So-net無料ブログ作成

驚き [街]






名前を知らない灌木ですが枯れ木も山の賑わい とか。

P1161587a.JPG



冬の光が綺麗でした。

先週の早咲きの梅二輪です。

P1150124b.jpg



梅の開花宣言は今週末になりそうな大阪ですよ。

街角のカフェのテラス席。

P1212044b.jpg



西日が射し込んでいましたが、寒い席に座る物好きなお客さんはいませんでした。
僕だって座りませんよ。






話しは変わって、驚く。
清原の覚醒剤やNHKアナウンサーの違法ドラッグにお前はアホかと思い、
火山の爆発も台湾の地震も北朝鮮のミサイルにも日銀のマイナス金利にも驚くコトがなくなりました。
と言いながら電車の週刊誌吊広告を眺めながらちょっと驚き。
不倫ネタは毎度のコトでまたアホなコトしてはるなぁと見ながらそのバンド名に驚きでした。
「ゲスの極み乙女。」
名は体を現わすとか。
ゲスの極みが不倫かぁ~ コレはおもろいなぁ。
なんでこんな名前にしたんやろか。
どんな音楽なのかどんな人たちなのか全く知りません。
見たコトも聴いたコトもない僕は多分、今の時代に遅れているのかもしれませんね。
知らないコトには驚きませんでしたが、こんなバンド名にちょっとだけ驚いている僕に驚きでした。

3.11以降、ちょっとやそっとのコトでは驚かなくなった僕のようです。
これはマズイ傾向かもしれません。
世界に対して不感症になって来たのでしょうかね。
えらいこっちゃ。

それでも、冬の寒い朝の光や西日に心が動き、梅の花びらに透ける光を綺麗だと思えている間はまだ大丈夫なのかもしれませんね。
ナニが大丈夫なのかはよくわかりませんが。
ま、いいか、です。


あしあと(149)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

あしあと149

コメント 8

コメントの受付は締め切りました
NONNONオヤジ

どの写真もその場の空気感が表現されていて良いですね~☆彡!
3.11以降、ぼくは逆に、ちょっとした揺れにもドキッとするようになりました^^;。
by NONNONオヤジ (2016-02-07 08:21) 

tommy88

「街角のカフェのテラス席」の寫眞、胸にグサリと刺さりました。「オマエノセキハナイ」と突きつけられているようで、嗚呼。と、切実な様子を見せながらも、もう私を必要としない連中への未練は捨てて、ずっと放置していた趣味の世界に戻るのも良いかなと思っています。不器用で無芸ではありますが、映画鑑賞や読書を楽しむチカラはあると思っています。そういう時間を貰って、小遣い稼ぎのアルバイトを少しだけやるという、図書館の住人になるのも良いなと、心が傾斜しております。ただ、思い上がりという誇りの部分が、ちょっとゴミ扱いやんと、傷ついているだけでした。

「ゲスの極み乙女。」は、生徒たちから教えられて聞かされて、そういうことですかと。ただ、彼らの勘違いは自称・絶対音感を持つ女性と、自分が天才だと錯覚する男性が、かなり変な奴ですけれど、ドラムの女の子はなかなかタイプだなぁと、不良教師は思っています。こういう勘違いした連中は、これからも湧いて出てくるのだと思います。

村上春樹の『職業としての小説家』は是非、ご予約ください。予約待ち132番ですが、学校図書館に推薦していたので、読み終えました。かなり良かったです。幾つかの彼の作品を理解し掘り下げる大きなヒントがありました。好き嫌いはありますが、私は、好きの側で、だから個人的な感想です。

ロードヒーティングは、雪国での便利なモノで、歩道の舗装内に埋設した電熱線やパイプに温水を循環させて路面を加熱することで、積雪を溶かし、あるいは凍結を防止するモノです。しかし、電気代が掛かるので、つけっぱなしには出来ません。札幌市内の大通り公園のような、人通りの多い歩道では、これを使って、歩行者が滑らないようにしています。ただ、私の勤務地のような、一日に100人も歩かないような所では電気代がもったいないかなと思ったりもします。

新潟は長岡によく行きました。三女の全中、次女の国体、三女のインターハイ、三女のジュニアオリンピック、次女と三女の日本選手権。始めは宿泊ホテルと、長岡駅と、プールしか知らない視野の狭さでしたが、そのうち司馬遼太郎の『峠』で河井継之助を知り、そう言えば山本五十六の地元だと、あいた時間に彼らの足跡や記念館を訪ね歩きました。そして知ったことは、街の歩道が赤いということでした。「温泉を利用した湯がチョロチョロと流れて」、鉄分による赤色だと、教えられました。

by tommy88 (2016-02-07 08:24) 

kaname

光のキラキラの丸たちが明るい気持ちにさせてくれます。
お花、滋賀に来てからゆっくり見る機会がないです。
写真だけでもじっくり見ることが出来るのは有り難いなぁー。

私は「センテンススプリング」にだけは驚きました。
それを上回る言葉を発見して自慢したいのですが
何も思い付きません。
あっ、一般の方がヤフーの記事のコメントに
「ベアーカットモーニングビューティー」
と書いていて、これ、「熊切あさ美」のことらしいです。
この方もセンテンススプリングを上回りたかったそうです。
思い付くのがスゴイなぁーと感心してます。
ツマ。

by kaname (2016-02-07 16:32) 

Lonesome社っ長ょぉ〜

毎日毎日日替わりで大変なニュースが飛び込んでくるのは単なる
偶然なのかと、訳もなく猜疑心に苛まれている今日この頃です。
それにしてもケッタイなネーミングやら和製英語やら略称やら、
こういうのって直ぐ伝播していくからおじさんたちにとっては相当
厄介な代物となってしまいます。
by Lonesome社っ長ょぉ〜 (2016-02-07 17:45) 

あるいる

NONNONオヤジさん

コメントありがとうございます。
地震雷火事親父だとか。
親父は僕の子どもの頃に他界しましたから怖い記憶はありませんが、他の三つは怖いですよ。
火事は自然現象ではありませんからなんとか防ぐコトはできるのでしょうけれど、近頃は防ぎきれないテロというのが登場してきました。
死にたい奴にかかっては防ぎようもないのかもしれません。
世の中、狂い出したら止められなくなるのが一番怖いコトかもしれませんね。
自分の命を守るためには驚いてばかりではいられなくなってきましたよ。

by あるいる (2016-02-08 03:37) 

あるいる

tommy88さん

コメントありがとうございます。
席がなくなるコトはないと思いますし、なくなっては困りますよ。
ただ、豪華な幕の内弁当付きのS席でないコトは確かなようです。
「ちょっとゴミ扱いやん」と傷つくのは思い上がりでも勘違いでもないことは実績が証明してくれていると思います。
人としての誇りを黙殺する鈍感な人間鈍感になれる人間が、S席ではなくてもそれなりにいい席に座ることが多い理不尽で不公平な世の中のようです。
今も昔も、あまり変わりがないようなのが残念でかなしいことですけれど。
若者の特権のひとつに大きな勘違いから来る根拠のない自信というのがあります。
そんな自信がぐらつきぶっ壊れることでまたひとつ階段を上って行けるはずなのですが、中には階段を転げ落ちてしまう奴が出てきます。
また這い上がってくるのを待つしかありませんね。
『職業としての小説家』は図書館に予約しておきました。
蔵書27冊、ただいま200人予約済、僕は168番目。
図書館は公平に順番待ちのはずですから、2ヶ月から3ヶ月ほどで手元に届く予定です。
ちょっと楽しみです。

by あるいる (2016-02-08 03:56) 

あるいる

kanameさんのツマさん

コメントありがとうございます。
ベッキーさんがどこの国の方とのハーフなのかは知りませんが、「センテンス スプリング」ってなんのヒネリもない直訳やんと思ってしまった僕でした。
ガイジンの血が流れてるんやったら、もう少しユーモアで包まれたひとヒネリした変換をせんかいやと思ってしまいましたが、この二人の中での言葉遊びですから、ま、そんなものかもしれませんね。
僕、かなりひねくれた性格のようです。
そんな僕がおもいついたのがスイート プロフィット(Sweet Profit)甘利さんでした。
なんのヒネリもないなぁ。
ひとさまのコト、ど~のこ~のと言えません。

by あるいる (2016-02-08 04:08) 

あるいる

Lonesome社っ長ょぉ〜さん

コメントありがとうございます。
どこかで必ず繋がっているはずの政治や経済ニュースもあるようですが、深読みする気力も能力もなくなって来た今日この頃です。
アレとコレはかならず繋がっているはずと合理的な説明をつける作業がだんだんと面倒くさくなるほどに世界は複雑になってきているのかもしれませんし、僕の能力が足らないだけなのかもしれません。
世界がますます厄介な代物にならないよう、無能なおっさんの僕はただただ祈り願いささやかな努力を続けるしかないのかもしれません。
あ~しんどいコトやなぁ。
これ、本音です。

by あるいる (2016-02-08 04:15) 

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました