So-net無料ブログ作成

はやりもの [花]





白い椿。

P1130350b.jpg



赤いさざんか。

P1130371b.jpg



赤というよりは濃いピンクですね。
こまかいコトは、ま、よろし。
話題の展開が、ピンクではちょっと困るものですから。






話しは変わって、紅白。
大晦日には紅白歌合戦が放送されます。
見なくなってかなりになりますが、今年も見ることはないでしょう。
理由はかんたん、うるさくてつまらないからです。
歌謡曲や演歌は苦手ですし、若い方の歌でもう一度聞いてみたいと思う曲がありません。
その前に、ほとんどが知らない歌ばかりです。
流行に興味はあってもまったくご縁がありません。
歳のせいなのか下手くそな歌い手のせいなのか消耗品の楽曲のせいなのか、さて。

で、流行モノ。
今年流行ったらしい「逃げるは恥だが役に立つ」は一度も見たことがありません。
「逃げ恥」という文字はあちらこちらで目にはしていましたが、内容を聞けば聞くほどにまったく食指が動きませんでした。
ドラマのタイトルがなんだったかわからなくて、ネットで調べたほどです。
見なかったといえばNHK大河ドラマ「真田丸」。
大阪にあった真田丸がタイトルですし、脚本は三谷幸喜さんですから一度くらいは見ておこうと思いながらも、これもまた見ないままに終わってしまいました。
パイナップルとペンが登場する不思議な歌?も一度だけネットで見ましたが、ふ~ん、なんじゃコレ?でした。
見なくてもナニも困らないから、ま、いいか、です。
ということで、流行モノには今年もご縁のないままの一年でした。

で、流行には関係なく大阪城の石垣の写真を載せておきましょう。
真田丸の写真がないものですから。

P1230141b.jpg



話しは変わって、トライアスロン。
来年の6月に大阪でトライアスロンの国際大会「大阪城トライアスロン2017」が開かれます。
そのときに水泳に使われるのが大阪城東外堀に決まりました。
(この写真の堀よりひとつ東側にある堀ですよ)
なんでやねん?です。
水質は泳げる基準に達しているそうですが、見た雰囲気では泳ぎたくありません。
達しているとはるかに超えているではまったく違うものですしね。

悪友連の中にトライアスロンに挑戦しつづけている奴がいるのですが、
「あんな堀では泳ぎたくない」から参加しないと言っていました。
参加資格があるのかないのかは、本人の名誉のために確認しませんでした。
観光客誘致のためにいろんなコトを思いつく大阪の役人さんです。
無事に成功することを願いましょう。
初詣でわざわざこんなコトを神さんにお願いはしませんけれどね。

ということで、今年最後のブログ更新になったクリスマスの日です。
クリスマスカラーの赤と緑、雪の色の白い花と季節感もたっぷりだと自己満足。
まったく関係ありませんが、キリストさんの生まれたベツレヘムには椿やさざんかは咲いているのでしょうかね。
流行にはご縁のなかった今年、たぶん来年もご縁のないまま世間から取り残されるのか背を向けているアホなのか、何れにしても自己満足の日々でしょう。

来週の日曜日は新年の一月一日です。
今年一年間、僕のブログをご覧いただき、あしあとをいただきコメントをいただき、ありがとうございました。
こころより感謝です。
これからも細々と続けて行く予定です。
来年もこの拙いブログをよろしくお願い申し上げます。

みなさまには健やかにおだやかにあたらしい年をお迎えくださるよう、祈っております。



あしあと(136)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

あしあと136

コメント 10

コメントの受付は締め切りました
aru

おはようございます。
普段妻と2人で過ごしていますが大晦日から元旦までは
娘夫婦や孫たちが来て、9人になります。
9人になるので自由に遊んで話をしているので紅白歌合戦に
チャンネルは合わせていますが話で盛り上がって、
ほとんど見ていません、聞いていません

by aru (2016-12-25 02:11) 

takenoko

私も紅白は見ません。眠りの中です。(笑)
by takenoko (2016-12-25 07:02) 

向日葵

ワタクシも一応「見よう」と思って、留守録だけは
するのですが、もうここ何年見ていないです。<紅白

何時頃から見なくなったのかなぁ・・???
by 向日葵 (2016-12-25 07:38) 

tommy88

16歳から18歳をずっと相手してきましたから、つい。 流行り物に背を向けようとしながらまだ、見てしまうのでした。おまえらの代わりに見ておいてやると言う不遜な先生でしたから。これが今様かと、分析的に検分をすること、ときおり。 話題を作り保持しても、話し相手が居ないことにやっと気づくのでした。ある意味で、絶対恩師に笑われ、からかわれる存在が、未だに息づいています。

あり得ない話だけど、もし、現代版の「坊ちゃん」を書くとしたら、「清」を設定するのは難しいと思います。だから清に似た人物を用意しなくてはイケません。妄想するに、義理堅く悪事には厳格な、それでいて温かく強い信念を持つ母親が必要となります。そういう人物設定をしたら、どういうエピソードが必要かと考えて、あ、そーだ、と思ったのでした。あるいるさんの書いていた、ランドセル事件。このエピソードこそ端的な表現で十分に納得のいくエピソードだと思いました。 で、どこで読んだのか気になって遡ってもなく、ここかと思い直し、遡っても違っていました。そして検索を広げて分かりました、「aru さん」に書いたコメントの中にありました。これか、と先ほど理解した次第です。妄想の骨が引っかかっていて、気になっていたことが解決出来てひと安心です。端的で秀逸なエピソードでした。現代版の坊ちゃんを書こうと思っているのではなく、そういう妄想遊びをしていただけです。書こうとしてるのは童話大賞の佳作狙いで、賞金10万円。短くていいし、過去を見ると、キツネの恩返しはきつねうどんですから、佳作は狙えそうです。でも、ランドセルエピソードは使えません。使えるとしたらって考えてたら、現代版坊ちゃんでした。

大阪城の外堀で泳ぐのは賛成出来ません。アホとしか言いようのないくらい、こじつけたお話です。そういう貧血気味の企画は、どうせ公務員のような腐りかけた脳味噌から出てくるのではないでしょうか。何用あって外堀を泳がれますの。 湧き水でも大量に出てるなら話は別ですが。

by tommy88 (2016-12-25 11:23) 

四辻の狸

拝読させて頂きました。猫の額の様な我が家の庭にも白い椿とピンクの絞りの椿が有ります。山茶花は咲いていますが椿はまだ蕾です。そろそろ30年にもなりますが、たいして世話もしないのに毎年良く咲いてくれています。大体2本とも同時に咲きますので開花時にはつられて気分も華やぎます。
by 四辻の狸 (2016-12-25 16:12) 

あるいる

aruさん

コメントありがとうございます。
紅白歌合戦がBGM代りになる大晦日の楽しげな団らんが目に浮かびます。
除夜の鐘を聞かれるのか、そんな時間まで起きているのもたいへんでもっと早くにオネムになってしまわれるか、さて。
大晦日に笑い納め、元旦に笑い始めと、一年の終わりと始まりがたぶん笑顔になるのでしょう。
よいお年をお迎えください。

by あるいる (2016-12-26 02:58) 

あるいる

takenokoさん

コメントありがとうございます。
何年かおきにですが、深夜からカメラ片手に初詣に出かけることがあります。
もちろん、空模様と気分次第なのですけれどね。
有名どころは人混みが凄いことになりますから、地元の神社から始まり、天満の天神さん、北御堂・南御堂・難波神社というのがテクテク往復10㎞歩き散歩初詣コースの基本です。
今年の大晦日はどうなるのやら。
気紛れな僕のこと、神のみぞ知る、です。

by あるいる (2016-12-26 03:04) 

あるいる

向日葵さん

コメントありがとうございます。
小林幸子さんが舞台装置のような衣装で登場されていたときには、話しのタネ、笑いのタネとして録画しておき、彼女の部分だけ見て笑っていましたが、今は録画もしなくなりました。
見世物として徹底的に楽しませてくれるのなら紅白も面白くなるのかもしれませんね。
飽きるのも早いかもしれませんけれどね。
手を変え品を変え、エンタテイメント業界も生き残りが大変なようです。

by あるいる (2016-12-26 03:10) 

あるいる

tommy88さん

コメントありがとうございます。
喉にひっかかった小骨のように、気になることが解決しないと年を越せないような気分になる時期になってしまいました。
なんとか解決できてなによりです。
「坊ちゃん」は「清」と「坊ちゃん」の物語と言っても過言ではないくらいに「清」が物語全編に見え隠れしています。
現代版「坊ちゃん」の設定はとてもむつかしいかもしれません。
「童話」や「メルヘン」も現代では成立が難しくなってきていますが、ファンタジーとしてならまだ余地はありそうです。
大賞狙いではなく佳作狙いというところが現実味を帯びて楽しみですよ。
妄想遊びは得意ですが、文章が苦手な僕に小説は書けそうにありません。
小説は読むもの、そう決めて楽しんでおりますよ。
昨日、読了した万城目 学さんの「バベル九朔」の主人公は文学賞に落選し続けている小説家のタマゴでした。
ネタバレになりますから詳しくは書きませんが楽しく読めましたよ。
この正月休み、図書館から借りて来た予約本が6冊、かなり速度をあげて読まないと返却日に間に合いません。
えらいこっちゃ、です。
大阪城の外堀、大阪市の役人さんが泳ぎ初めをされたら恰好の話題提供で盛り上がるだろうなと、想像妄想空想を楽しんでいます。
それくらいやって盛り上げるのが大阪人のサービス精神かもしれないと方向違いな妄想です。
2017年6月、大阪城・梅雨の陣が始まるようです。

by あるいる (2016-12-26 03:51) 

あるいる

四辻の狸さん

コメントありがとうございます。
この椿とさざんかは通勤途中によく立ち寄る大阪・梅田のお寺さんの境内に咲いていました。
椿は数種類あり、一番最初に咲いてくれる品種ですが詳しいことも椿の種類もわかりません。
きれいだからそれでいい、ですよ。
いろどりに乏しくなるこれからの季節、椿もさざんかも目にもココロにもやさしく映ってくれますよ。

by あるいる (2016-12-26 04:01) 

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました