So-net無料ブログ作成

暗夜行路 [街]








「暗夜行路」を読了。

なんでいまごろ「暗夜行路」かといえば、たまたまそこにあったからです。

深い意味はありません。

P2164164b.jpg




今回、名前の面白さに気が付きました。

主人公の時任謙作。

なるほど、時の流れに身を任せているんだ、こいつ。

妙に納得。

立ち止まったかと思えば、あらぬ方向へ進んでしまう。

ま、好きにしなさい。



話しはかわって、この小説、僕の長兄のところから借りてきました。
卒中で倒れて以来、ほとんど出かけなくなった兄。
昭和の小説がお好きなんですよ。
ご機嫌伺いに訪問すると、ちょうど読み終わったらしくて、「持って帰ってお前も読め」と、回らない舌で兄貴風。
命令されると反発したくなるけれど、病人の言うこと、素直に聞いてあげましょうと、借りて来ました。
出来のいい末っ子です。
近いうちに返しがてらにまた、ご機嫌伺いです。
もしかして、兄貴、ちょっと弱気になって寂しいのかもしれませんね。




あしあと(72)  コメント(6)  トラックバック(1) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

あしあと72

コメント 6

tommy88

弱気、寂しい、なんとなく あるいる。
話は変わって、誰かから薦められた本を仕方なく読みました。
重松清『せんせい』。
意外にも面白かったです。
押しつけられたら逃げたくなりますが。
by tommy88 (2013-03-05 06:29) 

shinoan

お優しいですね。。
下に生まれると 気を使うことが今だに多いような感じもしますが。。
ってそれは私です・・・
by shinoan (2013-03-05 10:23) 

DON

時任兼 時の流れに身を任せる・・・・
う~ん 納得ですね  暗夜行路 好きですよ(笑

尻取り大会 多くの投稿有難うございました(^^ゞ
by DON (2013-03-05 23:17) 

あるいる

tommy88さん

コメントありがとうございます。
弱気なときや、寂しいときは誰にもあるものなのですよ。
僕にだって、そんなときがごくごく稀にあるくらいですから。
あ、たまにではありませんね。
押しつけられると、気弱な僕はたいていの場合、断れませんから。
だから押しつけられないように、無い知恵を働かすのがたいへんです。
by あるいる (2013-03-06 03:50) 

あるいる

shinoanさん

コメントありがとうございます。
はい、たぶん優しいのだと思いますよ。
ただし、僕の気に入った相手にだけという限定です。
いつも気をつかったりやさしくあるのは疲れますもんね。
末っ子のワガママがこんなところに顔をのぞかせてしまいます。
末っ子がラクチンだというのは子供のときだけですね。
by あるいる (2013-03-06 03:54) 

あるいる

DONさん

コメントありがとうございます。
暗夜行路がお好きとは、なかなかの渋好みですね。
尻取り大会、今回も楽しく面白かったですよ。
「ルイ・ヴィトンのふんどし」
まったくどうして僕好みです。苦笑
次回を楽しみにしています。
by あるいる (2013-03-06 03:57) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

トラックバックの受付は締め切りました