So-net無料ブログ作成
検索選択

ぼちぼち [街]





毎朝、日の出を少し過ぎた頃からセミが鳴き出します。


P1210830c.jpg


はっきりと云って、うるさい。
朝っぱらから暑苦しい。
静かにせんかい!
云ったところで静かになるワケもなく、ただただ我慢、です。
夏の終わりには少し寂しく聞えるセミの鳴き声です。


つゆくさの青が涼しげで綺麗でした。


P1210958b.jpg


桔梗の青紫も綺麗でした。
花びらが四枚の桔梗もありました。


P8150023b.jpg


明智さんちの桔梗紋は花びらが五枚でしたね。
そういえば、坂本龍馬さんちの家紋も桔梗でした。
まったく関係ありませんが、僕の家の家紋は桔梗ではありません。





気がつけば天神祭も終わってしまいました。
本宮の朝、休憩中の囃子方です。
大胆な配色の着物と化粧結びされたたすきが祭り気分を盛り上げてくれます。
坊主頭がキリッと涼しげです。


P7241853b.jpg


腰縄にはさんだ太鼓のバチは四本。
背筋をピンと伸ばした姿勢を保つのにも効果的なようです。
肩にぶらさげた二本のバチとあわせて六本。
太鼓を打つ手は二本。
一度に六本を使って太鼓を打つわけではありませんが、かなりの超絶技のようです。
腹にズシリと響く音です。
休憩をとって、これから炎天下での大熱演です。
威勢のいい太鼓を打つためにも休憩は大事です。
しんどいこっちゃ。
僕にはできません。

話しは変わって、ボチボチ。
昔の人は云いました。
暑さ寒さも彼岸まで。
秋の彼岸まであとひと月以上もあります。
それまではず~っと暑い大阪です。
やすみ休みボチボチゆっくりとまいりましょう。
焦るコトも慌てるコトもありません。

暑いの、苦手ですし、ね。
夏バテ、したくはありませんし、ね。
テキトーに肉食って、スタミナ補給です。
ステーキ、食いたいなぁ。

近頃、焼肉よりもステーキのほうが好みになって来ましたよ。
塩かワサビで食うステーキ、肉の味がしっかりとして大好物です。
焼肉にはビール、ステーキにはワインが似合います。
どちらも大好物の僕、です。
どちらも懐にちょっと痛いのがタマに傷、です。




あしあと(137)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

あしあと137

コメント 10

コメントの受付は締め切りました
REE

おはようございます。
ステーキですか。私は焼肉やハンバーグの方が好みです。
和太鼓は大好きです。あるいるは苦手ですが
ロックでセッションしてみたいです。津軽三味線とも。
私の記事にも書きましたが、今、夏?とてもそんな感じでは
ありません。曇りと雨の連続です。
私の梅雨明けは未定です。夏が来ないかも。

by REE (2017-07-30 01:32) 

tommy88

大阪の、どあつかましい、ど暑さは、想定外でした。私が住んでいたのは40年以上も前の話ですが、あのころは炎天下をグランドで走り回っておりましたが、温暖化で気温が上昇したのか、我が身が北海道仕様になったのか、とにかく耐えられない暑さでした。地面からの照り返しは不意打ちしてくるし、室外機の熱風は強だし、壁は保温した熱を放出するし、完全無欠の暑さでした。おまけに、セミがうるさく、我が住宅街では全く聞くこともありませんので、初日は、ええなぁーと思いもしましたが、その後は暑苦しくしか感じませんでした。地面に落ちてまで、ジジジジと腰を振るわせているのですから驚きでした。

次女のブログから拝借。
月一の奉仕活動、献血を有楽町で終えて、水泳指導のために有明スポーツセンターのプールへお散歩がてら1時間20分ほど歩いて行きました。銀座、築地を越え、晴海、豊洲から有明へ、橋を4回ぐらい渡ったでしょうか。暑いからか、全く人に会いません。初めて晴海のホテルに泊まった日本選手権大学1年生、2010年はもうかなり前の話ですね。

勝鬨橋の良い写真を載せておりました。娘の体は南国仕様になってしまっているのか、こういう文を読むと不思議に思ってしまいます。暑さに弱くなったのは私が老いただけなのかな。 先日も妻に、太陽の恋人じゃなかったの、とまで言って笑われました。でも、暑さを我慢はしないようにしています。 だって、目まいがするんですもの。これは絶対に良くないと思っています。JR北新地駅からお初天神側に抜けるのに地上に出るのですが、なぜかエスカレーターは止めてありました。カートを持ち上げて地上に出たら、熱風と日射に加えて内側からは目まいと耳鳴りです。絶対カラダには良くないと思うのでした。

次女、副業の高額水泳指導、富裕層のご子息を相手に個人レッスンです。なぜか人気で、親から感謝のメールが届き、指名が続いているようです。指名なんてホステスさんだけかと思っていましたが、違う意味での高額アルバイト。そんなに稼いでどないすんねん、とは口が裂けても言いません。宝くじに傾斜してしまっているオヤジですから。

暑さ寒さも僻んでは、いけないのでしょうか。大阪の暑さは、まだ2ヶ月近くは続くみたいで、私、8月の大阪遠征は、母にはゴメンで、行かないことに決めました。9月も危ないかも知れませんが、天気図とにらめっこです。月並みですが、・・・。
・・・ご自愛下さい。

by tommy88 (2017-07-30 06:36) 

そら

お腹に響く太鼓の音、私は大好きです!!
身体全てで感じている、そんな気分にしてくれます(^^)
by そら (2017-07-30 07:18) 

KOME

いつもご訪問、ありがとうございます。
セミの光と影が絶妙だなあと思ったら、「うるさい」のお言葉で、笑ってしまいました。
夏は肉食べたいですね。
by KOME (2017-07-30 09:50) 

あるいる

REEさん

コメントありがとうございます。
セミの鳴き声と同じく、騒々しい音が苦手なのですよ。
でかい音とリズムだけでなんとか持たせているような類のロックはかなり苦手です。
そういえばCD屋さんへ行ってもロックのコーナーに立ち寄ることがないことに気がつきました。
困るコトもありませんから、ま、いいか、です。
「私の梅雨明け」とはオシッコ絡みのことでしょうか。
完治すればいいのですが、それまではじっと我慢が続くのが辛いですね。
それこそ、ご自愛ください。

by あるいる (2017-07-30 15:25) 

あるいる

tommy88さん

コメントありがとうございます。
「太陽の恋人」も今は昔、人間の身体は正直者で、おまけに年齢とともに変わって行くという避けられない事実に直面することになるのです。
そうです。
人間は変るのです。
変わりたいように変わることができないのがちょっとモンダイですが、仕方ありません。
ならばどうすればいいのやら。
ハナシは簡単です。
誤魔化しごまかし、身体をなだめすかして勘違いできるように、少しだけ鍛えていじめてやればいいのです。
1500mも泳げない僕が云えるコトではありませんが。
そして究極の技は、それこそご自愛なのですよ。
ご自愛の方法を洗練させ極めて行くことがおっさんに残された最後の手段なのかもしれません。
「おやじのためのご自愛・百の方法」
ベストセラー目指して一筆啓上。
印税暮らしも楽しいかもしれません。
暑さで脳細胞がイカレてしまったようです。



by あるいる (2017-07-30 15:36) 

あるいる

そらさん

コメントありがとうございます。
東京時代に太鼓集団「鼓童」のコンサートに行ったことがありました。
ズシンゴツンドスンと腹だけでなく全身に響く音に魅了されてしまいましたが、コンサートが終わったとき、やたら腹が減っていたコトを思い出しました。
聴いているだけで腹が空くのなら、叩いているお方はもっと空いているのかもしれないと余計な心配です。
演奏者の方がみなさんスリムな筋肉質体型だったのが納得でした。
ダイエットに太鼓。
いいかもしれません。

by あるいる (2017-07-30 15:41) 

あるいる

KOMEさん

コメントありがとうございます。
夏の始まりの頃というか梅雨の終わり頃、今年初めて聞いたセミの声に「夏が来たなぁ~」とは思いましたが、うるさい!とは思ってはいませんでした。
日を追うごとにセミの数が増えうるさくなって来ましたよ。
雷が鳴ったり、雨が降り出すとピタリと鳴き声が止んでくれます。
ゲリラ豪雨や集中豪雨はご遠慮願いたいですが、こどもの頃にあったような、5分ほどで止んでくれる夕立が欲しくなります。
夕立のあとの虹、とても綺麗でした。

by あるいる (2017-07-30 15:47) 

Lonesome社っ長ょぉ〜

年々その数が減少してしまっているのか、うるさいと思うほどの泣き
声はもう聞こえてきません。その代わりといっては何ですが、スズメが
遊びに来てチュンチュンとかなり賑やかです。今頃の時間になると
蜩がどこか哀愁を帯びて鳴き始めしばし暑さを忘れさせてくれるよう
です。
土用の鰻は食べ逃してしまいました。鰻よりはお肉の方がよろしい
ようで、夏はやっぱり豚ちゃん中心でバテバテ予防です。天神さんも
お仕舞、これで晴天が戻ってきたら大阪の酷暑はいよいよ本番です
ね。あと二週間弱、しっかり体の準備をしておきます。
by Lonesome社っ長ょぉ〜 (2017-07-30 16:23) 

あるいる

Lonesome社っ長ょぉ〜さん

コメントありがとうございます。
月末&月曜日の今日、大阪の最高気温は36℃になる予報が出ましたが、街中の体感温度は36℃をはるかに超え、人間が動き回れるのが不思議なほどになりそうです。
その昔20代前半の大阪時代、夏のスーツがたったひと夏でズボンだけが汗でイカれてしまい、泣く泣く処分をしていたことを思い出しました。
クール・ビズなど思いもつかなかった時代、それでも元気に走り回っていられたのが不思議なほどです。
金はなかったけれど、体力だけは満ち溢れていました。
今は昔、です。
盆の墓参り。
墓掃除をするのが年ごとに苦痛になって来ています。
ちょっとズルして、姪っ子や甥っ子が掃除を終えた後に行く技をあみ出しました。
それもまた、いいか、ですよ。

by あるいる (2017-07-31 04:00) 

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました