ。

P5200023a.jpg



オリンピック中継を見ようと睡眠不足の方にもそうでない方にも、オリンピック絶賛開催中の八月です。

P5168651a.jpg



墓参りへ行かれる方もお墓にご縁のない方にも、全国もれなくお盆です。(たぶん一部地域を除く、です)
坊さまは忙しくされているのでしょうね、たぶん。
言葉は悪いけれど、かき入れ時かもしれません。


墓参りに行ってきました。
汗、びっしょりになりました。

P1010027b.jpg



手水舎で手を洗い浄めるとなんだかさっぱりとした気分です。
気分はさっぱり、さっぱりとした気分。
使い方でさっぱりの意味がまったく違って来ます。
はい、ただそれだけのコトなんですけれどね。

今日の記事、さっぱりです。
ただいま盆休み中の僕、頭の働きがさっぱりのようです。
みなさんもお気をつけくださいな。
ということで、なんとなく盆らしい写真でまとめてみました。
発想に飛躍もヒネリも普段以上にきれいさっぱりありません。

まったく関係ありませんが、オリンピック中継は見ても高校野球中継には興味が湧かない僕です。
大阪の代表校がどこなのかも記憶の片隅に残っていないくらいです。
さっぱりワヤヤなぁ、です。




舞台裏 [街]






梅雨どきのちいさな贈り物、雨の水滴です。

P1210283b.jpg



この一粒が大洪水の素です。
なんてコトは思わないでください。

池に浮かぶ睡蓮。

P6189160b.jpg



池の水はどこから来ているのやら。
公園の中の小さな人工の池ですから、もしかすると水道水かもしれません。
なんて無粋なコトは思わないでください。

蓮池の水も水道水でしょうか。

P1210320c.jpg



今以上の地盤沈下を防ぐために地下水の規制が強化されて久しい大阪です。
大阪の都心部、海抜マイナス地帯が多いですよ。
洪水も津波も水害に弱いはずの大阪です。
水の都 大阪、健在です。
えらいこっちゃ。

なんてコトを思いながら花や草の写真を撮っていても楽しくはありません。
でも、ときどきふとそんなコトを思ったりするときがあります。
巧緻に作られた自然もどきの公園ですが、場所によっては配管や機器類が丸見えだからでしょうか。
舞台裏を見せる。
これもときには必要なことかもしれませんね。
電車の中で無遠慮&無神経に化粧するのはいただけませんが。
それにしても化粧をする彼女たちの集中力と超絶技巧には感心させられたり笑わせてくれたり、です。




話しは変わって、備える。
細かい雨が降って来たものですから、蓮池近くの東屋で雨宿りです。

P1210172a.jpg



先客の爺さまが一人いらっしゃいました。
テーブルの上には麦わら帽子と雨傘と、サングラスでしょうか。

この写真に写ってはいない爺さまは、床に伏して腕立て伏せの真っ最中でした。
速い!
凄いスピードで腕立て伏せを続けていらっしゃいました。
たいした爺さまです。
筋肉バキバキのマッチョ体型ではなく、ごくごく普通体型に見える爺さまですが、
見せるための筋肉ではなく日常で普通に使うための実用的な筋肉なのかもしれませんね。

腕立て伏せが終わったあと、にっこり笑いながら話しかけて来られました。
畑仕事を続けるためにも筋肉を鍛えてるんですわぁ、お兄ちゃんもちょっとは鍛えたほうがええかもしれへんなぁ。
イザというときにも役立つかもしれへんしなぁ。
と、僕の腹をチラと見ながら鋭い指摘を受けてしまいました。
しんどいのん、苦手ですねん。
と苦笑いの僕でした。
イザというときってどんなときやねん?
素朴な疑問でしたが、あらぬ方向へ話が逸れそうでしたから聞きませんでした。
ま、いいか。

元気な爺さまの舞台裏、ちょっとだけ垣間見てしまいました。
僕には到底マネできません。
ほんま、しんどいのん、苦手ですねん。