So-net無料ブログ作成

叱られて [花]





花ニラです。


SDIM0838b.jpg


白い花もあるようですが、いつもの公園には青い花でした。


アガパンサスです。


SDIM2153c.jpg


ちょっと雰囲気を変えて撮ってみました。
いろんな撮り方を楽しめる花ですよ。


で、青い花の決定版、アジサイです。


SDIM3526b.jpg


白いアジサイも好きなのですが、どうも種類も名前も違うようですよ。
と、いい加減な知識です。
ま、いいか。




話しは変わって、叱られる。
こどもの頃はしょっちゅう母親や姉&兄たちに叱られていました。
ちょっと気をつければいいものを、注意散漫なこどもでしたから、小さな失敗やケガはしょっちゅうでした。

小学校へ入学するまでに右腕を骨折するし、そのすぐあとには右足大腿骨を骨折し一ヶ月の入院。
小学校に入ってからも注意散漫は治らないまま、通知表にはいつも「落ち着きがない」と書かれていました。
注意散漫というよりは好奇心が次から次へと移っていただけのコトなんですけれどね。
と、説得力に欠ける言い訳、です。
言葉を変えると飽きっぽくておっちょこちょい。
うん、それは正しいような、です。

小学校の卒業式直前のことでした。
あたらしい講堂兼体育館が完成し、そこで保護者に感謝する謝恩会を開くことになりました。
各クラスがひとつずつの演目を用意して、舞台で披露です。
ちょっとした寸劇を演じることに決まった僕のクラス、僕は裏方でした。
舞台の緞帳と引幕のスイッチを教えてもらい、進行に合わせて開閉する役目でした。
「開」と「閉」のボタンが舞台袖にありました。
練習が進み、さあ、もう終わろうというとき、このボタンを両方一度に押すとどうなるんやろ。
もう試してみたくて仕方がない僕、試してみました。
途中で幕が止まったまま、ウンともスンとも動いてはくれません。
完成披露の前に壊してしまったようです。

センセに報告、業者に来てもらいましましたが、修理に3日ほどかかりました。
その間、ずっと心配で勉強も手につかないほどでした。
こどもの頃からの筋金入りの小心者なのです、僕。
そのくせに好奇心が旺盛なために、数々の失敗を重ねてきましたよ。
こんな失敗談、掃いて捨てるほどあります。
人さまに迷惑と心配をかけたコト、山ほどあります。
自慢できることではありませんけれどね。


SDIM1569b.jpg


うつむいて歩く幼い坊や。
叱られたわけでも寂しいわけでもなさそうです。
足もとを確かめながら歩いているように見えました。
シャツも帽子も青色ですが、ブルーな雰囲気ではなかったですもん。
これくらい慎重だったらなぁ、僕。
小さな坊やにおっさんの僕がないものねだり、です。






あしあと(147)  コメント(14)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

あしあと147

コメント 14

コメントの受付は締め切りました
REE

あるいるさん、おはようございます。
小学校の「通知表」の内容を良く覚えていますね。
私は全く「記憶にございません。」
ただ、活発だったことは良く覚えています。

by REE (2017-06-11 02:33) 

そら

私もおっちょこちょいでしたねぇ
よくドブに落っこちてましたもの(^^;
by そら (2017-06-11 06:05) 

斗夢

子供の頃の失敗はよく覚えています、忘れたいんですが。
by 斗夢 (2017-06-11 06:26) 

tommy88

コンデジしか今はなく、玉ボケが生み出せません。
困ったものですよ。
でもねぇ、あるいるさんもコンデジだったような。
となると、SONYの性能の低さなのかしら。

少年の左足が良いですね。
子どもって体型の悪さでバランスを取っています。
ついついお節介したくなるのは、加齢からでしょうか。
鬼ママが、何すんのって常に来そうで、近づきはしません。
「ちゅういさんまん」って言葉、小学校低学年で知っていました。
もちろん通知票に書かれた言葉です。
通知表は子どもに大人の言葉を教える存在です。
「なにをかいわんや」と反語も知ってしまうほどでした。
ただ、好奇心旺盛と判断する眼力を持たない、しょせん教師の言葉。
たかが教師の言葉に振り回される親はアホに思えましたが。
教師のずるさを上回る悪知恵を発揮すると、彼女は感情的になります。
それを知ったのが小学4年生でした。
平野という女先生、感情的なだけのキツネ目の女でした。
教師稼業は指摘にあらず、発見の稼業と知れ。
と言いたかったけれど、まだ言葉を持っていませんでした。
生まれてから12年間で2冊しか本を読んでいない未熟児童でした。

by tommy88 (2017-06-11 06:58) 

NONNONオヤジ

「開」と「閉」を同時に押したらどうなるか試してみたいという好奇心には
駆られますが、実際にやってみる勇気はないですね~、ぼくには^^;。
by NONNONオヤジ (2017-06-11 09:33) 

あるいる

REEさん

コメントありがとうございます。
通知表(成績表)が配られる終業式は僕には恐怖の一日でした。
三歳違いでの七人兄弟、すぐ上の兄が高校を卒業するまではいつも複数の兄弟が通知表をもらってくるわけで、オール5評価の兄たちと比べるとみじめになったものです。
母や兄たちから差別されたりアホやなぁと馬鹿にされたりはしませんでしたが、やればできるのになぁ~と話す目が笑っていました。
そんなワケで子供の頃から劣等感の塊りの僕、忘れようとしても忘れられない通知表なのでした。

by あるいる (2017-06-11 15:28) 

あるいる

そらさん

コメントありがとうございます。
僕のおっちょこちょいは恐らく先天性のモノかと思われますよ。
家の玄関にある二段の石段をいつも右足から踏み降りるのですが、左足から降りるとどうなるかなと試したら見事にスッテンコロリン。
近所のガキ連中と缶蹴りをして遊んでいて、僕の蹴った缶が見事に真上に上がりました。
さっさと逃げればいいものを、あ、真っ直ぐに上がった、このまま缶が落ちて来るとどうなるのかな当たるやろなぁと見ていたら、見事におでこにぶつかりタンコブができました。
おっちょこちょいと云うよりは、どんくさいアホだったようですよ、僕。
と、過去形にしておきたい僕でした。

by あるいる (2017-06-11 15:36) 

あるいる

斗夢さん

コメントありがとうございます。
こどもの頃の失敗だけでなく、大人になってからの失敗も忘れられないものですよ。
子どものころの失敗は笑って済ませられる他愛のないコトが多いのですが、大人になってからの失敗はなかなかそうは済まされないコトがあるものですから、なおさらに忘れるコトはできません。
そのせいで、迷惑をかけた方、頭の上がらない方、たくさんいらっしゃいます。
お世話になりっぱなしです。
どうしてお返しをしようか、悩みのタネが消えるコトはありません。

by あるいる (2017-06-11 15:44) 

クッキー

上下ボタンを押すとどうなるか、実行したのは面白い
好奇心の塊が子供です、何故なのか疑問に思うことが大事。
by クッキー (2017-06-11 15:54) 

あるいる

tommy88さん

コメントありがとうございます。
今日の4枚の写真は今は販売終了になっているSIGMA DP3Merrill(単焦点 50㎜レンズ)で撮ったのですが、レンズ交換はできないカメラですから勝手にコンデジの範疇に入れています。
撮影素子はAPSCサイズですから、玉ボケもできやすくなっています。
SONYのコンデジ RX100で玉ボケを撮った記憶がないものですから、どうなるのか機会があれば試してみますよ。
生まれて12年間で2冊しか本を読んでいなかった未熟児童が今や速読と読解の達人の熟年紳士ですよ。
ニンゲンというイキモノは本人の意志で変わることができることもある立派な生きた証明ですよ。
僕のように三つ子の魂 百までと、おっさんになってもアホとおっちょこちょいは治らないまま恥ずかしく生きているのもニンゲンの不思議さおかしさです。
なんとか治そうとそれなりの努力はしているのですけれどね。
たぶん、「それなり」の中身と方向が間違っているのかもしれませんけれどね。

by あるいる (2017-06-11 16:01) 

あるいる

NONNONオヤジさん

コメントありがとうございます。
仙台時代に地元のJR電車に乗るとき、ドアがいつまでたっても開かないのでおかしいなぁとよくよく見ると、ドア横に「開」「閉」のボタンがあって、乗客が自分で開け閉めするのだと気がつきました。
このときは苦い経験をこどものときにしていたものですから、さすがに両方を同時に押すコトはしませんでした。
本音は、今でも押してみたいのですけれどね。
JRや乗客のみなさんに大迷惑を掛けられませんからぐっと我慢したコトを思い出しました。
少しは学習能力があるようです、僕。

by あるいる (2017-06-11 16:06) 

あるいる

クッキーさん

コメントありがとうございます。
社会人になって自動車の運転免許を取りに自動車教習所に通い始めた頃でした。
アクセルとブレーキを同時に踏むとどうなるのだろ?
素朴な疑問は試すに限る。
公道でこんな実験はできないだろうしと、試してみました。
見事にエンストしてしまいました。
今の最新式の自動車ではどうなるのだろうかと、これまた興味シンシンですが、危険ですから試すコトはいたしません。
もう少しでいいからマトモなことに疑問を持つオッサンになりたかったものですよ。

by あるいる (2017-06-11 16:11) 

Lonesome社っ長ょぉ〜

アガバンサスはもうこんな感じになってたのですね。いつも眺めてる
日本大通のアガバンサス、はて今年は咲いていたのかなと急に気に
なりましたので、明朝の通勤時しっかり確かめてみる事にします。
好奇心、いつまでも忘れず持っていたいものです。
by Lonesome社っ長ょぉ〜 (2017-06-11 18:20) 

あるいる

Lonesome社っ長ょぉ〜さん

コメントありがとうございます。
アガパンサスに限らず、大阪の公園に咲く花は年を追うごとに微妙に変化してきているようです。
毎年、公園の同じ場所に咲くアガパンサスやアジサイですが、今年は花の数が少ないように思えてしかたがありません。
写真を撮るようになって気づいたことです。
花の咲く当たり年や不作の年というのがあるようなのですが、どうもそれだけではなさそうで、異常気象の影響が出てきているのかもしれないなと、密かに思っています。
異常気象への好奇心を持つなんて子供のころには想像すらしなかったことですよ。
「沈黙の春」
なんだか現実味を帯びて来ているような今日この頃の地球です。
嫌やなぁ~ 怖いなぁ~ です。

by あるいる (2017-06-12 03:11) 

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました