So-net無料ブログ作成
検索選択

夢の途中 [街]






朱色の曼珠沙華。


P9230093b.jpg


彼岸花という名前よりも曼珠沙華のほうが好きですね。


台風の影響で昨日から雨の大阪です。


P1200079b.jpg


お稲荷さんの狐も雨に濡れていました。
大雨にならなければいいのですが。






話しは変わって、みんなのうた。
先日、ニュースを見ようとテレビをつけたら「みんなのうた」が始まるところでした。
まだ続いてるんや、この番組。
と思いながらチラ見していたら聞こえてきたのが♪ 揺れながら~ 迷いながら~♪
これ、僕のコトやんけ。
画面を見るとなぜかペンギンの登場するアニメーションが映っていました。
音楽のタイトルは「夢の途中で」、池田綾子さんの自作自演でした。
アニメーションは木下洋子さん、編曲は内山 肇さん。
ちょっと気になっています。
きちんと聴いて見なかったものですから、今日の放送を録画予約しておきましたよ。
ちょっと楽しみ、です。

itunesからこの曲をダウンロードしたときに、ついでにCDジャケットをコピーしました。
池田さん、関係者のみなさん、勝手につかわさせていただきます。
ごめんなさい。


yumenotochuude_icon-800x800b.jpg


♪ 揺れながら~迷いながら~ ♪
エエ年をした老化オヤジでもまだ揺れながら迷いながら生きていますよ。
とても恥ずかしいです。
こどもの頃、大人になったら誰もが迷うこともなく生きていかれるものだと思っていました。
ホントは揺れているのに迷っているのに、人に気づかれないようにぐっとこらえて隠していただけなのだと気づいたのはずっと後のことでした。
これもまたハズカシイ。

こうして堂々と書いているというコトは本気で恥ずかしいとは思っていないのかもしれません。
羞恥心がどんどん稀薄になっていくのも老化現象のひとつかもしれません。
と、勝手に決めました。
進化しているのか退化しているのかはわからない僕、間違いないのは老化は確実に進んでいるコトです。
避けられない現実です。
というコトで、録画したペンギンアニメを眺めながらゆらゆらするのも一興の休暇。
台風、来んといてほしいなァ。

まったく関係ありませんが、ペンギンの登場するアニメと言えばサントリーのペンギンズ・バー。
1980年代に販売された缶ビールですが、CMに登場したのがアニメのペンギンでした。
CMソングは松田聖子さんが歌うSweet Memories。
ちょっと胸キュンのCMでした。
あの頃も今も、ずっと揺れて迷っている僕です。
揺れる機会も迷うコトも減っては来ましたけれどね。
図太くなったのか鈍感になったのか、さて。








あしあと(115)  コメント(8) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

アーカイブ (archives) [街]




大阪市立小学校の夏休みがこの25日で終わったとか。
僕、盆休みはあったけれど夏休みがありませんでした。
ま、いいか。

というワケで、ブログも夏バテ傾向にありますので、このへんでちょっと手抜き。
過去のブログ写真からの再掲載です。
今風に云えば「あるいるアーカイブ」です。
では、ごゆっくりご覧ください。


SDIM1183b.jpg


「頬杖」
http://aruiru.blog.so-net.ne.jp/2014-05-20
 ↑ のURLをクリックしていただくと過去記事の「頬杖」がご覧になれます。


SDIM2087b.jpg
P7302370b.jpg


「花火」
http://aruiru.blog.so-net.ne.jp/2014-07-23
かなり苦手な人物の入ったスナップを集めてみました。
人物もスナップも撮るのはむつかしいものですよ。
P1070815c.jpg


「ゆらゆら」
http://aruiru.blog.so-net.ne.jp/2014-09-23
花を撮るのも難しいものです。
この四枚を選んだ基準は、なんとなく今の気分で好きな写真、です。




と云うことで、超手抜きの今日のブログでした。
それにしても過去のブログ記事文章の短いコト。
これからは短くするように気をつけないといけません。
というコトで、本日の手抜きブログはオシマイです。
短くしないと、ね。

まったく関係ありませんが、楽しむ。
以前の写真を眺めながら、このころは素直に単純に楽しく写真を撮っていたなぁとつくづくシミジミです。
あのころの楽しさと今の楽しさは変ってきているような。
うまく撮ってやろうというスケb心がいつのまにか根を張りだしたようです。
こんなスケb心、なんとか退治しなければいけませぬ。
身の程知らずもいいところ、ですよ。
なんとかなるやろか。






あしあと(132)  コメント(8) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

日本橋 [街]





名前の知らない小さな花と小さな蝶です。


P7310006d.jpg


蛾の一種ではないですよね、これ。


とんぼが止まってくれていました。


P9059849c.jpg


シオカラとんぼだと思うのですが、直射日光を浴びて暑くないんやろか。
と、余計なお世話でした。


超のつくほどに苦手な虫の巣です。


PA317891b.jpg


光にきらめく主のいない巣は綺麗なのですが、写真を撮るのに気をとられて、ときどきうっかり顔に絡まってしまうコトがあります。
大きな声では云えませんが、ちょっとしたパニックになってしまいます。
虫、苦手やねん。
爬虫類も両生類も苦手やねん。
こどもの頃は平気で蛙もをつかまえていたのになぁ。
今は昔、です。






話しは変わって、日本橋。
大阪にも日本橋があります。
東京にあるのはにほんばし、大阪にあるのはにっぽんばし、です。
東京の日本橋ほどに風情のある橋ではありませんが、大阪・道頓堀にも日本橋は架かっています。
もちろん、日本橋という地名も健在です。


R0204038c.jpg


で、大阪市営地下鉄、千日前線・日本橋駅のホームの端っこです。
撮った位置には柵があってそれ以上入ることはできません。
ちょっとだけ無気味な雰囲気です。
怖くはありませんけれどね。

久し振りに日本橋で地下鉄を乗り換えました。
大阪・ミナミのど真ん中地下鉄・なんば駅から一駅、海外からの観光客の団体さんで混雑しています。
賑やかを通り越してうるさいのがC国とK国の観光客。
ヒジャブで頭を覆っているのですぐにわかるイスラム系の方は静かでおとなしいですね。
宗教とお国柄の違いでしょうか。
虫や爬虫類や両生類だけでなくうるさいのとやかましいのと騒々しいのも苦手やねん。
イスラム系の方はエキゾチックな風貌とともにとても好ましいですよ。
テロ系はご遠慮したいものですけれどね。
外見で判断できないのがテロ系、困ったものですよ。
某氏のブログで拝見した大阪府下で撮られた写真に「テロ防止にご協力ください」の立て看板がありました。
どんな協力をしたらええねんやろ?
松井知事さん、無知なおやじに懇切丁寧に教えてくださいな。







あしあと(147)  コメント(6) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ぼちぼち [街]





毎朝、日の出を少し過ぎた頃からセミが鳴き出します。


P1210830c.jpg


はっきりと云って、うるさい。
朝っぱらから暑苦しい。
静かにせんかい!
云ったところで静かになるワケもなく、ただただ我慢、です。
夏の終わりには少し寂しく聞えるセミの鳴き声です。


つゆくさの青が涼しげで綺麗でした。


P1210958b.jpg


桔梗の青紫も綺麗でした。
花びらが四枚の桔梗もありました。


P8150023b.jpg


明智さんちの桔梗紋は花びらが五枚でしたね。
そういえば、坂本龍馬さんちの家紋も桔梗でした。
まったく関係ありませんが、僕の家の家紋は桔梗ではありません。





気がつけば天神祭も終わってしまいました。
本宮の朝、休憩中の囃子方です。
大胆な配色の着物と化粧結びされたたすきが祭り気分を盛り上げてくれます。
坊主頭がキリッと涼しげです。


P7241853b.jpg


腰縄にはさんだ太鼓のバチは四本。
背筋をピンと伸ばした姿勢を保つのにも効果的なようです。
肩にぶらさげた二本のバチとあわせて六本。
太鼓を打つ手は二本。
一度に六本を使って太鼓を打つわけではありませんが、かなりの超絶技のようです。
腹にズシリと響く音です。
休憩をとって、これから炎天下での大熱演です。
威勢のいい太鼓を打つためにも休憩は大事です。
しんどいこっちゃ。
僕にはできません。

話しは変わって、ボチボチ。
昔の人は云いました。
暑さ寒さも彼岸まで。
秋の彼岸まであとひと月以上もあります。
それまではず~っと暑い大阪です。
やすみ休みボチボチゆっくりとまいりましょう。
焦るコトも慌てるコトもありません。

暑いの、苦手ですし、ね。
夏バテ、したくはありませんし、ね。
テキトーに肉食って、スタミナ補給です。
ステーキ、食いたいなぁ。

近頃、焼肉よりもステーキのほうが好みになって来ましたよ。
塩かワサビで食うステーキ、肉の味がしっかりとして大好物です。
焼肉にはビール、ステーキにはワインが似合います。
どちらも大好物の僕、です。
どちらも懐にちょっと痛いのがタマに傷、です。




梅雨の晴れ間 [街]




雨上がりのあじさい。


P1190557b.jpg


亀が二匹、休憩中です。


P1190582c.jpg


首を伸ばしてなにを見ているのでしょうかね。
まったく関係ありませんが、その昔、海辺やプールサイドで甲羅干しをしていたときの僕、ほとんどナニも考えていませんでした。
こどもの頃は、暑いなぁ。かき氷食いたいけど、小遣いが足らへんなぁ。
オトナになったときには、あとでビール飲みたいなぁ、ジン・トニックもええなぁ。
オトナになってしばらく経ってからは、シミになるから甲羅干しは止めとこう、だったようなそうでないような。


雨上がりのアガパンサス。


P1200680b.jpg


ということで、微妙に水繋がりの今日の写真です。
梅雨どきのジトジトではなくサラリとした水の雰囲気でまとめてみましたが、さて。




梅雨の晴れ間。


P1150951b.jpg


ときどき、Tシャツが干されていたハンガーがぽつり。
乾いたから取り込まれたのか、着て行ったのか、さて。
洗濯モノは太陽の下で干すととても気持ちがいいですよ。
からりと乾いたシャツやタオルやシーツ、なんとなく太陽の匂いがするような。
余計な香料や洗剤の匂いは邪魔です。
太陽の匂い、どんな匂いやねん。
語彙不足の僕に説明はできません。






ちょっとだけ [街]






シャガというのは名前もかたちもちょっと不思議な花です。


P5027123c.jpg


漢字で書くと「射干」
読めないですしもちろん書けません。
必要もないから、ま、いいか、です。


ひなげしです。


P1160445b.jpg


漢字では雛芥子。
もちろん、漢字では書けません。
フランス語ではコクリコ・Coquelicot。
聞いたことはありましたが、ヒナゲシのコトだとは知りませんでした。
中途半端な役にも立たない生半可な知識でした。


ということで、五月の薔薇です。


P1180903a.jpg


その昔、ブレンダ・リーさんが歌ったときには「思い出のバラ」というタイトルでした。
そのあと「五月のバラ」というタイトルにかわって尾崎紀世彦さんや塚田三喜夫さん、布施明さんたちが朗々と歌いあげカヴァーしました。
ブレンダ・リーさんのたどたどしい日本語とせつない歌い方が好きでした。
ちょっと胸キュンの思い出、今は昔、です。

「思い出のバラ」に登場する薔薇は赤い薔薇です。
もちろん薔薇は読めても書けませんし、葡萄も檸檬も林檎も蒟蒻も餡子も読めるけれど書けません。
と、なぜか食い物が五つつも続いてしまいました。
PCやスマホが漢字変換してくれるものですから、便利な世の中になったものですよ。
そのぶん、文字を手書きする機会が減り、ますます字が下手になってきている今日この頃です。
困ったものです。




話しは変わって、教養。
漢字を知っていたり書くことができるのは知識です。
知識はあっても教養のないのが僕、困ったおっさんです。
くずし字が読めません。
もちろん書けません。
長兄からいつまでたってもお前の字は小学生の字やなぁとからかわれます。
唯一の長所は誰にも間違いなく読めるコト。
これ、字を書くなかで一番大事なコトです。
読めないくずし字、つづけ文字、これは困ったものです。
長兄や次兄からの年賀状、僕にはほぼ判読不能です。
くずし字を読み書けるのは教養です。
日本人として、ちょっと恥ずかしく思う僕です。
と云いながらも、読んだり書いたりする努力は放棄しています。
めんどくさいもん。


DSC04073a.jpg


歩道に停めた自転車に風船が結び付けられていました。
ふわりふわりと浮かんでなんとなく楽しそうです。
もうちょっとだけ地に足をつけて地道な努力をしたほがよかったかも。
そんなコトはまったく思いません。
済んだコトは済んだコト、僕は僕、です。

明日のためにちょっとだけ頑張ろうとは思いますけれどね。
今日はゆっくり休んで、明日からまた頑張ろう、ですよ。
ちょっとだけ、ですけれどね。
教養も知恵も足らない僕、ちょっとだけひとさまより頑張るしかないもんなぁ。
と、チラと腹を見る。
ムダな栄養は足りているようです。

     追記:塚田三喜夫さんの名前の漢字が間違っていましたので修整いたしました。
            NONNONオヤジさんのコメントで気づきました。
            自動変換してくれても、元の漢字を知らなければ間違いのもと、恥の素。
            こんなあたりまえのコトにあらためて気づきましたよ。
            ありがとうございます。






素朴な疑問 [街]






赤いつつじは先週の登場でした。


SDIM3418a.jpg


今週は白いつつじの登場です。
なんとなく初夏の風情ですね。
白い洗いざらし木綿の半袖シャツを思い浮かべてしまいました。


あしもとに咲いていた小さな白い花です。


DSC03177b.jpg


名前はわかりません。
こんど、庭師のおねえさんに会ったら教えてもらうといたしましょう。
庭師のおにいさんやおっちゃんもいますが、なぜだかおねえさんのほうが訊ねやすいのです。
なんでやろ?


白の次はやまぶき色。


SDIM1009b.jpg


ということでヤマブキです。
なんのヒネリもオチもありません。







話しは変わって、明日。
今日で大型連休もおしまいで、明日からは日常に戻ってしまいます。
カレンダー通りの休暇でしたが、うれしく楽しい時間は過ぎ去るのを早く感じてしまいます。
ま、それもしかたありませんね。
どこかへ行かれた方もそうでない方もなにかとお疲れだったかもしれませんね。
人混みが苦手な僕は家で読書三昧でしたよ。
たっぷり、堪能いたしました。
休暇中だというのに疲れ目気味の僕のつぶらなマナコです。
というコトで目を開けていないときは目を閉じてたっぷりと休ませてやりました。
そのおかげで睡眠も十分です。
満足マンゾク大満足です。

話しは変わって、お持ち帰り。
ずっと家で食事をしていましたが、アイスクリームとケーキと鯛焼きは買い求めて持ち帰りです。
アイスクリームやさっぱりゼリーが美味い季節になってきましたよ。

ときどき通る散歩道にあるテイク・アウト用の窓口です。
ナニを売られているのかは覚えていません。
いつも閉まっている時間にしか前を通らないものですから。


DSC03782b.jpg


TAKE OUT。
お持ち帰りでなくてTAKE OUT。
なんで英語表記なんだろう?
ガイジンさん向けの商売でしょうかね?
素朴な疑問です。
タケちゃんアウト。
タケちゃんには売らないという意味ではないでしょう、きっと。
タケちゃんて、誰やねん?

そういえば、CLOSEだとかOPENだとかSOLD OUTだとかBARGAINだとか、
英単語表記の案内がやたらに目につきます。
ここ、日本ですよね?
素朴な疑問です。

おかしくてつい笑いそうになるのが、単語表記限定なところです。
長い文章での表記はまず見かけません。
長い文章は読めない書けないわからへんもんなぁ。
はい、僕もわかりません。
英単語でなんとなく西洋風なイメージを作るという作戦でしょう、たぶん。
だけど、WAITなんて書かれていたらおいおい命令口調かよとちょっと反感です。
日本には「ただいま準備中です、しばらくお待ちください」なんてやさしい言い方もあるのですけれどね。
ときどき慇懃無礼さが垣間見えてむかつくコトがありますけれどね。

まったく関係ありませんが、東京の営団地下鉄が東京地下鉄になって愛称が東京メトロになりました。
なんでやろ?
地下鉄のままではアカンのかな?
大阪市営地下鉄はずっと市営地下鉄のまま。
民営化になったら名前も変るかもしれませんね。
もしかして、大阪サブウェイ? 大阪チューブ? それとも大阪闇鉄?
どれも大阪には似合いません。

話しは変わって、気になる。
このTAKE OUTの店、ナニを売っているのか気になります。
今度、近くへ行ったら確認してきましょう。
ソースらしきものが入った容器のフタが外れているのも気になります。
僕が食べるわけではないから、ま、いいか、です。

大型連休も終わりました。
一般的にはゴールデン・ウィークとも言いますが、この言葉は和製英語だとか。
ガイジンさんには通じないそうです。
どなたかお試しください。
なんで英語で言うねんやろ?
まったく関係ありませんが、キャリア・ウーマンと言ってもキャリア・マンというのは聞いたことがありません。
これは言葉のモンダイではなく男女差別のモンダイなのか他のモンダイなのでしょうかね?
素朴な疑問です。






こどもの日 [街]






ソメイヨシノは散ってしまいました。


R0202316b.jpg


また来年お目にかかりましょう。
楽しみにしていますよ。


つつじだと思います。


SDIM4135b.jpg


さつきはもう少し花が小さかったような気がします。
いい加減オヤジのコトですからアテにはできません。


牡丹だと思います、たぶん。


SDIM4183a.jpg


芍薬と牡丹の違いがよくわかりません。
わからなくてもナニも困らないものですからそのままにしています。
向学心も向上心にも欠けるおっさんです、僕。

花の名前に詳しいおっさんもちょっとなぁ、と、思ったりです。
まったく知らないのもイキなオヤジではないし、知りすぎているとなんだか可愛げがないし。
と、ヘンところでちょっとムダな計算をしているのかもしれません。
それこそ、可愛げのないおっさんですよ、僕。






話しは変わって、鯉のぼり。
もうすぐ端午の節句こどもの日です。
観光用や商業用や幼稚園ではたくさん並んだ鯉のぼりを毎年見かけますが、どんどん減って来ているのが一般家庭の鯉のぼりです。
去年あたりから僕の狭い行動範囲の中で、個人住宅の鯉のぼりはまったく見かけなくなってしまいました。
一昨年ほど前まではマンションのベランダに小さな鯉のぼりが飾ってあったりしましたが、今年は見かけません。

引っ越されたのか、こどもが大きくなったのか、さて。
住まいの立地や家庭環境にも影響されているのかもしれませんね。


SDIM4314b.jpg


話しは変わって、菖蒲湯。
僕がこどもの頃、子どもの日には近所の銭湯で、菖蒲の葉をひとまめにした塊りを浴槽にいくつか入れた菖蒲湯がありました。
今でもあるのでしょうかね。
スーパー銭湯でのイベントになっているのでしょうか。
いつの日か、菖蒲湯も鯉のぼりも見かけなく日が来るのかもしれませんね。
時代は変る、です。

話しは変わって、かしわ餅。
こどもの日とくればかしわ餅、です。
かしわ餅はどうもこし餡が標準のようです。
つぶ餡のかしわ餅を探し続けている僕ですよ。
はい、つぶ餡が大好きなものですから。

菖蒲湯がなくなってもナニも困らないのですが、つぶ餡のかしわ餅があればとても嬉しい僕ですよ。
はい、身勝手と言われようがワガママと烙印を押されようが、好きなモノは好きなのですよ。
といいながらもつぶ餡のかしわ餅、僕の記憶に間違いがなければ生まれてから今まで食ったコトがないのですけれどね。

おかあさ~ん、僕のつぶ餡のかしわ餅、どうしたでしょうね。






春色 [街]






春の色です。

SDIM4048c.jpg



菜の花の黄色は綺麗ですが、菜の花のおひたしを食べたいとは思いません。
花は食べていないですよね。


やわらかな春の色がいっぱいの雰囲気に咲いていたボケの花です。

SDIM3979b.jpg



背景がそれなりにボケてくれました。
と、定番のボケ。
大阪人としてちょっとハズカシイ、です。

定番の赤いボケ。

DSC06804b.jpg



今週は梅ではない春の色を載せてみました。
もうすぐ、春、爛漫ですよ。




 

話しは変わって、うっかり。
今月のカードの請求明細に不明な3900円の請求がありました。
なんやねん?
明細を確認して、僕のうっかりが原因だと判明。
がっかり、です。

昨年、通販サイトのアマゾンから何度か買い物をしました。
CDであったり、マイクロSDカードだったのですが、そのときに使ったのがアマゾン・プライムのお試し版でした。
翌日には届くというサービスの一ヶ月お試し版、便利に使ったのはいいのですが、一ヶ月以内に解約をするのをすっかり忘れていました。
その結果、契約したコトになり3900円の年会費が請求されてしまったのです。
自分のうっかりを棚に上げ、アマゾンの計略にまんまとしてやられたり、です。
サービスは無料(タダ)ではないという当たり前のコトが完全にアタマから抜け落ちていました。
大阪人として、とってもハズカシイ、です。

話しは変わって、薄着。

DSC00091b.jpg



どこか屋内の現場で作業中のおっちゃんのようです。
シャツ一枚で堂々の闊歩です。
現場は暑いのかもしれませんね。
昼飯用に買い求められたのか、レジ袋の中には弁当その他が入っていました。
暖かくなってきたとはいえ、まだまだシャツ一枚では寒い大阪です。
伊達の薄着は風邪の素、僕には真似はできません。

コンビニでの食い物調達、これはときどき実践中です。
急ぎのときのコンビニ調達。
食いたいものがないときが多いのがタマに傷。
春の行楽弁当、コンビニにもあるのでしょうかね。
まさか、アマゾンで翌日の時間指定昼飯配達はしてくれないでしょうし、ね。



明日 [街]





 からたちのとげは痛いよ。

P2162471b.jpg



カメラ散歩の途中、風車の丘に続く小道にからたちが植えられているのに、今までまったく気づきませんでした。
白い花を見たような見なかったような、黄色い実も見なかったような。
四月になれば白い花が咲いてくれることでしょう。
見に行くといたしましょう。
思い出すかもしれませんから。


菜の花が満開でした。

P2162358b.jpg



2週間前にはなかった菜の花が、どこからか運ばれて来て植えられていました。
街中の公園の花はどこからか運ばれてくるのです。
自生している花を見つけるとなんだか嬉しくなってきて、綺麗に咲けよと、ついココロの中で応援してしまいます。


桜の花が遠慮がちに高い枝にいくつか咲いていました。

P2162393b.jpg



桜の種類はわかりませんが、この時期に咲くのですからソメイヨシノではないと勝手に決めました。
ソメイヨシノだったらどうしようと思いながらも、誰も困らないから、ま、いいや、です。
春はもうすぐのようです。

ということで、今日の写真を撮った公園の風車のある丘です。

P2162429b.jpg



どこからか運ばれて来た菜の花が植えられています。
庭師のおじさんが花の状態を確認されていました。
老夫婦が仲良く散歩されていました。
風のないおだやかで長閑な朝でした。
菜の花の次にはチューリップの花がこの丘を覆ってくれるはずです。

話しは変わって、春一番。
関西でも和歌山県にはこの金曜日に春一番が吹きました。
大阪はまだですが、明日にも吹くかもしれないとお天気おねえさんが言っていました。
昨年、大阪に春一番は吹きませんでした。
今年はどうなることやら。
春一番が吹かなくても春は来る、です。
大阪城・梅林の開花宣言がこの金曜日に出されました。
昨年より5日遅く、一昨年より10日早い開花宣言でした。
春はもうすぐです。
昔の人は云いました。
明日は明日の風が吹く。
うん、それはまちがいない。