So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

おねだり [植物]





10日ほど前にススキの開花宣言が出された大阪です。

P1220227b.jpg



ススキに開花宣言があるのだとはじめて知りました。


先週は赤でしたから今週は白い彼岸花です。

P1120140d.jpg



赤には曼珠沙華の名前が似合いますが、白にはこの名前は似合いません。
白は彼岸花です。
と、勝手に決めている僕でした。


マルバルコウソウかマメヒルガオのどちらかです。

P1220246b.jpg



いつものGoogle検索でしたが、よくわかりませんでした。
どちらでも、ま、いいか、です。
中途半端でごめんなさい。



話しは変わって、彼岸。
地味な色の秋の草と花が三枚続きましたから、やはり赤い色が欲しいです。
で、百日紅の花です。

P1110857c.jpg



今日で秋の彼岸もおしまいです。
墓参りに行けなかったお方はココロの中で手を合わせるといたしましょう。
ホトケさんになったお方は怒ることがないそうですから。
と、都合のいいコトだけ坊さまの言うコトを信じる僕です。

話しは変わって、猿。
赤いサルスベリの向こう側には寺の本堂が見えます。
猿がサルスベリに登ろうとして滑ったかどうかは見たコトがないのでわかりません。
ニホンザルの尻が赤いのは知っていますけれどね。
尻が青い年代はとっくに過ぎたはずなのに、まだまだ尻が青いかもしれないとハッと驚くときがあります。
知恵が回らない猿知恵もどき、と言えば猿が怒るかもしれません。
深い知恵、欲しいものです。
と、ないものねだり。
ご先祖さまにお願いしても無理なようです。
坊さまがいつかの法事の折に言われました。
ご先祖さまにはおねだりをするものではありません、今生きていることを生かされていることを感謝するものです。
わかってはいてもついついおねだり。
凡人の凡人たる所以です。
目指すは大凡人。

凡人に大・中・小の違いなんてあるんやろか。





万歳 [植物]






エゴノキの実がたくさんぶら下がっていました。

P1210452b.jpg



まだ熟してはいないようです。
熟すとピスタチオのようなベージュ色になったと記憶しています。
美味いのでしょうかね。
食ったことはありません。


ザクロの実がなっていました。
もうすぐで熟すようです。

P1220254b.jpg



ザクロも食べたことがありません。
ザクロから作ったグレナデンシロップも食べたり飲んだりしたことがありません。
あまり食欲がわかない果実です。
無花果は大好物なのですけれどね。

やはり赤い色が欲しくなりましたから、彼岸花です。

P9230075a.jpg



彼岸花にはどんな実がなるのでしょうかね。
まったく知らないことに気がつきました。
花が終わる頃に、じっくりと観察してくるといたしましょう。
草ですから実ではなくて種でしょうね。
彼岸花のタネ、見た記憶がありません。





ということで、実りの秋。
先日、マツタケを食べて来ました。
もちろん驚き価格の国産ではなく北欧産の焼きマツタケ&土瓶蒸しでした。
香りも歯触りもよくて価格以上に美味かったですよ。
と、書きながらも秋刀魚をまだ食べていないのが残念です。
仙台時代に宮城・石巻で生まれて初めて食べた秋刀魚の刺身の美味かったこと。
思い出しても生唾ものです。
北欧産マツタケよりもずっとず~っと好物ですよ。

話しは変わって、ホウキノキ。

P1220154a.jpg



木にたくさんのホウキがなっていました。
そんな木はありませんよ。
掃除のおっちゃんかおばちゃんが片づけまでの間、ちょっと手抜きだったのでしょう。
これからの季節、落ちた枯葉や木の実の掃除がたいへんでしょう。
公園の掃除もなかなかに忙しい肉体労働ですよ。
来年も綺麗な花を咲かせ実をならせるためにも手抜きは厳禁でしょう。
ついついラクチンな方へばかり目が行く、いい加減&手抜きオヤジの僕には勤まらない仕事です。
僕でもなんとか勤まるサラリーマンでよかったとシミジミつくづく、です。
サラリーマン万歳、です。
決してマンザイではありませんのでそこんところよろしく、です。




酔う [花]






田んぼのあぜ道に彼岸花が咲いていました。

P1220256b.jpg



これからもっと花が増えて行くのでしょう。
赤と緑のクリスマス・カラーが目に痛いですよ。

濃いピンクの酔芙蓉です。

P1220198b.jpg



止まっているのはナントカシジミでしょうか。
調べるのがメンドウなものですから、今日も手抜きです。

と、近頃地味な色の写真が続いたものですから、赤系統の色が欲しくなってきました。
赤や黄色の秋色、もうすぐですよ。




話しは変わって赤提灯。
大阪・ミナミにある法善寺横丁の提灯は赤色でした。

P3170148b.jpg



何度も見ていたはずなのに、なぜだか色や大きさや形はまったく記憶にありませんでした。
酒の影響で記憶が飛んでしまっていたのでしょうか。

近頃、ミナミへ飲みに出かけることがとんと無くなりました。
わざわざ出かけて行きたい落ち着いた店が少ないのも理由のひとつです。
ま、キタでも同じことですけれどね。
ということで酔芙蓉から飲み屋さんのハナシへと、なんのヒネリもオチもない今日のブログでした。

話しは変わって、味噌汁。
シジミの味噌汁、久しく飲んでいないことに気がつきました。
テレビCMに登場するシジミエキスのカプセルも必要ありません。
それにしてもあのCM、超不自然です。
なにかわからない超苦い飲みものを勧められていきなりぜんぶ飲むかい?

話しは変わって、CM。
CMと言えば、某皮膚整形外科のテレビCM。
40代から60代の女性が登場しますが、いちばん不思議なのが最後に登場するたしか66歳設定の女性。
洋服屋さんで青い洋服を持ち顔の下に合わせて鏡を覗きこむのですが、
その視線はうっとりと自分に酔ったように鏡にうつった顔しか見ていません。
これはまるでホラーですよ。
僕にはかなり怖いCMです。
怪談は夏だけのものではなくなったようです。





手抜きパート? [植物]







ムラサキシキブにたくさんの実がなっていました。

P1220027a.jpg



紫色に熟するまでもう少しです。


ムラサキシキブの子分格のコムラサキです。
小さな実がうっすらと紫色に変わりつつありました。

P1220042b.jpg



背丈はムラサキシキブの三分の一ほど、人間の腰から胸の高さほどですし、
実のつきかたもムラサキシキブほどには沢山かたまってはいません。
コムラサキのほうが遠慮気味に静かな雰囲気が漂っていて僕好みです。

たぶんヤブランだと思う青紫色の花がメタセコイアとツワブキの間に列を作って咲いていました。

P1120200b.jpg

 

ムラサキシキブとコムラサキでは地味な画面でインパクトに欠けるかなと、ちょっと濃い写真にしましたよ。
見た目と流れ、大事ですから。



話しは変わって、手抜き。
手抜きのハナシを書くのは何度目でしょうか。
手抜きpart3? 4? それとも5くらいでしょうかね。
ま、こまかいコトは気にしないでおきましょう。
写真もネタも夏枯れですから。

ということで、困ったときの梅田スカイビル。

R0203401b.jpg



下から真上に見上げたなんの変哲もない直球勝負です。
空の青と雲のかたちが少しだけ秋の風情でした。
ムラサキシキブもコムラサキの写真もこのビルの庭園で撮りました。
はい、完璧な手抜きです。
あちらこちらへ移動するの、暑い中シンドイものですから。
ヤブランの写真は別の日にいつもの靭公園です。
ぜ~んぶ近場で間に合わせました。

早く、涼しくなってほしいものですよ。
早く秋になってほしいものですよ。
もっとカラフルな色と光と影が撮れそうですから。
はい、あくまでも撮れそう、です。
撮れる! 撮るぞ! と言い切られないところがちょっと辛くて悲しい。
ま、いいか。
ど素人オヤジですから、ね。

まったく関係ありませんが見上げる。
真上を見上げるなんてコトは普段の生活にないものですから、首が疲れました。
眩暈を起こしそうになりました。
慣れないコトをするのは身体によろしくなさそうです。
ちょっと上を見上げるコトはありますけれどね。
上昇志向とはまったくご縁がないところで信号機を見上げるだけなのですが、ま、これもご愛嬌ですよ。





山田くん [花]






さてと、今日の一枚目は桔梗です。

P1200578b.jpg



どの写真を載せようか、順番はどうしようか。
とりあえず少しだけ考えますが、ほとんど直感のようなものですよ。

二枚目の花は、ルリマツリです。
右隣の夏草はメヒシバですよ。

P1070385b.jpg



漢字で書くと瑠璃茉莉、僕には辞書がないと書けない漢字です。
花が瑠璃色でなくてごめんなさい、です。

三枚目はオーシャン・ブルーです。

P7040037c.jpg



ということで、8月最後は青い花のバリエーションでまとめてみました。
まだまだ暑い大阪、せめて目には涼しげな花です。
まったく関係ありませんが、大阪の8月の猛暑日は23日に達して、平成20年の20日を抜いて記録更新だとか。
こんな記録更新、いらんねんけどなぁ。



話しは変わって、回文。
地球覆う諭吉  (ちきゅうおおうゆきち)
  バブル華やかな時代に、金にあかして世界を買い占めようとしたアホな国がありました。
  そんな時代を思い出してしまった回文です。
    この回文、かなり好きですよ。
生きているから軽い敵意  (いきているからかるいてきい) 
    軽い敵意なら僕も持ち合わせていますが、うまく抑え込んだままにして重い敵意にはしたくありません。
   
と、最近ちょっとはまっている若手歌人・山田 航さんの作った回文の紹介でした。
もっと驚くほどに長い回文もありましたが、回文は短く切れ味鋭く面白いのが僕の好みです。
彼の編集した現代短歌アンソロジー「桜前線開架宣言」を読み、ちょっと興味を持ったものですから、
2冊目は彼のエッセー「ことばおてだまジャグリング」でした。
この中で、言葉を楽しくもてあそぶ彼を知り、その中に回文がありました。
ところが、彼の本業である短歌をまったく読まないままでした。
で、3冊目にしてやっと彼の短歌集「さよならバグチルドレン」の登場です。
先日、予約した本が届いたと図書館から連絡があり、昨日さっそく借りて来ましたよ。
さて、読み始めるといたしましょう。

  ああ檸檬やさしくナイフあてるたび飛沫けり酸ゆき線香花火

  うろこ雲いろづくまでを見届けて私服の君を改札で待つ

最初の頁にはこの二首だけ。
あとはゆっくりと味わわせていただきましょう。
「飛沫けり酸ゆき線香花火」 声に出して読むとどう読めばいいのかと、
ただいまちょっと思案中です。
「とびけり すゆき せんこうはなび」と読むのが一番調べも自然で音も綺麗だとは思うのですけれどね。
檸檬にナイフを入れるたびにそこから酸っぱい果汁が線香花火のように飛ぶよ。
そんな意味の歌です。
「酸ゆき」 たぶん、酸っぱいという意味のことだったような酸っぱい果実のことだったかも、と、かなりいい加減。
この言葉、どこかで以前に見たような読んだようなあるようなないような。
涼しくなったら調べてみましょう。

R0200276a.jpg



ということで、突然にパンフレットにじっと見入りながら思案中のような乙女の写真。
旅のパンフレットなのか何かはわかりませんが、シルエットが気になったもので、つい撮ってしまいました。
なぜだかポニー・テールに弱い僕なのですよ。
三番目の片想いの女の子はポニー・テールがとても似合っていました。
僕、中学2年生でした。
ああ遠い夏。





続く [花]






朝顔のようですが、どうも朝顔ではなさそうな気がしました。

P1110734a.jpg



なんという花なのかは暑さのせいで調べる気にもなりません。


芙蓉ではなくたぶんタチアオイだと思います。

P1210660b.jpg



どっちやねん。
これもまた暑さのせいで調べる気が起きません。

なんとなく秋の気配を感じさせてくれる花が咲いていました。

PA270067b.jpg



この花の名前を調べると他の二つの花に申し訳ないですから、調べませんでした。
なんという屁理屈。
ま、そんなものですよ、いいかげんオヤジというものは。



話しは変わって、終わる。
今日で高校野球はおしまいです。
優勝決定戦での対戦校がどこなのか、まったく知りません。
今夏の高校野球、まったく興味も関心もありませんでした。
なんでやろ。

明日でオリンピックが終わります。
陸上・男子400mリレーの銀メダルは嬉しい誤算でした。
カヌー・カナディアンシングルの羽根田さんの銅メダルには驚かされてしまいました。
銅メダル獲得に驚いたことと、これまでのずっ~と長い間、彼のこともこの競技のことにもマスコミ報道が全くなかったコトにちょっと驚きです。
これでカヌー競技が世間の注目を集めることになるのか一過性なのかは、さて、ですよ。
男子レスリングの銀メダリスト・樋口くんの笑顔のない表彰台も印象的でした。
根性あるやんけ土性骨あるやんけと喝采です。

話しは変わって、続く。
オリンピックのメダリストたちもそうでない人たちも、いつかは現役を退く日が来ます。
現役を退いても人生は続いて行きます。
どんな人生が待ち受けているのか、どんな人生を切り拓いて行かれるのか、さて。
これから先の長い人生、充実して生きて行くのはたいへんかもしれませんね。
ただただ頑張ってくださいとエールを送ることしかできませんよ。

話しは続いて、まだまだ続く。
お盆も終わり、高校野球もオリンピックも終わり、気がつくといつの間にか朝のセミの鳴き声が聞えなくなっていました。
それでも、暑い夏はまだまだ続きます。

R0203701a.jpg



たこ焼きのある居酒屋へ立ち寄ることもなく、さっさと家へまっしぐらに帰ります。
ちょっと軽く一杯もいいけれど、早く帰って一風呂浴びてさっぱりスッキリしたいねん。
優先順位がちょっと前とは変わって来たようです。
夏の暑さが数年前よりハンパでなくなって来たせいかもしれません。
歳のせい?
それはないハズです、たぶん。
僕の酒飲み人生、まだまだ続く予定ですし、ね。
To be continued.





さっぱり [街]







残暑お見舞い申し上げます。
夏休みの方もそうでない方にも、お盆がやって来た日本です。

P1110624b.jpg



ふるさとへ帰省される方もそうでない方にもお盆ですよ。

P5200023a.jpg



オリンピック中継を見ようと睡眠不足の方にもそうでない方にも、オリンピック絶賛開催中の八月です。

P5168651a.jpg



墓参りへ行かれる方もお墓にご縁のない方にも、全国もれなくお盆です。(たぶん一部地域を除く、です)
坊さまは忙しくされているのでしょうね、たぶん。
言葉は悪いけれど、かき入れ時かもしれません。


墓参りに行ってきました。
汗、びっしょりになりました。

P1010027b.jpg



手水舎で手を洗い浄めるとなんだかさっぱりとした気分です。
気分はさっぱり、さっぱりとした気分。
使い方でさっぱりの意味がまったく違って来ます。
はい、ただそれだけのコトなんですけれどね。

今日の記事、さっぱりです。
ただいま盆休み中の僕、頭の働きがさっぱりのようです。
みなさんもお気をつけくださいな。
ということで、なんとなく盆らしい写真でまとめてみました。
発想に飛躍もヒネリも普段以上にきれいさっぱりありません。

まったく関係ありませんが、オリンピック中継は見ても高校野球中継には興味が湧かない僕です。
大阪の代表校がどこなのかも記憶の片隅に残っていないくらいです。
さっぱりワヤヤなぁ、です。




手入れ [花]





たぶんブログに初めて載せる花です。
ガウラ、日本名は白蝶草という名前です。

P1210810b.jpg



風にゆらゆらと涼しげでした。

涼しげと言えばつゆくさ。

P1210792a.jpg



こどもの頃にあさがおやつゆくさで色水を作り、水鉄砲で遊んでいました。
そんな無邪気な夏の日もありました。

こどもの頃には見かけなかったと思うランタナです。

P1210812a.jpg



今日は真夏に咲くさわやかな小さな花でまとめてみました。
汗臭いさわやかさの欠片もないおっさんが撮りましたよ。


話しは変わって、替える。
1週間ほど前のことでした。
いつものように眼鏡を拭いていたら、右側のレンズ上部がほんの少しだけ欠けていました。
なぜ? どこで? 欠けた原因がまったくわかりません。
もしかしてパリンと割れてしまうことになったら大変だと、
レンズを新しく交換しようと眼鏡屋さんに行きました。
カルテによるとレンズを変えるのは5年半ぶりだと判明です。
検眼も終え、レンズの素材も決めてちょっと世間話。
眼鏡屋さんの1階にC国のお客さんがやけに多かったから聞いてみました。
C国のお客さん、眼鏡まで爆買いしはるんですか?
眼鏡ではなく誰にも使える検眼の必要のないサングラスですよ。日本製はデザインがいいし丈夫ですし、価格が手頃ですから。
う~ん、微妙に納得。
店を出て歩く心斎橋筋。
C国やK国の言葉が大阪弁よりも賑やかに多く聞こえていました。
石を投げたら日本人よりも外国人に当たるかもしれへんなぁ。
アホなコトを想像しながら、地下鉄の駅へ急ぎましたとさ。

話しは変わって、手入れ。

P1210455a.jpg

 
庭師のおじさんが植木の剪定をされていました。
怪しげな心霊写真ではありません。
丈夫なだけでなく見た目も綺麗に育てるために必要なのでしょう。
手入れは大事です。

今日の三枚の花写真はこの植木剪定写真と同じ庭の違う区画で撮りました。
花や草をきちんと手入れされているのは、この庭でよく見かける光景です。
露骨な作為が見える手入れでなく、できるだけ自然に見えるような地味な手入れ、大事ですね。
手入れが大事なのは人間も同じことです。
丈夫に元気に、そして綺麗でなくてもいいから汚くないように維持するには手入れが欠かせません。
眼鏡の検眼、5年半前より老眼が進行していました。
新しくなったレンズ、慣れるまでにしばらく時間がかかりそうです。
5年半前は1日で慣れました。
今回は1日では無理なようで、ただいま2日目です。
慣れるのにも時間がかかるようになって来ました。
老化現象が静かに進んでいるようです。
進行の速度を少しでもゆっくりとさせるために、僕にもいろいろな手入れが必要なようです。
メンドクサイなぁと思いながらも、ま、いいか、です。

次に眼鏡屋さんへ行くのはいつのことになるのやら。
5年半より早いか遅いか。
それがちょっと気にかかります。
1ヶ月後には気にかけたコトすら覚えてはいないでしょうけれどね。
ま、そんなモンですよ、僕。






口直し [花]






満開のノウゼンカズラです。

 

P6259268b.jpg



オレンジと緑の組み合わせはこの季節かなり暑苦しい。
いきなり暑苦しくてごめんなさい。


白い蓮の写真にはちょっと飽き気味なものですから、ピンクの蓮です。

P7010050a.jpg



暑苦しくはないようですが、涼し気でもありません。
この時期には微妙な色の組み合わせです。


口直しに緑の木陰の水面です。

P5180530b.jpg



口直しですが、この水は飲めません。
ごめんなさい。





で、水。 
ときどき立ち寄るカフェです。
珍しく僕以外のお客さんが誰もいなかったものですから、
珈琲が出て来るまでの間にちょっと一枚、です。

R0203822a.jpg



このときは珈琲よりも冷たい水が飲みたかったのですよ。
美味い水を出してくれるカフェ、そんなに多くはないようです。
レモンスライスを入れた水差しの水。
これは邪道です。
レモン味で誤魔化した水を飲みたいのではなく、普通に美味い水が飲みたいのです。
水の美味いカフェは珈琲も美味い店が多いようです。

で、口直し。
熱い珈琲を飲んだあと、水を飲んで口の中をさっぱりとさせたい僕です。
珈琲に含まれる脂のせいだと勝手に決めています。
だから、口直しの美味い水は珈琲とワンセットなのですよ。

まったく関係ありませんが、土用の丑。
鰻を食べたあとの口直しはビールが一番です。
ただ、もう一杯欲しくなるのがタマに傷。
鰻重のおかわりはいらないのですが、口直しのおかわりが欲しくなります。
口直しをおかわりするのは行儀がよろしくないのでしょうかね。






異変 [花]






見上げれば朝顔のそっくりさん、オーシャン・ブルーが咲いている朝です。

P1200876b.jpg



目の高さには蓮の花が開いていました。

P1210622b.jpg



す~っと視線を下げると睡蓮の白い花。

P1200297e.jpg



別々の日に別々の場所で別々の視線で撮りました。
被写体は違っても変らないのは視線の持ち主です。
たまには視線そのものを変えてみたい今日この頃ですが、
視線を変えるのはそう簡単ではないなぁ、しんどいコトは止めておこうと決めました。





話しは変わって、祭り。
今日と明日は大阪・天満宮で天神祭りがとりおこなわれます。
かなり前から、祭囃子の練習の音が風に流れて街中や職場で聞こえるときがありました。
あ、祭りが近いんやなぁ~と思いながらも、うるさいなぁと思うときがありました。
これ、本音です。
うるさいのと騒がしいのは苦手なものですから。
まあ、なんと人間はそのときの気分次第で反応が変るものかと、我ながらちょっと呆れてしまいましたよ。
まだまだ未熟者です。

P7241917c.jpg



祭囃子の中でも、一番耳につくのが鉦の音です。
チキチンチキチンのせわしない金属音は暑さを何倍にも増幅してくれます。
このビートがたまらん!というときもあるのに、身勝手な僕ですよ。

話しは変わって、異変?
暑いのも人混みもうるさいのも苦手だと言いながらも、ここ数年は街中や天神さんの境内で天神祭を眺めていました。
祭りが平日だったこともあり、早朝にちょっと覗き、出かけたついでにちょっと覗き、です。
覗き見る祭り、なんだかヘンですが、わざわざ出向くほどのコトもないものですから、そんなカンジなのですよ。
で、今年はちょっと異変かも、です。
なんだか天神さんへ行く気力も写真を撮ろうと思う気持ちもまったくありません。
その前に、祭りのウキウキ感をまったく感じません。
なんでやろ。
暑さのせいかな。
歳のせいかも知れへんなぁ。
飽きたわけではないし、他にもっと楽しいコトがあるわけでもないし。
もうすぐ始まるオリンピックにもあまり興味が湧いてきませんしね。
う~ん、なんでやろと、ちょっと不思議です。
ま、そんなときもあるのかもしれへんなぁ~と、深く追求するのを停止状態。
この停止状態は僕にとってはかなりの異変です。
えらいこっちゃ。
なんとかいたさねば。
と、思いながらも、暑いから涼しくなってから考えようと先送りに決定です。

なんや、そんなコトやったんか。
異変でもなんでもありませんでした。
ただのメンドクサガリ・なまけぐせ・横着者がちょっと幅を利かせて来ただけのようでした。
なんでお前らが幅を利かせるネン?
こまかいコトは、ま、よろし。
涼しくなってから考えましょう。
これで一件落着、めでたしメデタシ。
天神祭りでめでたしメデタシです。

       * 今年の天神さんにはまだ行っていませんので、鉦を打つ画像は以前に天神祭で撮った写真です。





前の10件 | -