So-net無料ブログ作成

彼岸 [街]





春のお彼岸も終わりました。
大阪・四天王寺さんの境内の桜はまだちらほらと二分咲きほどでしたので、開いている花を選んで撮ってみました。


P1260608c.jpg


今週中には満開になるらしいと、テレビのお天気姉さんが話していましたよ。
花より団子。
まだぼたもちを食べていません。
美味いぼたもちを見つけないと、です。


彼岸だからでしょうか、献灯のろうそくがたくさん灯されていました。


P1260614b.jpg


それぞれにいろいろな思いを込められているのでしょう。
僕はいたって簡単です。
手を合わせながら簡単な現状報告と、見守っていてくださいと勝手な願いです。


四天王寺さんの中心伽藍を取り囲む回廊にある中門の仁王さん、木肌のままだったのがとてもカラフルにヘンシンしていました。
まったく気づきませんでした。
中門にまで回って来るコト、久しくなかったものですから。

阿形の仁王さんはサーモン・ピンクに染まっていました。


P1260632b.jpg


吽形の仁王さんは青くなっていました。


P1260630b.jpg


四天王寺・東大門にいらっしゃる一回り小さな阿形の仁王さんは緑色なのですけれどね。
こまかいコトは、ま、よろし、です。
それにしても血管がぶちぎれそうな緊張感です。
木を削ったノミの跡が一段と生々しく見えました。
夜、揺れるロウソクの灯りで見ると怖いやろなぁ~。
悪いコトできへんと思うやろなぁ~。
彼岸のお参りのあと、そんなアホなコトを思ってしまったバチ当たりなおっさんでした。
と、今日は墓参りの帰りに立ち寄った四天王寺さんで撮った写真でまとめてみました。
お彼岸ですもん、ね。







あしあと(125)  コメント(4) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

成果 [花]





スノーフレークです。
やわらかなみどりと白の組み合わせが春です。


DSC03977b.jpg


スノードロップという名前のよく似た花もありますが、今年になってやっと区別することができました。
写真を始めたころには、あ、スズランが咲いているとアホな勘違いをしていましたけれどね。
学習能力はあるようです。
ほっ。


気がつけば、職場近くの公園の日当たりのいい場所にこぶしの花が満開になっていました。
青空に満開の白い花がきれいに映えてくれました。
今日は春の白い花をふたつ、です。


P1150963c.jpg


モクレンとの違いがやっと区別できるようになった今日この頃です。
同じ公園にあるモクレンの木の蕾は膨らんで来ましたが、まだ花は咲いていませんでした。
花開くまでもうすこし待つといたしましょう。




話しは変わって、心配。
こぶしの咲く公園の近くにあるコンテナを利用した飲み屋さんのようです。
青いコンテナに赤い自転車の組み合わせが目を惹きます。


R0204296b.jpg


ときどき、この前を通りながらちょっと心配ごとがひとつふたつ。
空調はどうなってるんやろ?
トイレはどうなってるんやろか?
トイレがなかったら困ったコトになるやろなぁ。
入ったコトがないものですから、わかりません。
わからないけれど、ちょっと心配。
大きなお節介ですね。
酒を飲むとトイレが近くなる僕、やっぱりちょっとだけ心配です。

おっちゃん、他に心配するコト、たくさんありますやろ。
そうやなぁ、企業のデータ改ざんや省庁の公文書改ざん、世の中ごまかしとウソの大安売りみたいやしなぁ。
このブログに改ざんは・・・ウケ狙いでときどきあります。
改ざんの成果のほどは、さて。
僕のブログ、大企業や省庁並みかもしれないなぁと、方向違いの大きな勘違い。
学習能力、ホンマにあるんやろか、僕。

某氏のブログのように、修正前の言葉や文章に線を入れて修正後と並べてわかるようにするといいかも、です。
よし、それで行こう。
とりあえずは学習能力、あるみたいです。
ほっ。






あしあと(125)  コメント(4) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

春一輪 [花]





梅一輪 一輪ほどのあたたかさ  by 服部 嵐雪


P1260364b.jpg


芭蕉さんの弟子、嵐雪さんの句ですが、嵐も雪もご遠慮したいものですよ。


ぼけ一輪。


P2071862a.jpg


ぼけを詠んだ句は残念ながら知りません。
ボケもオチもありませんが、そこんところヨロシク、です。


椿一輪。


P1140030b.jpg


椿というのは木に春と書くことにあらためて気づきました。
椿の花は好きですが、榎や楸や柊の花は見たことがありません。
あとで調べてみるといたしましょう。




話しは変わって、見えない。
大阪の水上バスには乗ったことがありません。
船に乗って大阪の街中を眺めたコトはありません。
わざわざ見たいとも思わないのですよ。
川のずっと先に見えるオレンジ色の電車が走るJR大阪環状線にはよく乗ります。
この川に架かる鉄橋を渡るとすぐ右側は大阪城公園駅です。
車窓から見える大阪の街中、なんだかゴチャゴチャしていてあまり綺麗ではありません。
それが大阪なんですけれどね。


R0204175c.jpg


川の向こうに見える煙突はゴミ焼却場の煙突です。
煙が出ているところを撮りたかったのですが、煙は見えませんでした。
まだ10時前でしたから焼却炉が運転していなかったのかもしれませんね。
空の色も水の色も木も、まだ春の色ではなかった大阪城公園駅前でした。

今日から大相撲・春場所が大阪で開かれます。
春場所が終わるころ、桜が咲き始める大阪です。
大阪場所ではどの力士が花開くことになるのでしょうか、ちょっと楽しみです。
若い力士の台頭が面白そうですよ。
大阪の春、これからです。
僕の春、とっくに過ぎてしまいました。








あしあと(121)  コメント(6) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

 [花]




前回はピンクの梅でしたから、今週は白梅です。
これでどちらも登場、不公平なし、です。


P2031548b.jpg


と、書きながらも白梅のほうが好きな僕です。
凛とした気品ある佇まいに惹かれます。
種類がたくさんありすぎてひとつひとつの名前を覚えられませんから全部あわせて白梅、です。


P1030235c.jpg


と、書きながらも八重の白梅はちょっと苦手です。
ちいさく丸く、いかにも梅という姿が好きですね。
ということで、八重の白梅をちょっと離れて撮ってみました。


P2031554c.jpg


大阪城・梅林の梅、まだまだこれからが春本番です。
梅の旬、ただいま真っ最中ですよ。





話しは変わって、春一番。
三月一日の木曜日、大阪にも春の嵐が吹き荒れました。
そんな日の昼飯どき、まだ風がときどき強く吹いていました。
強風被害に備えてか、ホテルのバイキング料理の垂れ幕が下げてありました。


R0204191b.jpg


ん?
春は鮪だ!ですか・・・?
鮪の旬は春なのかい?
春は鰆ではなかったのかな?
こまかいコトは、ま、よろし。
気が向いたら調べるといたしましょう。
鮪の食べ放題、まったく興味がないものですから。

話しは変わって、くぎ煮。
兵庫と大阪の春に欠かせないのがいかなごのくぎ煮です。
しらすと同じような大きさの小魚の佃煮です。
今年のいかなご漁解禁日は2月26日でした。
今は、獲れたてのいかなご1kgは2000円ほどで推移しているようです。
ただ今いかなごの旬、真っ最中です。
今年はおいしく煮込んだくぎ煮を4kgも送っていただきました。
ごはんがすすみます。
ありがとうございます。

で、旬。
食べ物に旬があるのなら人生にだって旬はあるのかもしれません。
僕に旬はあったのかな?
正直云って、よくわかりません。

昔の人は云いました。
大器晩成。
もちろん大器ではない僕にはご縁のない言葉です。
早熟でもなかった僕の旬はいつなんでしょうかね。
早旬、晩旬、万年旬、さて?
鈍感でアホな勘違いオヤジに旬ははじめからご縁がないのかもしれません。
ま、いいか。
わからないのなら、ず~っと今が旬だと思っていましょう。
そのほうがなんとなく楽しそうですもん。

    まったく関係ありませんが、ちょっと一句。

           若き日の しくじり持ってけ 春嵐     by 中野 翠

    ぜ~んぶ持ってってくれたら、少しは身軽になれるのかもしれません。







あしあと(120)  コメント(6) 
共通テーマ:趣味・カルチャー