So-net無料ブログ作成

梅雨の晴れ間 [街]




雨上がりのあじさい。


P1190557b.jpg


亀が二匹、休憩中です。


P1190582c.jpg


首を伸ばしてなにを見ているのでしょうかね。
まったく関係ありませんが、その昔、海辺やプールサイドで甲羅干しをしていたときの僕、ほとんどナニも考えていませんでした。
こどもの頃は、暑いなぁ。かき氷食いたいけど、小遣いが足らへんなぁ。
オトナになったときには、あとでビール飲みたいなぁ、ジン・トニックもええなぁ。
オトナになってしばらく経ってからは、シミになるから甲羅干しは止めとこう、だったようなそうでないような。


雨上がりのアガパンサス。


P1200680b.jpg


ということで、微妙に水繋がりの今日の写真です。
梅雨どきのジトジトではなくサラリとした水の雰囲気でまとめてみましたが、さて。




梅雨の晴れ間。


P1150951b.jpg


ときどき、Tシャツが干されていたハンガーがぽつり。
乾いたから取り込まれたのか、着て行ったのか、さて。
洗濯モノは太陽の下で干すととても気持ちがいいですよ。
からりと乾いたシャツやタオルやシーツ、なんとなく太陽の匂いがするような。
余計な香料や洗剤の匂いは邪魔です。
太陽の匂い、どんな匂いやねん。
語彙不足の僕に説明はできません。






あしあと(141)  コメント(12)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

あしあと141

コメント 12

コメントの受付は締め切りました
REE

あるいるさん、おはようございます。
娘2人が幼少の頃、遊びから帰ってくると
「太陽と土」の匂いがいました。懐かしいです。
その娘二人も嫁いでしまっています。
今は妻に「加齢臭の香り」をたっぷりと嗅がせています 笑
by REE (2017-07-02 01:22) 

engrid

お日様のにおい、
取り込んだばかりのバスタオルの匂い、、
日向の乾いた空気、
難しいな、表すの、でも大好き
アガパンサスの透明な感じ、素敵
by engrid (2017-07-02 06:04) 

そら

太陽の匂いは良いですよね!
日の光に干された布団の上で昼寝なんて最高です(^^)
by そら (2017-07-02 06:06) 

tommy88

「雨上がりのあじさい」
予告に従い下に降りていきます。
すると、清楚に、凜とピントが合い、若い紫陽花。
少しばかり蒸し暑くなってきた部屋で見ています。
雨上がりが確認できる写真です。
しかし雨上がりの湿度感がないのはなぜでしょうか。
甲羅干し、住吉神社で子どもの頃よく見ました。
最近というか北海道に来て見ることはなくなりました。
泳ぐ娘を見続けたせいでしょうか。
甲羅干しが新鮮に見えます。
雨上がりのアガパンサス、生で見たことは無いと思います。
お写真では意見するくらいですわ。
ぽつりとしたハンガーは学校のグランドでよく見かけます。
焼ける青春ですが、夏の終わりのハンガーには寂しさがあります。
色褪せたり、塗りが剥げたり、哀れな風合いが残ります。
まだ始まっていない夏、何が起こるのかな。
この一週間の頑張りをそれなりに、活かすかな。
ヤケドしそうで、暑さ過剰の大阪にはちょっと近づけないですね。
次はサマージャンボ、応援します。

by tommy88 (2017-07-02 11:49) 

あるいる

REEさん

コメントありがとうございます。
こどもの頃は日焼けや汚れを気にすることもなく、土や水や風と一緒に戯れていたような記憶があります。
着ている服をひどく汚すとおかあちゃんに叱られるなぁと、チラリと思い浮かべましたがすぐにどこかに消え去ってしまいました。
かぎ裂きを作ったりすると、これはえらいこっちゃと、そのときだけはしおらしくうなだれて謝っていました。
今は昔、です。
農業や漁業に携わっているお年寄りの方たちに、加齢臭や老人臭はほとんどないような気がしますし、日焼けしていても肌はツヤツヤです。
太陽の下で身体を使って働き、自然のものを食べ、土や水に含まれるいろいろな菌や酵素のおかげなのでしょうか。
もしかすると加齢臭は都会人特有のものかもしれませんね。
銀座の加齢臭、心斎橋の加齢臭、札幌の加齢臭と、全国加齢臭バージョンが出現してくるかもしれません。


by あるいる (2017-07-02 16:06) 

あるいる

engridさん

コメントありがとうございます。
真夏の太陽に乾かされた洗濯物特有の匂いはなんとなく気分を落ち着かせてくれるような気がします。
今では見かけなくなった行水の大きなたらいに張られた水の匂いも夏の匂いの思い出です。
生温くなった水に冷たい水を足しては遊んでいました。
行水をしても水をかぶってもプールからあがっても、すぐに乾いてしまっていました。
坊主頭の短い髪の毛は冬は寒いのですが、夏はすぐに乾いて便利でしたよ。
今は昔、です。
僕がこどもの頃、公園にアガパンサスは咲いていなかったような気がします。

by あるいる (2017-07-02 16:12) 

あるいる

そらさん

コメントありがとうございます。
太陽に干したふとんのフワフワは大好きで、冬には暖かさが倍増してくれるような気がしていました。
夏の太陽に干されたふとんのフワフワ感は冬以上なのですが、布団にこもった熱がなかなか引いてくれないのがタマに傷です。
高層マンションが街中に増え、ふとん干しや満艦飾の洗濯物の光景が減ってきています。
お洒落な街の光景もいいのですが、生活感の感じられない街の光景には少しばかりなじめない昭和のおっさんの僕ですよ。


by あるいる (2017-07-02 16:17) 

あるいる

tommy88さん

コメントありがとうございます。
アジサイの写真に雨上がりの湿度感に欠けるのは、僕の腕がまだまだ未熟な証なのですよ。
夜中に降った雨が早朝からの陽射しにどんどん蒸発し、空気中の水分が減っただけではなさそうです。
例えば食べ物を撮ってもまったく美味いと思えないような写真になってしまう僕ですが、食べ物特有の「しづる感」が決定的に足らないようで、それもまた腕前の未熟さ所以だと決めていますよ。
修業が足らないオッサンですよ。
大阪の暑さでヤケドすることはないとは思いますが、札幌との温度&湿度の違いから来る身体へのダメージはかなりのものかもしれません。
大阪の夏は危ない夏、です。
サマージャンボは18日からの販売ですよ。
組違いでもいいから、前後賞でもかまわないからとずっと遠慮気味に買い続けて来ましたが当たる気配もかする実績もなく、これやったらもうそろそろ本音を丸出しにして、一等賞も前後賞もぜ~んぶ当てたるんや。
当たったるでなく当ててやる、です。
そんな欲深さを丸出しにしてももう許されるはずと勝手に決めた今日この頃です。
大阪の夏、欲望の夏、です。

by あるいる (2017-07-02 16:30) 

アールグレイ

アジサイやアガパンサス、清涼感のある美しさ、素敵です。
太陽のもとで、良く乾いた洗濯物、気持ちがいいですね^^
by アールグレイ (2017-07-02 16:49) 

Lonesome社っ長ょぉ〜

現在の家に越してから洗濯物は乾燥機と専用部屋干しとなってお日
さんの香りは洗剤と柔軟剤の香りに取って代わられました。ということ
で30年近く嗅いでないという事になります。
亀の甲羅干し、大阪の墓のそばにある調整池で時々見かけました。
今年母の初盆の墓参りの時に果たして見れるかどうか、恐らく暑過ぎ
て池の中の方が快適だから出ては来ないのでしょう。
猛暑の予告編はどうやら本日より始まったようです。
by Lonesome社っ長ょぉ〜 (2017-07-02 17:20) 

あるいる

アールグレイさん

コメントありがとうございます。
清涼感とはこれからの季節に欲しい言葉ですね。
ありがとうございます。
街中を歩きながら喫茶店の前に揺れている青と赤2色の「氷」の小さな旗が涼感を誘ってくれます。
ミルク金時、食べたいなぁと思いながらも、ひとりで店に入って注文するのがちょっと恥ずかしいなぁと思ってしまう無駄に自意識過剰オヤジなのですよ。
「氷」の波と千鳥の模様のちいさな旗は全国共通ですよね、たぶん。

by あるいる (2017-07-03 03:25) 

あるいる

Lonesome社っ長ょぉ〜さん

コメントありがとうございます。
アメリカ映画に登場する裏庭つきの家を思い浮かべてしまいました。
表の庭は芝生を敷き詰めて塀もなく開放的に明るく、キッチンから続く裏庭には物干し竿もあり、通行人の視線から洗濯ものを隠す構造になっていました。
国土の広さと住宅事情の違いのせいでしょうね。
ニューヨークの街中のテラスハウス状の住宅では中庭や屋上に洗濯物が干されていました。
昔のアメリカ映画で見かけた光景です。
乾燥機はこどもココロにも憧れの家電製品で、でかい1ガロンのパックから直接アイスクリームを食べる光景とともにちいさな憧れでした。
今は、乾燥機よりもお日さま、1ガロンのアイスを食べるなんて身体に悪いコトはしたくてもできません。
こどもの頃に思い描いたアメリカは遠くなりました。


by あるいる (2017-07-03 03:37) 

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました