So-net無料ブログ作成

静かな生活 [街]







睡蓮の肖像画。

P5200045b.jpg



そんなイメージで撮ってみました。
静かな睡蓮です。

アジサイの肖像画。

P1190372b.jpg



これもそんな風に撮ってみました。
やさしいアジサイです。

ビヨウヤナギは小さな銀河のようだといつも思ってしまいます。

P1190197b.jpg



宇宙を孕む花でしょうか。
コスモスを見ても宇宙を感じないのですけれどね。
行ったコトはありませんが、宇宙は静かなのでしょうかね。


話しは変わって、眺める。
木や植物や花を眺めていると気持ちが穏やかになります。
静かで穏やかな生活を送りたいものだと思うのですが、なかなかそうは行かないのが現実です。
新聞もテレビも穏やかでない危なくて物騒なニュースで賑わっています。
明日は我が身かも、です。
そんなコトを思い浮かべると、静かで穏やかな気分にはなれません。
ナニも感じないのならハナシは別ですけれど、そこまで逞しくも無神経でもないようで、一応、人並みにはいろいろなコトを感じ取っているようです。
高見の見物をしながらも無関心ではなさそうですしね。

P1190517a.jpg



窓を覆いそうなツタの絡まりようです。
窓の部分だけは手入れされているのかもしれませんね。
外が見えない上に、開閉できなくなったら困りますもんね。
静かな室内から緑の葉っぱ越しに見える景色はどんなでしょうかね。
眺めてみたい気もします。

話しは変わって、虫。
これだけツタが絡まっていると、虫もたくさんいるんだろうなぁ。
虫が這っているのをガラス越しに見るのはイヤやなぁ。
窓を開けたら、虫が入ってくるやろなぁ。
虫、大の苦手です。
ツタに覆われた家、雰囲気はあるけれど遠くから眺めているだけでいいですよ。
住みたくはありません。

まったく関係ありませんが、爺さま。
広島・平和公園でオバマさんがスピーチのあと、原爆被害者の方たちと少しだけ言葉を交わされました。
テレビで全世界に報道されてるんやろなぁ。
誤解されたら困るなぁ。
そんなコトを思ってしまいました。
お二人の原爆被害者の爺さまと言葉を交わされた映像。
原爆被害や放射能被害についてナニも知らない方は、「原爆被害にあっても80ちかく90歳過ぎて元気に生きられるのか。被害者でない人より長生きですよ。これは大丈夫だ」と、大きな勘違いをするかもしれません。
無知と誤解は罪です。
罪深い僕ですよ。
えらいこっちゃ。

彼らがなぜ今もそれなりに元気に見えるような暮らしができているのか。
きちんと誤解のないように世界に知らせてほしいものですよ。
テレビニュースの画像を眺めているだけでは、わからないコトばかりの世界です。
こんなコトを思っているようでは、静かで穏やかな生活は無理なのかもしれませんね。
オバマさんと言葉を交わした爺さまも後ろの席に座っていたお年寄りたちも、静かで穏やかな生活を送りたかったのかもしれません。





三原色 [花]






赤い薔薇に残った雨の雫。

P1180146b.jpg



雨上がりにしか公園に行けないタイミングが続いています。
梅雨時になったらどうなることやら、ですよ。


アガパンサスが一本だけ公園の薔薇園の片隅に咲いていました。

P1180779b.jpg



形が好みではなかったので、雨の雫の残った部分だけ撮ってみました。


ビヨウヤナギが咲いていました。

P1100860b.jpg



咲くのが今年はちょっと早いような気がしますが、ま、いいか、です。

話しは変わって、三原色。
光の三原色は赤・青・緑。
ぜんぶ混ざると無色透明になります。
色の三原色は赤・青・黄。
ぜんぶ混ざると黒になります。

木の葉の緑を映す水面です。

P5180529b.jpg



通り抜ける風も涼しげでしたよ。
これで、赤・青・黄・緑の4色が揃いました。
いつもより写真が一枚多くなってしまいましたが、たまには、ま、いいか、です。






話しは変わって、光の透明感。
これを写真であらわすのは僕にはなかなか至難の技です。
ディスプレイの背面からの光を通した透過光でこのブログをご覧になっていただいていますが、プリントをして光の透明感を表現するのも至難の技です。
だからプリントをするコトはありません。
悲しいコトに透過光で誤魔化しています。
プリントしておきたい写真を撮るコトができたら試してみるかもしれませんけれどね。
光の道も難しいのですが、色の道も険しいものですよ。

話しは変わって、光と影。
というよりは光と陰。
暑い日が続く大阪です。
気がつくといつのまにか、日陰を選んで歩いています。
街中ではアスファルトや建物の輻射熱で気象庁発表の気温よりも確実に3℃は高い大阪です。
風のない日の体感温度はもっと上がるコトでしょう。
暑いの、大の苦手です。
汗、噴き出してしまいます。
タオルハンカチが手放せません。
オッサン丸出しですが、そんなコト気にしている場合ではありません。
普通のヤワなハンカチでは使いものになりませんから。
実利優先の夏、です。
気合いや根性で汗は止まってくれません。

R0200327a.jpg


話しは変わって、痩せる。
真夏でも夏痩せをした経験がありません。
徹夜をすると一晩で確実に2㎏は体重が落ちるのに、ヘンなおっさんですよ、僕。
今年も夏痩せにはご縁がないのかもしれませんね。
ま、いいか。

話しは変わって、塗る。
大きな声では恥ずかしくて言えませんが、シミ予防効果のあるスキンクリームをもう何年も髭剃りあとに使っています。
シミが出来ていないから効果はあるのでしょう、たぶん。
逆光や斜光で撮る写真が好きなものですから、太陽に顔を晒し続けてもいますしね。
お天道さまに顔向け、できています。

バンテリンを使い続けています。
左肩の五十肩がまったく良くなってくれないものですから。
左利きなものですから、咄嗟のときに使う左手に激痛が走るときがあります。
なんとかならんかのォ~ ど~したもんじゃろのォ~ ですよ。

制汗&消臭効果のあるAg+を使っていましたが、Ag24のほうが効果が大きいと、悪友連情報がありました。
今年から、替えてみるつもりです。
さて、どうなるコトやら。

と、なんだか塗りまくってばかりいるおっさんの夏になりそうな予感です。
シミ&五十肩&防臭の三重苦の今日この頃です。
いまのところシミにはご縁がないのですけれどね。
シミ、このままあまりお近づきにはなりたくありません。
今日も一日、日陰の身です。


ええトコ [花]





白い薔薇です。

SDIM1281a.jpg



スノー・フレークという名前の白い花です。

DSC04010a.jpg



名前を知らない白い花です。

SDIM4286f.jpg



白い花がいっぱいの今週の花写真です。


話しは変わって、本がいっぱいの図書館。
大阪・中之島、大阪市庁舎の東側に立つ大阪府立中之島図書館です。

R0203733c.jpg



この建物は国の重要文化財ですが、この春、リニューアル工事で階段上正面入り口がガラス張りの自動ドアに変わりました。
リニューアル前は木製の重厚な正面ドアは閉められたままで、階段下左右にある小さな出入口だけが利用できました。
やっと正面から堂々と入れるようになりましたよ。
誰もが利用できる開かれた施設はこうでないと、ね。
と、言いながらもリニューアルされてから一度も入ったコトがありません。
東大阪市に新しく府立図書館が出来てから、ここは大阪史や経済関連の図書専門になってしまいましたから。
もちろん、はるばる東大阪市へ行くコトはありません。

話しは変わって、住友さん。
この図書館の正面入り口上部には「大阪圖書館」と右から左へ向かって浮彫りされています。
明治時代に住友さんが近代都市になった大阪に図書館は必要やろと、建物と蔵書資金を一緒に寄贈してくれはったそうです。
そういえば住友さん、天王寺公園も美術館も美術品の購入資金も寄付してくれはりましたよ。
大阪への文化貢献度が高い住友さん、ありがとうございます。
昔の金持ちは、文化のパトロンでもありました。
今は昔、です。
今、世間を賑わせているパナマ文書に代表される節税対策代りだったのかもしれないなと、下司の勘繰りもちょっとあり、ですけれどね。
当時の税制や納税額、その気になれば中之島図書館で調べられるのですが、メンドクサイからその気になりません。
と言いながらも、国立西洋美術館の松方コレクションや数々の企業・個人美術館や図書館、資料館も日本中に点在しているのですから、日本の文化度もなかなかのものですよ。

話しは変わって、地味。
今日の写真はどれも地味で、4枚続けて眺めると地味度が一段と上がるような気がします。
地味な写真、大好きですけれどね。

というコトで次回は色あいのはれやかな雰囲気の写真を載せられるように努力いたしましょう。
僕好みの綺麗な被写体がなかなか見つからない&見つけられないだけなんですけれどね。
綺麗な被写体をいっぱい、住友さんかどなたかプレゼントしてくれはれへんかなぁ。
と、他力本願な僕です。

街中をよ~く精査したらいっぱいあることに気がつくハズやねんけれどなぁ、いつもドコ見て歩いてんねん、おっちゃん。
大阪、なかなかええトコやで。

ほんまやなぁ。
大阪市内にある24の市立図書館、僕の書庫代りやもん。
ほんに、ええトコや。

 



いっぱい [街]






みどりの葉っぱがいっぱいです。

P1170650c.jpg



みどりのグラデーションが綺麗ですが、名前の知らない植物でした。

太陽がいっぱいの季節が近づいて来ます。

P1100466b.jpg



それまでは新緑がいっぱい、です。
暑い季節、大の苦手です。

黄色がいっぱいです。

P1170941c.jpg



夜に降った雨の名残りか、雨粒がひとつだけ残っていました。


話しは変わって、憲法記念日。
5月3日は憲法記念日でしたが、現行の日本国憲法が制定されたのは1946年11月3日。
その6ヶ月後に施行されたとはまったく知りませんでした。

話しは変わって、石川健治さん。
最近、マスコミに登場する機会が増えているのが憲法学者の石川健治さん。
数年前まではまったく知らないお方でした。
自分の国の憲法くらいはちょっと勉強しとかんとあかんなぁと、長谷川 正安さんの「日本の憲法」を読んだのが数年前。
憲法だけでしたら、前文と全11章 103条ですから、30分もあればゆっくりと読めてしまうのですが、堅い文章がしんどかったですね。
なかなか気合いが入りませんでしたが、なんとか読了しました。
で、それ以来、憲法関係の新聞記事やネット記事をちらちら眺めながら気になっていたのが、石川さんと彼の師・樋口 陽一さんでした。
当然のことながら世間の賛否が分かれるお二人ですが、かなり興味シンシンです。
図書館にお二人の著書を予約しておいたから来週にでも借りられるでしょう。
しんどいかもしれませんが、気合いを入れて読むといたしましょう。

まだまだ知らなければいけないこと、いっぱいあります。
もしかしたら、学校の勉強よりも社会に出てからの勉強のほうがシンドイかもしれません。
仕事では「成果」「結果」につながる勉強ですが、ワタクシゴトでは成果のほどがハッキリとはわかりませんからね。
ま、なんとかなるでしょう。
知らないコト知りたいコト、いっぱいありますもん。
知ったところでナニがどう変わるというほどのコトは残念ながら多くはありません。
自己満足の世界ですよ、これは。

話しは変わって、祝日。
もし、もしも憲法改正が決まったとすると、憲法記念日が変って祝日が1日増えるんでしょうかね。
平成になってから、天皇誕生日がみどりの日になって、いつのまにか昭和の日に名前が変ったように、
5月3日の憲法記念日が名前を変え、あたらしく憲法記念日が増えるかもしれませんね。
若くて遊び盛りの頃なら休日が増えることには手放しで喜んでいたかもしれませんが、
これからの僕にもう1日くらい休日が増えたところで大勢に影響することはほとんどありません。
歳やなぁ~と、ため息。
能天気やなぁと、しみじみ。


話しは変わって、こいのぼりがいっぱい。

R0202388b.jpg



G・W前にこの写真の空間にたくさんの鯉のぼりを設置するところを見ました。
片づけるところはまだ見たコトがありません。
そういえば、ものを片づけるところはあまり人さまに見せるものではなさそうですし、
ほとんどの場合、僕が興味を持つコトはありません。
気がつけばいつのまにかこっそりと片づけられていたコトが多いようです。
こっそり、ひっそり、どさくさに紛れて。
なんだか胡散臭いものがいっぱいありそうです。
最近、ニオイに鈍感になって来たような気がします。
歳のせいなのか、そんな風に染まってしまっているのか、さて。

この鯉のぼりたちはまったく胡散臭くありません。
このビルにはドイツ領事館が入っていますから、ひょっとしたらテロが起きるかもしれへんなぁと、
勝手に想像空想妄想しています。
梅田新道近くにあるアメリカ領事館にはできるだけ近づきません。
お気楽に写真を撮ってる場合ではないかも、ですよ。
危険がいっぱい、いややなぁ。
自分の命は自分で守らんとなぁ。




 [花]





さつきの花です。

P4236763e.jpg



つつじではありません。

この花はつつじです。

SDIM4259b.jpg



さつきより花も葉っぱも大きいのですが、この2枚の写真ではわかりにくいですね。
じっさいに見比べるとよくわかります。
自分で見たもの、調べたものはしっかりと覚えられますしね。

ということで、これもつつじです。

SDIM4169b.jpg



皐月と躑躅、なんとか見分けられますが、漢字では書き分けられません。
困るコトなにもないから、ま、いいか、です。

先週は白い花ばかりでしたから、今日は赤い花ばかりにしてみました。
白いつつじをご覧になりたい方は、先週の記事をご覧ください。





ということで、赤。
赤い花に合わせて赤い街角写真です。

R0203738a.jpg



赤は夜になると黒っぽく見えますから、そんなに派手には感じません。
色の分量もありますけれどね。
遠景のビルがすべて赤色だったら、それはもう公害、嫌がらせです。
京都・祇園にあるべんがら色の塀や格子、平安神宮の大鳥居、はたまた奈良・春日大社の赤。
あれはあれでなんだか日本的な色で素敵なんですけれどね。
色の分量と落ち着いた赤色のせいでしょうかね。
日本人の色彩感覚、なかなか不思議に素晴らしいです。

まったく関係ありませんが、東京オリンピックのエンブレム。
藍色か紺色なのか微妙なところでわかりませんが、日本的な色とかたちですね。
目に入っても邪魔にならないシンプルさがいいです。
じわりジワリと馴染んでくる飽きのこないデザインのようです。
なんとなく好きですよ。

どんなオリンピックになるんでしょうかね。
オリンピック、はしゃいでいる場合ではないと思うねんけれどなぁ。
決まったものは仕方ありません。
無事に始まって無事に終わってくれるといいのですけれど、さて。
せめて東北や九州の復興の邪魔をしないでいてほしいものです。
復興に莫大な予算がかかり、オリンピックで大赤字となったら、これはえらいコトですよ。

と、むりやり「赤」でまとめてみました。
G・Wに入ったばかりのカレンダー、まだまだ赤色の日付が続いてくれます。
カレンダー通りの僕のG・W。
10連休なんて夢のまた夢。
それでもうれしい連休です。
いっぱい本を読んでやろう。

話しは飛んで金色。
G・Wやねんから、赤ではなくて金色特集と違うんかいな?
はい、違います。
色男 金と力はなかりけり ですから。
色男でもなかりけりですけれどね。
おっちゃん、カネやなくてキンの話しやねんけれどなぁ。
ま、こまかいコトはよろしいやん。