So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

食指 [花]






大阪・天満の天神さんの枝垂れ梅です。

P3072389c.jpg



のびやかな枝の線とピンクの花が春らしい風情です。


大阪城・梅林の梅は満開です。

P3213229b.jpg



開ききった花は好みではないもので、ひとつひとつの花よりもちょっと高いところから、です。
朧の春、もうすぐですよ。

ちょっとだけ近づいてみました。

P3133851a.jpg


満開の梅もなかなかにいいものです。



話しは変わって、座り聞き。
地下鉄車内で座席に座っている僕の前に立った某有名進学校の高校2年生男子生徒の会話です。
(制服の襟章で2年生だとわかりましたよ。)
「村上春樹て70近い爺さんやろ?」
「そうみたいやなぁ。20世紀のヒトやろ。」
「騎士団長殺し、オモロイんやろか?」
「まだ読んでへんし、なんか食指動けへんねん。じいさんが書いたモン、あんまり興味ないしなぁ。」
高校生がゲームやテストではなく小説の話しをしているだけで、なんだか嬉しくなってきました。
単純なおっさんです、僕。

で、村上さん。
村上春樹さんは1949年生まれ、村上龍さんは1952年、高橋源一郎さんは1951年、山田詠美さんは1959年と、みなさんいいお歳になって来ていました。
作家の年齢は気にならなかったのですが、ちょっとだけ調べてみましたよ。
と、書きながら、いまどきの若い作家の作品をあまり読んでいないことに気がつきました。
デビュー作から追いかけている一番若い作家さんは1979年生まれの森見登美彦さんでした。

近頃の若い作家さん、ホントによく知らないし読んでいません。
同時代に生きているのに、ね。
もしかしたらとてももったいないコトをしているのかもしれません。
高校生2年生のおにいちゃんたち、誰の作品を読んでいるのでしょうか。
興味シンシンでしたが、降りる駅に到着してしまい聞けないままでした。
残念。
村上春樹さんでないコトは間違いなさそうでした。
村上さんの新作、前作のつまらなさの影響か僕も食指が動きません。
書評を信じて食指が動いても、読むとがっかりなんてコトもときどきあります。
批評家と僕の感覚を信じた僕がアホやっただけのコトなんですけれどね。
書評をするN氏、僕と好みが違って来たのか、僕が違ってきたのか、さて。
気が向いたらいつか読むかもしれませんけれどね。

R0203974b.jpg



話しは変わって、春場所。
降りた駅から府立体育館の前を通って目的地へ。
大相撲春場所連日大入り満員御礼の府立体育館でした。
早朝、正面入り口の中では当日券を買い求める行列ができていましたし、西洋のお方もチラホラと見えました。
相撲もCOOL JAPANなんでしょうかね。

ここ二年ほどちょっと応援しているのが宇良と石浦のお二人。
筋肉がついて身体、顔つきが二年前とはまったく違ってきましたよ。
ただいま進化真っ最中です。
小兵ながらなかなか頑張って面白い相撲をとってくれています。
横綱にはなれないでしょうが、どこまで行ってくれるのか楽しみですよ。
若い頃には見向きもしなかった相撲に目が行くのは間違いなく歳のせいですね。
デブは苦手なのに、不思議です。

閑話休題。
長編を読む気力に欠けているような今日この頃です。
短編やエッセイばかり読んでいます。
花粉と春のせいかもしれません。
春が終わったら梅雨のせいにして、そのあとは暑さのせいにしたりして。
いつになったら長編を読みますんや、おっちゃん。
読書の秋までまだ半年以上もありまっせ。
ま、好きなようにしなはれ。
長編だけが小説というワケではないしなぁ。

まったく関係ありませんが、閑話休題。
「余談を打ち切って、本筋にもどる意を表す語。それはさておき。さて。」と国語辞典にありますが、
長い間ずっと「ちょっと話しはそれますが」と、まったく反対の意味だと思っていました。
そんな雰囲気の字面の四文字熟語ですもんね。
いまどきの高校生でもそんな勘違いはしないかも、です。
ハズカシイ。



 


春色 [街]






春の色です。

SDIM4048c.jpg



菜の花の黄色は綺麗ですが、菜の花のおひたしを食べたいとは思いません。
花は食べていないですよね。


やわらかな春の色がいっぱいの雰囲気に咲いていたボケの花です。

SDIM3979b.jpg



背景がそれなりにボケてくれました。
と、定番のボケ。
大阪人としてちょっとハズカシイ、です。

定番の赤いボケ。

DSC06804b.jpg



今週は梅ではない春の色を載せてみました。
もうすぐ、春、爛漫ですよ。




 

話しは変わって、うっかり。
今月のカードの請求明細に不明な3900円の請求がありました。
なんやねん?
明細を確認して、僕のうっかりが原因だと判明。
がっかり、です。

昨年、通販サイトのアマゾンから何度か買い物をしました。
CDであったり、マイクロSDカードだったのですが、そのときに使ったのがアマゾン・プライムのお試し版でした。
翌日には届くというサービスの一ヶ月お試し版、便利に使ったのはいいのですが、一ヶ月以内に解約をするのをすっかり忘れていました。
その結果、契約したコトになり3900円の年会費が請求されてしまったのです。
自分のうっかりを棚に上げ、アマゾンの計略にまんまとしてやられたり、です。
サービスは無料(タダ)ではないという当たり前のコトが完全にアタマから抜け落ちていました。
大阪人として、とってもハズカシイ、です。

話しは変わって、薄着。

DSC00091b.jpg



どこか屋内の現場で作業中のおっちゃんのようです。
シャツ一枚で堂々の闊歩です。
現場は暑いのかもしれませんね。
昼飯用に買い求められたのか、レジ袋の中には弁当その他が入っていました。
暖かくなってきたとはいえ、まだまだシャツ一枚では寒い大阪です。
伊達の薄着は風邪の素、僕には真似はできません。

コンビニでの食い物調達、これはときどき実践中です。
急ぎのときのコンビニ調達。
食いたいものがないときが多いのがタマに傷。
春の行楽弁当、コンビニにもあるのでしょうかね。
まさか、アマゾンで翌日の時間指定昼飯配達はしてくれないでしょうし、ね。



我が道を往く [花]






修理に出していたカメラが直って戻って来ました。
パナソニックさん、ありがとうございます。
さっそく同じ梅田にある太融寺さんで試し撮りです。

P1230427b.jpg



このカメラ、ピクチャーinピクチャー表示でピントが実に合わせやすいのです。
手持ちでも構図が変わらないままにピント拡大確認できますから老眼のおっさんにはもって来い、です。
故障していた露出補正ダイヤルも問題なく作動してくれています。
露出補正、マイナス0.33です。

同じく露出補正マイナス0.33のままで撮りました。
沈丁花なのですが、花粉症の鼻づまりとマスクのために香りはわかりませんでした。

P1230431b.jpg



残念なり。


修理から戻って来る前にオリンパスで撮った同じ境内にある枝垂れ梅です。

P2273213c.jpg



露出補正はプラス0.3。
アンダー傾向が好きなのですが、プラス補正だってするのですよ、ハイ。
ということで、太融寺さん三部作でした。



話しは変わって、先週の大阪城梅林です。
インバウンドと称されている海外からの観光客の一団が梅林の中の小道をやって来ました。
日本への観光、大阪への観光、大阪城へようおこしやす、ありがとうございます。
たくさんの外貨を使って帰ってくださいな。

P3012630d.jpg



一族郎党を引き連れてなのか、堂々と歩く先頭の女性、貫録十分の迫力でした。
道幅一杯に歩いて来るものですから、気弱な僕は彼女たちが通り過ぎるまでこの場所で道が空くのを待っていました。
せっかくの観光、楽しんでほしいものですから、ちょっと通してくださいなとは言えませんでした。
というのはキレイゴトで本音は「道、あけんかいや。マナー悪い常識のない奴らやなぁ。邪魔やねん、お前ら。」なのです。
言ってやりたいけれど、言葉も知りませんし、気弱な僕ですし、ね。

このあと、ココロに決めました。
今日は前から誰がやって来ても避けない、道を空けてやらない、と。
最寄の駅へ到着するまでに、そんな決意は脆くも崩れ去りました。

次から次へとやって来る外人観光客の一団、キャリーバッグをガラガラとうるさく引きづりながら横一列に攻めて来る軍団を目にして、ついつい道を譲り脇へ逃げてしまったり、お先にどうぞと通り過ぎるのを待ってしまった気弱な僕でした。
ながらスマホのおにいちゃんやおねえちゃんにぶつかるのもけったくそ悪いなぁと、避けてしまいました。
我が道を往く。
簡単そうに思えて難しいものだとシミジミつくづく、です。
もっと強くココロに決めればよかったのかな、です。
気弱なおっさんには至難の技でした。

この日の戦績、0勝8敗。
ノックアウト負けです。
ん?
これって戦いなのかい?

      ついでに、この写真を撮ったカメラはオリンパス、露出補正はナシ、です。







欲しいもの [花]





馬酔木の花です。

P1040298b.jpg



花は小さくかわいいのですが、葉っぱは有毒で、この葉を食べた馬がふらつくことからこの名前になったとか。
怖い植物かもしれません。


ちょっと見上げたところの枝に咲いた白梅です。

P2081943b.jpg



もうすぐ、大阪城・梅林も満開になってくれることでしょう。
満開の梅林は綺麗ですよ。


やさしいピンクの枝垂れ梅です。

P2223107a.jpg



大阪・梅田・太融寺さんの境内に今年も綺麗に咲いてくれました。
春の色です。





話しは変わって、プレミアム・フライデー。
一昨日はそんな名前のついた金曜日でしたが、僕のところは関係なし。
享受できるかた、日本にどのくらいいるのでしょうかね。
せめて給料がプレミアムになってくれるほうが嬉しいのですけれどね。
ま、無理な注文です。

PA210005b.jpg



ところで、なんでプレミアム・フライデーなんでしょうかね。
よくわかりません。
ニートにフリーター、ちょっと前まではぷ~たろ~に無職。
なんとなく耳あたりのよさそうな横文字には要注意です。
詐欺師が会話の中に織り込んで使うのが基本技とか。
なんとなくわかったような、わからないとちょっと恥ずかしいような気にさせてしまいます。

スキル、スピードラーニング、インバウンドにコンプライアンス。
ナニがナニやら横文字苦手のオヤジにはさっぱりわかりません。
日本語で通じることは日本語で言ってほしいものですよ。
プレミアムな脳細胞と給料が欲しい今日この頃です。

まったく関係ありませんが、今日のタイトルというか外題。
「ほしいもの」と打ち込んだら「干し芋の」と変換されてしまいました。
なんでやねん?
干し芋、かるく炙って食べたら美味いですね。
もう、何十年も食べていません。
今でも売っているのでしょうかね。
あとで調べてみるといたしましょう。
ザ・プレミアム・ホシイモ、またの名をザ・プレミアム・ドライ・サツマ。
あるかもしれません。


明日 [街]





 からたちのとげは痛いよ。

P2162471b.jpg



カメラ散歩の途中、風車の丘に続く小道にからたちが植えられているのに、今までまったく気づきませんでした。
白い花を見たような見なかったような、黄色い実も見なかったような。
四月になれば白い花が咲いてくれることでしょう。
見に行くといたしましょう。
思い出すかもしれませんから。


菜の花が満開でした。

P2162358b.jpg



2週間前にはなかった菜の花が、どこからか運ばれて来て植えられていました。
街中の公園の花はどこからか運ばれてくるのです。
自生している花を見つけるとなんだか嬉しくなってきて、綺麗に咲けよと、ついココロの中で応援してしまいます。


桜の花が遠慮がちに高い枝にいくつか咲いていました。

P2162393b.jpg



桜の種類はわかりませんが、この時期に咲くのですからソメイヨシノではないと勝手に決めました。
ソメイヨシノだったらどうしようと思いながらも、誰も困らないから、ま、いいや、です。
春はもうすぐのようです。

ということで、今日の写真を撮った公園の風車のある丘です。

P2162429b.jpg



どこからか運ばれて来た菜の花が植えられています。
庭師のおじさんが花の状態を確認されていました。
老夫婦が仲良く散歩されていました。
風のないおだやかで長閑な朝でした。
菜の花の次にはチューリップの花がこの丘を覆ってくれるはずです。

話しは変わって、春一番。
関西でも和歌山県にはこの金曜日に春一番が吹きました。
大阪はまだですが、明日にも吹くかもしれないとお天気おねえさんが言っていました。
昨年、大阪に春一番は吹きませんでした。
今年はどうなることやら。
春一番が吹かなくても春は来る、です。
大阪城・梅林の開花宣言がこの金曜日に出されました。
昨年より5日遅く、一昨年より10日早い開花宣言でした。
春はもうすぐです。
昔の人は云いました。
明日は明日の風が吹く。
うん、それはまちがいない。





難しい [街]





枯れて倒れたネコジャラシは色が抜け落ちて無彩色になるのですね。

P1010729-7b.jpg



大阪城・梅林のかたすみにそっと横たわっていました。


鳥撮りのご夫婦が教えてくれました。
この鳥はムクドリですが、食べてもあまり美味しくはありませんよ。

P2031712b.jpg



ほろほろ鳥は東京時代に食べましたが、ムクドリは食べたことがありません。

ちょっと離れた木に雀がとまってくれていました。

P2082013b.jpg



鳥を撮るのはホントに難しいものだとつくづくシミジミです。
ましてや飛んでいる鳥を撮るなんて、僕にできる技ではありません。
その前に、鳥が来るのを待つなんてコトは短気な僕にはできません。
カワセミや他の鳥の写真を載せていらっしゃるお方、尊敬してしまいます。

話しは変わって、コンビニエンス・ストア。
梅林の中にあった休憩所&売店がいつのまにかコンビニに変わっていました。
まだ利用したことはありません。
開店する前には帰ってしまうからですよ。
同じ建物にあるトイレはときどき利用しています。

P1140800a.jpg


女性用トイレのマークですが、男性用は反対側にあるものですから陽射しと影がなくて撮りませんでした。
女性用トイレを利用したわけではありません。
念のために、です。

ということで、無彩色だけではさびしいものですから赤系統の色も混ぜてみました。
冬の色から春の色へ、もうすぐですよ。

まったく関係ありませんが、東京時代に焼き鳥屋でのこと。
「するめの丸焼き一丁!」
あ、僕も同じものを!
しばらくして登場したのは皿に乗った「すずめの丸焼き」でした。
すずめのまんまの全身姿で(毛は抜いてありました)美味そうな醤油色にこんがりと焼けていました。
意を決して頭からバリバリと喰らいつきました。
それなりに美味かったですよ。
ただ、二度と注文はしませんでした。
「するめの丸焼き」のほうが精神的にも味も何百倍も美味くて安心です。

鳥撮りのご夫婦、雀も食べはったんやろか。
今度会うことがあれば聞いてみるといたしましょう。 


唱歌 [花]






先週の梅一輪、です。

P1090301b.jpg



形のきれいな一輪の梅をみつけるのはちょっと面倒くさいです。
広い大阪城・梅林の中を反時計方向にぐるりと回りながらチェックです。


柵の中に入るコトはできませんから、ズームレンズをつけたカメラは必需品です。

P1090387b.jpg



光の状態を確認しながら、100種類1000本以上ほどある梅の中から僕好みの梅を探します。
あそことあそこに植えられているけれど、まだ咲いてくれてはいません。


面倒くさいけれど、実はかなりの楽しみです。
浮世のアレもコレも忘れさせてくれるひとときですよ。

P1261138b.jpg



外人観光客が押し寄せる頃にはもう駅へ向かって歩いています。
まだ早咲きの梅しか咲いてくれてはいませんが、これから三月過ぎまで楽しませてくれます。





話しは変わって、早春賦。

  ♪ 春は名のみの 風の寒さや~
   谷の鶯 歌は思えど
   時にあらずと 声も立てず
   時にあらずと 声も立てず~ ♪

一番の歌詞は鼻歌でも出てきますが、二番からあとは覚えていません。
梅の花を探しながら、同じ歌を何度もリピートです。

話しは変わって、立春。
立春も過ぎましたが、今年は恵方巻きも豆まきにもご縁がありませんでした。
肉が食いたかったものですから恵方巻きは食いませんでした。
豆まきはあとの掃除が面倒ですからもうしなくなってどれくらいになるでしょうか。
豆も食いませんでした。
両方とも縁起モノですが、ま、いいか、です。
僕の気分が最優先です。
昔の人は云いました。
鰯の頭も信心から。
そういえば、鰯の頭も柊の枝にもご縁がなくなってどれくらいになるでしょうか。
ま、そんな今日この頃ですよ。

話しは戻って、唱歌。
この日、鼻歌に登場したのが「早春賦」と「冬景色」と「冬の星座」でした。

「冬景色」

  ♪ さ霧消ゆるみなとえの~
   舟に白し、朝の霜
   ただ水鳥の声はして
   いまだ覚めず、岸の家~ ♪

「冬の星座」

   ♪ 木枯しとだえて さゆる空より~
     地上に降りしく くすしき光よ
     ものみないこえる しじまの中に
     きらめき揺れつつ 星座はめぐる~ ♪

どれも一番しか覚えていませんから同じところばかり繰り返しです。
誰も聴いていないから、ま、いいか、です。
早朝の梅林には僕の他には2~3人しかいませんでしたしね。
それにしても、こどもの頃に教わったり聞き覚えた歌を忘れていないものです。
というよりも、この3曲はかなり好きな歌ですよ。
勝手に情景が浮かんで来てくれます。
ナツメロや唱歌というよりも僕には日本のスタンダード・ナンバーです。

P2031597b.jpg



早咲きの梅の中で5本くらいはもう満開の梅林でした。
遠景に見える落葉樹の大木は枝が寒そうです。
まだまだ「春は名のみの 風の寒さや」ですよ。

まったく関係ありませんが、先週から天気予報に花粉情報が登場しました。
今のところはまだ「非常に少ない」程度です。
今年は去年の2倍の花粉が飛ぶとか。
戦々恐々の春、もうすぐです。
えらいこっちゃ、ですよ。





どっち? [人物]






寒い朝です。

P1020099c.jpg



♪ 北風吹きぬく~ 寒い~朝も~ 心ひとつで~あたたかくなる~ ♪
大女優さんが若い頃のレコード・デビュー曲でそんなふうに歌っていました。

心ひとつであたたかくなるのなら、コートもマフラーも手袋も暖房もいりませんよね。

P1241948b.jpg



と、昭和のぼやき漫才師・人生幸朗さんのようになってしまいました。
昭和の平和な歌謡曲でした。

大阪の最低気温が氷点下を記録した先週、街中の池に氷が張っていました。

P1250873b.jpg



寒い朝でした。





話しは変わって「作家の口福 おかわり」。
そんなタイトルの食べ物とそれにまつわるエッセイ・アンソロジーです。
軽く読めそうだと図書館から借りて来ました。
あとにはなにも残らないほどに軽く読めましたし、登場した食べ物を食いたいとも思いませんでした。
トナカイのミルクで作ったミルクティーはともかく、ひき肉やあんこの入ったたこ焼きには食欲が湧きません。

話しは変わって、名前。
アンソロジーですから、沢山の作家の方が執筆されていました。
読み進むうちに、ん? え? どっちやろ?
疑問が消えてくれません。
朝井 リョウ? 冲方 丁? 辻村 深月? 中村 航? 葉室 麟?
北村 薫さんは男、桐野 夏生さんは女、平野 啓一郎さも万城目 学さんももちろん男。
朝井さん以下、五人の作家さんの作品は読んだことがないものですから、名前から性別を判断できませんでした。
あんさんたち、いったいどっちやねん?
辻村 深月さん以外は男でした。
朝井さんは20代でしたが、他の四人さんは中年から初老の男性でした。
名前からは想像できませんでした。
う~ん、ややこしい名前つけんといてくださいな。
まったく関係ありませんが、花村萬月さんはスキンヘッドのおっさんです。

話しは変わって、恩田さん。
「作家の口福 おかわり」の前作は「作家の口福」ですが、まだ読んではいません。
そこに登場する作家のひとりが恩田 陸さん。
先日、「蜜蜂と遠雷」で直木賞を受賞されました。
写真を見ると、中年のおばさんでした。
作品を読んだコトがなかったものですから、男か女かわかりませんでした。
「海」も「地球」も女性名詞ですから「陸」も女性名詞なのかもしれませんね。
あとで調べてみるといたしましょう。

話しは変わって、きらきらネーム。
近頃はきらきらネームとかなるものが流行っているとか。
読めない読みにくいイメージ優先の漢字の名前、将来困った場面に遭遇するかもしれませんね。
いっそのコト間違いなく読めるひらがなの名前にすればいいのに、と思ったり、です。
女性の名前なら見た目にもやさしくてやわらかな雰囲気になりそうです。
まったく関係ありませんが、NHKの朝のドラマに登場するのはすみれさんとさくらちゃんです。

P1271311b.jpg



きらきらするのは太陽の光と瞳の輝きで十分ですよ。
最低気温が氷点下だった大阪も、昼の陽射しはあたたかでした。
散髪したてのうなじに当たる陽射しがあたたかくて気持ちよかったですよ。
山茶花に透けた光、きらきらと綺麗でした。




 


境界線 [花]






白梅です。

DSC08109a.jpg



ピンクがかった紅梅です。

DSC09072c.jpg


白とピンクの取り合わせです。

DSC09279b.jpg



と、今回も梅三昧です。

話しは変わって、撮る。
大阪城・梅林にはいろんな方が来られます。
ちょっと見かけたランナーのおにいちゃん。
水仙の花をスマホ片手に撮っていました。
自分用なのか、どなたかに見せるのかはわかりません。
綺麗な花がお好きなのかもしれません。

DSC09271b.jpg



でもね、柵の中に入って花に近づきたい気持ちは想像できるけれど、それはアカンねん。
なんのための柵やねん。
梅の木の根を踏み固められないよう、傷つけられないよう病気にならないように守っている柵ですよ。
目に見える線も見えない線にしても、この一線を超えるか超えないか、この小さな差はとても大きいのですよ。
と、思いながらも注意はしませんでした。

ときどき見かける素人カメラマンのおっちゃん&おばちゃん、三脚をつけたまま傍若無人に柵の中に入り込み、
自分好みの位置に三脚をセットして一心不乱に撮影中なのをよく見かけます。
これもまた注意はいたしません。
アホの相手をするのん、疲れますねん。
以前に注意したら、逆切れされてどえらい目に合いましたもん。

ちょっとくらいかめへんやん。
僕(わたし)だけと違うやん。
たまにはちょっと気の利いた言い訳を用意しとけや。
それでこそ大阪人やろ。
ん?
大阪人と違う?
あ、お隣の国のひとでした。
えらいすんまへん。
なんで僕が謝るねん?


というコトでこの場所から直線距離20mの梅林内に咲いていた水仙です。

P1010747b.jpg



梅ばかりでは飽きてしまいますからね。
けっしてこの写真のおにいちゃんと張り合っているわけではありません。
もちろん、一線を超えないで撮りましたよ。





梅三昧 [花]





早朝の大阪城・梅林には蝋梅の甘くやわらかくやさしい香りが漂っていました。

P1130840b.jpg



梅林の中で一番最初に咲き始めます。
花の形はあまり好みではありませんが、あとをひかないやわらかな香りは好きですね。


ピンクの梅も咲いていました。

P1130852b.jpg



梅一輪 一輪ほどの あたたかさ  by 服部 嵐雪
まだまだあたたかくなる気配はありませんが、そこはそれ、気はココロというヤツでしょうか。


やはり、梅は白梅が一番の好みです。

P1140999b.jpg



もの静かで品があって凛として。
すべて僕が持ちあわせていないものばかりです。
がさつなオヤジのないものねだりです。


梅と来れば、天満宮。
先週、9日は宵戎、10日が本戎、11日は残り戎。
天満の天神さん、学業の神さんですが商売の神さん・戎っさんまで手を広げての多角経営です。
同じ神さん同士ですから、ま、いいか、です。

P1111640b.jpg



ピンクの着物を着た福娘さんも、白い法被の元・福娘さんもがんばってはりました。
チラリと左上に見える「合格吉兆」の福笹2500円也のチラシ。
本業の学問の神さんと商売の神さんの合わせ技、さすがに商売上手な大阪の天神さんです。
もう少しすれば全国梅酒祭りというイベントがここで開かれます。
もちろん、有料です。
商売上手やなぁ、天神さん。

まったく関係ありませんが、境内にあったおみくじ。
ひとつだけ表に「吉」の文字を出して折りたたみ結んでありました。

SDIM0751b.jpg



裏向きに結んであるおみくじの中、このひとつがとても目をひきました。
今年一年、吉でありますように。
そんなささやかな願い事、叶えばいいですね。

戎っさんも終わった大阪、正月気分もここまで。
明日からは日常が戻って来ます。
もうすぐ新しいアメリカ大統領が就任されます。
これからの世界はどうなることやら。
ま、なるようになる、ですよ。
どうか「吉」が続きますように。
庶民の願いはささやかです。

まったく関係ありませんが、ここまでくれば梅干しの話題も、です。
大阪・ミナミにあった和歌山の梅干し専門店がなくなっていました。
塩だけで漬けた梅干しが好物で、ときどき買っていたのですけれどね。
方向音痴の僕のコトですから、道筋をどこかで間違えたのかもしれません。
ネットで調べようとしましたが、店名を覚えていません。
僕の中では、あそこにある梅干し屋でしたから覚える必要がなかったのです。
ちょっと困って、酸っぱい顔。
はい、無事にオチが付いたようで今年もなによりです。
めでたしメデタシ。



前の10件 | -