So-net無料ブログ作成

春一輪 [花]





梅一輪 一輪ほどのあたたかさ  by 服部 嵐雪


P1260364b.jpg


芭蕉さんの弟子、嵐雪さんの句ですが、嵐も雪もご遠慮したいものですよ。


ぼけ一輪。


P2071862a.jpg


ぼけを詠んだ句は残念ながら知りません。
ボケもオチもありませんが、そこんところヨロシク、です。


椿一輪。


P1140030b.jpg


椿というのは木に春と書くことにあらためて気づきました。
椿の花は好きですが、榎や楸や柊の花は見たことがありません。
あとで調べてみるといたしましょう。




話しは変わって、見えない。
大阪の水上バスには乗ったことがありません。
船に乗って大阪の街中を眺めたコトはありません。
わざわざ見たいとも思わないのですよ。
川のずっと先に見えるオレンジ色の電車が走るJR大阪環状線にはよく乗ります。
この川に架かる鉄橋を渡るとすぐ右側は大阪城公園駅です。
車窓から見える大阪の街中、なんだかゴチャゴチャしていてあまり綺麗ではありません。
それが大阪なんですけれどね。


R0204175c.jpg


川の向こうに見える煙突はゴミ焼却場の煙突です。
煙が出ているところを撮りたかったのですが、煙は見えませんでした。
まだ10時前でしたから焼却炉が運転していなかったのかもしれませんね。
空の色も水の色も木も、まだ春の色ではなかった大阪城公園駅前でした。

今日から大相撲・春場所が大阪で開かれます。
春場所が終わるころ、桜が咲き始める大阪です。
大阪場所ではどの力士が花開くことになるのでしょうか、ちょっと楽しみです。
若い力士の台頭が面白そうですよ。
大阪の春、これからです。
僕の春、とっくに過ぎてしまいました。








あしあと(121)  コメント(6) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

あしあと121

コメント 6

コメントの受付は締め切りました
tommy88

千秋楽の日はちょうど荷物を下ろす日です。21日に荷物を積み込み、簡単な掃除をして、我々は深夜のフェリーに乗ります。苫小牧発、大洗行きで、22日の夜に到着です。市川のホテルに泊まって、翌23日はイチバンで住民票の移動、午前中に売買契約。完了後、鍵を受け取り仏壇とコンピュータと車で積んだ荷物だけで入居です。その日のうちに、リンナイで床をコーティングしてしまいます。24日は、北海道が生んだ名店ニトリで家具とカーペットを買います。また、エアコンは必需品で電気店を巡ります。冷蔵庫はすでに購入した物を、指定日で到着を待ちます。そして25日、搬入が全て終了し、新しい生活が始まります。妻がまだ若い二十歳のころ、初めて新宿で呑んで、終電で市川まで送りました。じゃあここでって別れた場所は今でも覚えていて、そのすぐ近くが新しい住居になります。犬のようなマーキングをした記憶はないのですが、本当に帰ってきちゃったって、自分は江戸っ子ではないかなと思うのでした。終電で送ると、帰りは始発になるので試練が与えられます。気分はヒーローだから、どんな試練でも乗り越えちゃうのでした。それもいまは良い思い出です。◆学生時代、編集のアルバイトをしていて、校正はかなり自信過剰でした。3校まで行くことは、ほとんどなかった記憶があります。最近は、加齢より疲労感から来る過労でしょうか、単なる変換ミス以前の、認識ミスによる誤記が連続します。困ったものですが、物忘れ症にはなりたくありません。◆宝塚の叔父貴はまだ入院したままで、食事は受け付けず、点滴です。肺炎はまだ完治しておらず、抗生物質の相性探しのようです。物忘れ症の度合いは増したようで、心配です。その妻、叔母(父の妹)は、先月、卒寿のお祝いを送ったばっかりですが、叔父貴の世話ばかりしていた張り合いを失って、こちらも心配です。搬入が済み次第、激励に行きたいと思うのでした。臆病な犬のような顔をする鶴竜には頑張って貰いたいですが、まだ相撲に専念出来ない私です。ちなみに、あと10日、大変ですわ。

by tommy88 (2018-03-11 05:56) 

あるいる

tommy88さん

コメントありがとうございます。
東京の旧い友人(生まれも育ちも目白)曰く、川向う(隅田川)に住んでるんだ~と、冷ややかな視線を投げられたことがありました。
(東京時代の一番最初は、寮のある亀戸の隣の大島に住んでいました)
古い江戸っ子からみると川向うと四谷の大木戸の向こうは江戸ではないのだと教えてくれました。
それがどうしたナンボのもんや?アホくさ 勝手にゆ~とけと、大阪人の僕は思うのですが、そのときは口にはしませんでした。
大阪時代、東京時代、北海道時代から回りまわって千葉時代の開幕ですよ。
北海道時代が一番長いでしょうから道産子なのか、絶対恩師に巡り逢った東京時代があるから江戸っ子なのか、三つ子の魂百までなら生まれ育った大阪人なのか、さて。
コスモポリタンでいらっしゃるようなのは、なんとなく想像できるのですけれどね。
引っ越しスケジュールを淡々とこなせればいいのですが、ココロと身体をだましダマシ、ときにはムチ打ちながらの作業も大詰めを迎えようとしているようですね。
新しい住まいの床のコーティングはママさんの担当だったと記憶していますが、うまく出来上がればいいですね。
大工仕事一般が苦手な僕には至難の仕事ですよ。
引っ越しが一段落したら宝塚への見舞い、お疲れさまです。
その頃には桜の見ごろになっていることでしょう。
宝塚線沿線は桜の名所がたくさんあり、電車の中からも楽しめます。
そんな余禄があってもいいはずですよ。

by あるいる (2018-03-11 15:53) 

ナツパパ

寒かった今冬も先が見えてきてやれやれです。
我が家の庭にも梅が咲いています。
ホント嬉しい光景です。
by ナツパパ (2018-03-11 16:08) 

Lonesome社っ長ょぉ〜

あと二週間もすればこの川沿いの桜も見ごろとなるわけですね。
一日の寒暖差が大きくなるのもこの季節の特徴なのでしょうか、
服装の選択を難しくしてくれるのがちょっと難点です。
一人横綱で少々寂しい気もしますが、栃の心の連覇という事も
ありますから面白みは残してくれました。そろそろ遠藤あたりが
優勝してもいいんですがね。

by Lonesome社っ長ょぉ〜 (2018-03-11 17:38) 

あるいる

ナツパパさん

コメントありがとうございます。
今週は20℃超えの五月の陽気が続くと天気予報のおねえさんが話していました。
暖かくなって天気がいいのは気持ちいいのですが、寒暖の差がありすぎると体調を崩してしまいそうですよ。
おまけに花粉が賑やかに飛び回って追い打ちをかけてくれます。
困ったものですよ。
職場近くの公園のハナモクレンの蕾が日を追うごとに大きく膨らんできています。
百花繚乱の春、もうすぐのようです。
花粉、早く終わってほしいですよ。

by あるいる (2018-03-12 02:05) 

あるいる

Lonesome社っ長ょぉ〜さん

コメントありがとうございます。
今週の陽気のせいで今年の桜はちょっと早く咲くとか。
早く咲いてくれるのはいいのですが、春の嵐で早く散ってしまうことのないように願いたいものですよ。
職場へ入るとき、家へ戻ったとき、服に着いた花粉をはたき落すのはメンドウクサイものです。
早く花粉の季節が終わってほしいと我慢の日々です。
花粉がつきにくいツルンとした素材のコートの登場が増えている今日この頃です。
宇良くんは今場所も欠場。
膝の靭帯断裂ですから、完全に治して戻って来てほしいものですよ。
遠藤くんはお茶漬けのCMの笑顔が本場所でも登場するようになればいいですね。
はじまったばかりの春場所、勝負は下駄を履くまでわからないとか。
力士さんは下駄ではなく雪駄を履いていますけれどね。


by あるいる (2018-03-12 02:22)