So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

大丈夫ですよ ~号外~ [街]



地震の被害もなく、大丈夫ですよ。
それにしても揺れがひどくて驚きました。


P1110082a.jpg


熊本地震の例もあるように、もっと大きな地震が来るかもしれないと不安ですよ。
心配したところで、出来るコトは限られていますからとりあえずは、水の確保だけはしました。
電車が全部止まっています。
どうして家まで帰ろうかな~と、月曜からアレコレ心揺れ動きます。
電話が通じない兄や姉が心配ですが、まあ、大丈夫だと思いましょう。
どうか大きな地震が来ませんようにと願うだけです。

取り急ぎ無事のご報告です。
コメント欄は閉じさせていただきました。
あしからず、です。




あしあと(102)  コメント(0) 

全部、青い [花]




ジャカランダの花の房は昨年よりも今年は少ないですね。


P6270788b.jpg


花にも当たり年といまひとつの年があるようです。


アガパンサスが咲いていました。


P6241149b.jpg


いつもの公園のいつもの場所です。
花の数が少なくなっていましたが、健気に綺麗に咲いてくれていましたよ。
来年に期待するといたしましょう。
というコトで梅雨の晴れ間、さわやかに青い花と緑でまとめてみました。


三枚目はちょっと渋目に青い花、です。


P5309095c.jpg


蒼という漢字を当てるほどには深い蒼のあじさいではありませんでした。
ちょっと残念ですが、ま、いいか。





話しは変わって、並ぶ。
ナニを並んでいるのだろう?


R0205001c.jpg


JR大阪駅のファッションビルを結ぶ空中の通路、並んでいる先頭にはファッションビルへの入り口がありました。
時間は平日の朝9時35分、開店は10時。
一仕事を終えて職場へ戻る途中に見上げるとこの行列、エスカレータを上がって、はい、パチリ、です。
並んでまでほしいものがあるのでしょう、たぶん。
並んでまでほしいモノ、並んでまで食いたいモノ、まったくありません。
並んでまで待つのは苦手ですし、ね。

そんなコトよりも、こんな高い場所の両側がガラス張りで透けて見える通路を通るどころか、そこに止まって並ぶ。
なんと恐ろしいコトを平気でされているコトだろうかと驚きです。
高所恐怖症の僕には出来ないコトですよ。
写真を撮った場所に立っているのも怖かったものですから、膝をついて撮りましたよ。
だって、足も手も怖くて少しだけ震えていましたから。
顔色は半分、青くはなかったハズ、です。
と、できるコトならいつも地に足をつけていたいおっさんなのですよ、僕。
けっしてガタが来ていたワケではありませんよ。
ネンのために。






あしあと(86)  コメント(10) 

みどりの葉 [植物]





雨上がりの朝、くちなしの花がたくさん咲いていました。


P1270815c.jpg


香りがほんわかとやさしく漂っていました。
濃い緑の葉と白い花のコントラストがきれいでした。


もみじ若葉が重なった緑のグラデーションが綺麗でした。


P1270825b.jpg


雨上がりの雫も綺麗でした。


雨に洗われた葉が、いろいろな緑の表情を見せてくれていました。


P1270832d.jpg


くちなしの花も紫陽花も綺麗ですが、今日のホントの主役は緑の葉です。
濃いみどりから淡いみどりまで、みどりいろのバリエーションです。
さまざまなみどりは目にもこころにもやさしく沁みいります。





話しは変わってカラス。

             カラスに注意!!!

                        近くに巣があります。
             ヒナや巣を守るために
             いかくすることがあります
                        注意して通行してください

          積水ハウス梅田オペレーション㈱


写真撮影によく訪れる大阪・新梅田シティの庭にこんな張り紙がありました。


P1270936c.jpg


写真を撮りに来てカラスに襲われでもしたら、これはえらいコトですよ。
こうして貼り紙までしてあるというコトは、カラスに襲われても自己責任だろうな。
通勤のお方が通り抜けるだけでなく、観光客もたくさん来られるから告知の意味もあるのでしょうね。
すぐお隣がホテルなのに、外国語の表記がないのがちょっと不思議でした。
ま、いいか。

僕はこの場所からは早々に退散です。
画面右側に咲くあじさいは先週に載せた写真のあじさいです。
花の色が濃くなっているはずだから、もう一度撮ってみようと来たのに、ちょっと残念。
ま、カラスに襲われるコトを思えば、キッパリと諦めるといたしましょう。
君子 危うきに近寄らず、です。
雨上がりの朝、くちなしの花から撮り始めた写真は、カラスのおかげでここでオシマイです。
ま、いいか。

まったく関係ありませんが、この庭の管理は積水ハウスさんだったとはじめて知りました。
ときどき花の名前を教えてもらう庭師のおねえさんは積水の社員のようでした。
新梅田シティには積水ハウスの本社が入っているから、納得です。

もっと関係ありませんが、積水ハウスのCMソングのタイトルは「積水ハウスの歌」です。
そのまんまやなぁ~。
でも、なんとなくココロがほっこりするメロディーと歌詞と声やなぁ~。
 ♪ あの街に あの家に こころはかえる mmmm mmm 積水ハウス~ ♪
村上ゆきさんのバージョンが気に入っていて、カバーアルバム「おんがえし」を買ってしまいました。
もう一枚のアルバム「夢であいましょう」とあわせて気に入っています。
と、カラスともくちなしとも緑の葉ともまったく関係のないハナシでした。
あからさまに村上ゆきさんのPRです。
今日も支離滅裂、ま、いいか、です。

                                    *積水ハウスのうた  作詞 羽柴 秀彦 作曲 小林 亜星 
                                     https://www.youtube.com/watch?v=obCEPF2N7HI









あしあと(113)  コメント(10) 

無口 [花]






ビヨウヤナギを撮るときには眩暈がします。


P1190202b.jpg


しゃがみ込んだまま風が吹かない瞬間を待って息を止めて、ハイパチリ。
労力と写真の出来具合が正比例すればいいのですけれど、ね。


ツツジの季節も終わろうとしています。


P1190547b.jpg


風が吹いてもそんなに揺れないから撮りやすいです。


撮りやすいと云えば、アジサイも撮りやすい花です。
低い位置のアジサイは風に揺れることが少ないですからね。


P6013332b.jpg


いつも同じような撮りかたになるのが要注意です。
今日は正攻法で攻めてみました。
正攻法、またの名を偉大なるマンネリズムと言います。




話しは変わって、話す。
僕、基本的には無口です。
寡黙と云っても過言ではないくらいかもしれないと思っています。
ず~っと黙っていても苦になりません。
誰かが話すのをじっと聞いているだけでかまわないのです。
ときどき、茶々をいれるかもしれませんけれど、ね。
ただし、面白くて興味のある話しに限定させていただきます。
六法全書を延々と杓子定規に解説されても困るだけです。


P1210699e.jpg



女の人が、酒ものまないで長い時間を珈琲一杯で楽しそうに喋っているのが不思議です。
なんでやろ?
どうしたら、そんな離れ業ができるのやら、です。
次から次へと話題が変って行き、いったいナンの話しをしているのかさっぱりわかりません。
これが世間話しの王道なのかもしれませんけれどね。
先日、喫茶店で隣の席に座ったおばさん達がそうでした。
芝居の話しから年金の話し、急にどこかのどなたかの親子の悪口から今晩のおかず。
なんの接点も脈絡もない話題の転換でした。
なんで、そんなコト知ってるネン。
はい、暇潰しに、本を読むフリをしながら聞き耳を立てていたものですから。
おばちゃんたちの会話、中身はど~ってコトないのですが、そのスピード感と展開の鮮やかさを楽しませてもらいました。
下手な漫才よりも面白かったですよ。
おばちゃんたち、ひとつだけ注文させてください。
声が大きくうるさくて、本が読めませんでした。
次回は、もうちょっとお静かに小さめの声でお願いしますよ。
面白そうだったら、聞き耳を立てますけれど、ね。







あしあと(120)  コメント(12) 

はしりと名残り [花]




はしりの紫陽花。


P1270670d.jpg


名残りの薔薇。


P1270777b.jpg


先週、雨上がりの早朝に撮った順に載せてみました。
名残りの薔薇はともかく、はしりの紫陽花とはなんともいただけない表現です。
頭のなかにあったのは名残りの鱧 はしりの松茸でした。
季節違いとはいえ花より団子、食い物優先のおっさんです。



話しは変わって、旬。
春わかめと筍の炊いたのを若竹煮と云うとか。
いかにも春の旬を満載の家庭料理です。
それにえんどう豆を加えて炊いたのも好物ですよ。
なんという名前の料理なのかは知りません。
わかめと筍とえんどう豆の炊いたん、とでも云うのでしょうかね。
炊いたんとは関西弁で煮たものという意味で、漢字で書かないと意味が伝わりにくいですね。
カタカナでタイタンと書けばギリシャ神話に登場する巨人になってしまいます。
そんなもん、食えません。
えらいこっちゃ、です。
話しは飛んでそら豆。
先日食べたそら豆の天ぷら、美味かったです。
一番搾りとそら豆の天ぷらは似合います。


R0204948c.jpg


話しは変わって、寺山修司さん。
近頃、思い出すのが彼の書いた「五月の詩」です。

     きらめく季節に
     たれがあの帆を歌ったか
     つかのまの僕に
     過ぎてゆく時よ

                   ~中略~

         二十才 僕は五月に誕生した

はずかしいのですが、最初と最後しか覚えていません。
真ん中はかなしいコトにうろ覚えというヤツです。
ときどき古本屋を覗いては探しています。
いまは絶版になっていて、図書館にも蔵書はありません。
五月生まれでもないのに、なんだか無性に読みたくなる今日この頃です。
なんだろう、若いときが懐かしいとか愛おしいとかではないのですけれどね。
まだ、きらめく季節が続いているつもりなのかもしれません。
はしりでも旬でもなく名残りの季節でもおかしくないのに、ね。
ヘンなおっさんです。
ま、そんなときもあるお年頃なのですよ、たぶん。
そして、捜し歩いているコトが楽しいのですよ、きっと。





あしあと(126)  コメント(5) 

薫風 [植物]






見上げれば桜若葉の間から朝日が眩しく覗きます。


P5173231b.jpg


よく目を凝らしてみれば、ちいさなさくらんぼが実っていました。
まだ緑色の実も赤く色づいた実もありますよ。
暇つぶしに探してみてくださいな。


今日は緑色の写真でまとめてみましたので、アクセントに白い薔薇一輪です。


P1240789c.jpg


公園の薔薇園には甘い香りが漂っていましたよ。
100%無添加の自然香料です。


水辺が恋しくなる季節になって来ました。
アメンボが浮かんでいます。


P5180527b.jpg


子どものころ、学校のプールにアメンボがいました。
どこからやって来るのか、今でも不思議に思います。

まったく関係ありませんが、演劇部。
アメンボ赤いな あいうえお
柿の木 栗の木 かきくけこ
演劇部の連中が発声練習をしているのを聞いているうちに覚えてしまいました。
でも、サ行から次が出てきません。
忘れてしまったようです。
ま、いいか。
それよりも、アメンボって赤かったかな?
写真のアメンボは黒く見えます。
どっちやねん、アメンボ。



昔の人は云いました。
栴檀は双葉より芳し、とか。
こどものころから人並み以上に人並みだった僕にはご縁のない言葉です。

四天王寺さんの境内に栴檀の大木が二本あります。
白い花が満開でした。
二本の木の場所は直線距離で200mほど離れているのですが、香りが風に乗って漂ってきます。
白檀の香りでした。


P5269189b.jpg


栴檀と白檀が同じだとはじめて知りました。
扇子の香りです。
人工香料を沁みこませた扇子、ちょっと苦手です。

若葉の香りと花の香りがやさしくここちいい季節です。
まさしく薫風です。

まったく関係ありませんが薫々堂。
大阪・天神橋筋三丁目にある和菓子屋さんです。
ちょっと前にかしわ餅を買って食べました。
美味かったです。
もうすこしすると白桃大福が登場します。
昨年はうっかりして食べられなかったものですから、今年こそ食べてやります。
いえ、食べさせてもらいます。
たぶん、美味いと思います。
この店のいちご大福は美味いですから。
白桃、大好物ですし、ね。







あしあと(132)  コメント(6) 

燃える [花]





シロツメクサの別名がクローバーだとはじめて知りました。


P5113106a.jpg


シロツメクサの下にクローバーが生えていたかどうか記憶に残っていません。
他の写真で確かめました。
確かに、クローバーがたくさん生えていました。
納得です。


まだ早いと思っていたら公園の薔薇が咲いていました。
種類によっては満開でした。
昨年より一週間は早いようです。


P1240786b.jpg


うかうかしていると、他の花たちもあっと云う間に咲いてしまうかもしれません。
異常気象&地球温暖化、あなどってはエライ目に遭いそうです。


淡いピンクと黄色のグラデーションの薔薇で、気分はほんわか、です。


P1270550c.jpg


やさしくやわらかな色はこころ穏やかにしてくれそうです。
と、思った僕、ストレスが溜まっているのでしょうかね。




話しは変わって、聞き流す。
家でPCに向っているとき、最近はピアニストのピリスさんのCDをBGMにしています。
大阪での最後の演奏会に花粉症のくしゃみと鼻づまりのせいで行けなかったせいもあります。
聞き流しながらブログを書いたり訪問しています。

A氏のブログに、彼女の東京公演へ聴きに行かれた記事が載っていました。
大阪での演奏プログラムと違い、僕が聴きたかったプログラムでした。
これで、火がついてしまいました。
B氏のブログに彼女のピアノ協奏曲の話題が書かれていました。
これで完全に燃え上がってしまいました。
個人的に炎上です。
影響されやすいおっさんなのですよ、僕。

ピリスさんから始まり、同じ曲を演奏している他の現役ピアニストにも手を広げてしまいました。
ポリーニさんやツィメルマンさん、タイソンさんや内田さんもと聴き広げては、これもええなァと思っています。
Spotifyで聴いてからCDを図書館で借りてコピーする。
図書館に蔵書していなければ買う。
タワーレコード・オンラインで店頭価格より安く買えるのがちょっとだけ助かります。
A氏にもB氏にも失礼ながら、読み流していればよかったのに・・・と、後の祭りです。
と、云いながらもけっこう楽しんでいるのですけれどね。
だって、音楽は音を楽しむコトですもん。
みなさんのそれぞれの音、楽しんでいます。


PA266381b.jpg


街へ出れば雑音や騒音に包まれてしまいます。
これもストレスの原因だとか。
せめて家では静かに好きな音に包まれていたいものですよ。
ますます、テレビをつけなくなりました。
ささやかな現実逃避なのかもしれません。
ささやかな抵抗。
そんなカッコイイものではありませんけれどね。






あしあと(121)  コメント(8) 

はまる [花]






大型連休も今日でオシマイです。
カレンダー通りの休暇の僕にはなんだか中途半端な休暇でした。
ちょっとだけ曜日の感覚に戸惑ったおっさんでした。


P1160507b.jpg


というコトでマメ科の植物を撮りました。
名前は知りませんが、春になると公園でかならず見かける僕好みの野草です。


P1240870b.jpg


ハルジオンの花がアジサイの葉っぱの間に侵略していました。
アジサイの花はまだしばらく先のようでした。


P1170398b.jpg



木や草の緑が溢れだした公園の一隅に、チューリップが一輪咲いていました。
周りはハルジオンや他の野草に占拠されていましたが、数年前までこの場所にはチューリップが沢山咲いていました。
その中のひとつが逞しく生きのびていたようです。
このチューリップに拍手の気分でした。
一所懸命に頑張っているの見ると、ついつい応援したくなる浪花節おやじなのですよ。






話しは変わって、Spotify。
Spotifyはスウェーデンに本社がある音楽ストリーミングサービスです。
ただいま無料で使用中です。
最近、ちょっとはまっています。
スマートフォンではシャッフル再生しかできませんが、PCではアルバムの曲順通りに再生してくれます。
この違いはちょっと不思議ですが、こまかいコトは、ま、いいか、です。
で、PCからブルートゥース対応のスピーカーかヘッドフォンに飛ばして聴いています。
CD屋さんやyoutubeでは聴けないクラシックやジャズ、古いポップスなどです。

外国のサービスのためか、日本人アーティストがかなり漏れているようですが、タダですから文句は言えません。
便利なのがクラシックやジャズのアルバムを全曲聴けるコトです。
図書館に置いていないCDが沢山あります。
全曲を聴いて気にいればCDを買おうかなと、密かに思っています。
Spotifyさん、ありがとうです。
浪花節を探してみたけれど、ありませんでした。
ま、スウェーデンだから仕方ありませんよね。
聴きたいとは思っていませんし、ね。


で、突然にチューリップの丘。


P1100168b.jpg


とかなんとか云いながらも、手入れの行き届いた公園もあるのですよ。
チューリップは終わって、今はネモフィラとマリーゴールドに植え替えられていると、公園情報にありました。
カレンダー通りの休暇だった僕、この大型連休の間にでかけたのは図書館とコンビニとスーパーだけでした。
地味なおっさんです。

話しは変わって、マンゴージュレ&ふんわり杏仁。
某氏のブログに写真が載っていました。
たらみ社の製品です。
マンゴーも杏仁も好物です。
とても食いたくなりました。
コンビニにもスーパーにも影もカタチもありませんでした。
ないとなればよけいに食いたくなるのが食いしん坊オヤジのサガなのです。
調べると今のところ関東のセブン・イレブン限定販売だと。
早く大阪でも売ってほしいものですよ。
食い物の恨みは怖いですよ~。
たらみさん、そこんところヨロシク、です。
はまるかどうかは、食ってみないコトにはわかりませんけれどね。

図書館の帰りに寄ったスーパーで、ハーゲンダッツの季節限定アイス、ダブルチーズが大特価・198円で売られていました。
オトナ買いしてしまいました。
ただいま、はまっております。





あしあと(135)  コメント(4) 

ときどき [街]





ときどき、どの写真を載せようかと迷います。
で、白い牡丹です。



R0204650b.jpg



ときどき、どんな記事にしようか迷います。
で、赤い牡丹です。



R0204786b.jpg



そんなときに思い出すのが僕の座右の銘、ない袖は振れない、です。
撮りたいけれど撮れない写真を思ってもしかたがありません。
書きたいけれどコンパクトにまとめられないことを考えてもしかたがありません。
だからなんとなくココロに浮かんで来たコトを書き、そのときの気分に合った写真を載せます。



R0204563b.jpg



陽射しのある地下街です。
地下街が苦手な僕ですが、ガラス貼りの天井から光が降り注ぐ地下らしからぬ解放感が気に入っている場所です。
近くのコンビニで飲み物を買って一休み、です。
コンビニで買い物はしても他の店で買いものどころか、飲食店に入ったこともありません。
清掃の行き届いたトイレはときどき利用させてもらっています。
ごめんなさい、ディアモールさん。
今日は、花写真と街写真の雰囲気がまったく合わない記事になりました。
ま、今日に限ったことではありませんけれどね。



R0204539b.jpg



三枚目の写真からまっすぐ30mほど進むとこのマネキンが立っていました。
肩のまあるい部分と切れ込みで腕の位置を調整するようです。
夏の装いのとても静かな雰囲気のマネキンでした。
ときどきいるのですよ、うるさいほどのマネキンが。

静かと云えば三枚目の写真に登場の帽子のおじさん、とても静かな方でした。
携帯電話で話していても、話し声がすぐ後ろに座っている僕には聞こえないほどでした。
さあ、帰ろうと立ち上がったとき、ノイズキャンセリングのウォークマンで音楽を聴いていたことに気づきました。
おじさんどころか、僕の周りがとても静かで音楽しか聞こえていないのは当然でした。
ときどき、こんなアホなうっかりをしてしまいます。
ボケではないはずですけれど、ね。




あしあと(124)  コメント(6) 

若葉のころ [植物]




濃いピンクのツツジが満開でした。


R0204727c.jpg


白いツツジも満開でした。


R0204710c.jpg


僕の個人的感覚ではツツジが咲く頃は初夏なのです。
まだ四月、初夏には早すぎますよ。
と、云いながらも毎日アイスクリームを食べています。
ビールは飲まなくても、なぜかアイスクリームは食べたくなるのです。
朝からでも昼間でも堂々と食べられますし、ね。
大昔の王様よりも贅沢な生活をしているようです。
と、比べる対象がなんだか間違っているような気がしないでもない。
こまかいコトは、ま、よろし、です。




話しは変わって、新緑。
近頃の陽気のせいか、新緑がいっせいに目立ってきました。


R0204808b.jpg


四月一日のブログ「春ですよ~」の四枚目の写真に満開のソメイヨシノの並木がありました。
    「春ですよ~」  http://aruiru.blog.so-net.ne.jp/2018-03-31
左側の犬を散歩させている女性の位置から撮ってみました。
桜の若葉が目にまぶしいくらいです。
芝生の緑も濃くなって来ています。
右に見える空に向かって枝を広げた一本の木は、ついこの前までは裸木の状態でした。
自然の持つ生命力の強さには驚かされますよ。

話しは変わって「若葉のころ」
天地真理さんが歌う「若葉のささやき」を思い出すコトはありませんが、
ビージーズの歌う「若葉のころ」は思い出します。
映画「小さな恋のメロディ」の挿入歌でした。
若葉のころはとっくに過ぎたおっさんですが、ときどき思い出してしまうのです。
そんなときもありますよ、ね。

とかなんとか云っているうちに暑く熱い夏がやって来そうです。
その前にうっとうしい梅雨がありますよ。
カビないように気をつけないといけません。
干からびる寸前でも、まだまだナマモノのおっさんですから。
ナマモノの取り扱いには細心の注意が必要なのですよ。






あしあと(123)  コメント(8) 
前の10件 | -